クレジットカードの現金化とは。具体的な方法は?|質屋が語るお金の話 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

クレジットカードの現金化とは。具体的な方法は?|質屋が語るお金の話

電柱広告や雑誌広告でよく見かける「クレジットカードの現金化」。手続き簡単!といった言葉も合わせて広告されていますが、実際どういう仕組みなのかご存知ですか?

 

クレジットカードにはお金を借りることができる「キャッシング機能」と、買い物などに利用できる「ショッピング機能」があります。現金化は本来ショッピング機能としてしか使えない利用可能枠を、換金目的で利用することをいいます。

 

クレジットカードの現金化はこのように、本来クレジットカード会社が認めていない利用をすることで現金を手にする方法です。そのため場合によっては規約違反としてカード会社から全額一括支払を命じられるケースもあります。

 

このように手軽に見えて怖い落とし穴があるクレジットカードの現金化ですが、その具体的な方法についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

クレジットカード現金化の方法

ショッピング機能を換金目的に利用するクレジットカードの現金化の方法には、大きく分けて「商品買取り型」と「キャッシュバック型」の2つのタイプがあります。

 

商品買取り型

クレジットカードの持主に一旦何らかの商品をカードで購入してもらったあと、現金化業者がその商品をカードの持主から現金で買い取ることで現金化する方法です。業者から購入を指定される商品は金券や宝石、ブランド品といった市場での換金性が比較的高いものが多いです。

 

具体例をあげると、Aさんがクレジットカードの現金化のために現金化業者から指定された20万円のダイヤをカードで購入したとします。

その後、そのダイヤを業者に10万円で買い取ってもらえればAさんは現金10万円を手にできます。一方の業者はAさんから買い取った全くの新品である10万円のダイヤを別の誰かに15万円で売れば5万円儲けられるというわけです。

ただ、のちのちAさんは、自分の手元には無いダイヤのために代金20万円をカード会社に払う必要があります。

 

商品買取り型のクレジットカード現金化は一見リサイクルショップで自分のものを売る行為と同じように思えますが、前者は商品が欲しいから購入したのではなく、現金化をしたいから商品を購入したことになります。

 

現在のところ商品買取り型でのカード現金化が法律違反というわけではないですが、クレジットカード会社の規約では換金を目的としたカードの利用を禁じています。そのため買取り型の現金化を目的として不自然なカード利用を繰り返し、それがカード会社に突き止められてしまうと、カードの利用停止や現在ある残高の一括支払を要求されることがあるのです。

商品買取り型のクレジットカード現金化にはこのようなリスクがあると認識しておく必要があります。

 

キャッシュバック型

商品買取り型よりもさらに恐ろしいリスクを持つのがキャッシュバック型です。

キャッシュバック型とは、現金化業者の販売する商品をカードで購入し、その代金の何割かをキャッシュバックしてらうことで現金化する方法です。商品買取り型では換金性の高い商品を購入して現金化しましたが、こちらはCD-ROMや石ころなどほとんど価値が無い商品を一旦高い金額で購入させられることが多いです。

 

具体例をあげると、Bさんは購入代金の半分をキャッシュバックしてくれる現金化業者からガラクタのようなおもちゃを20万円で購入したとします。

するとBさんは数十分後には業者からキャッシュバックとして半分の10万円を手にすることができます。キャッシュバック型の場合、現金化業者と商品販売会社が同じであるためこの様にすぐに現金が振込まれるのです。

 

一方の業者は、Bさんに支払うキャッシュバック分10万円を差し引いてもまだ10万円が手元に残っています。元々Bさんに売った商品はガラクタで、商品の仕入れに値はタダのようなものですから、業者はこの10万円をほぼ儲けとすることができます。

 

さて現金10万円がすぐに手に入ったBさん、カード利用の翌月以降はおもちゃの購入代金20万円をカード会社に支払う必要があります。購入したおもちゃを売ってお金にしようにも元々ガラクタを買わされただけなので換金もできません。

つまり10万円借りるために20万円払うことと同じなのです。これでは闇金融から借りたときの利率も同然です。現金化業者によって若干異なりますが、これがキャッシュバック型のクレジットカード現金化の実態になります。

 

クレジットカード現金化は違法?

現金化の方法として商品買取り型、キャッシュバック型とそれぞれ見てきましたが、そもそもクレジットカードの現金化は違法なのでしょうか?

 

結論からいうと、どちらの方法ともにブラックに近いグレーと考えられています。特に商品買取り型の場合、極端に現金化を繰り返さない限り、リサイクルショップに持ち込んだ場合と区別がつきにくい方法です。

そのため商品買取り型で営業を行っている業者がほとんどです。

 

一方キャッシュバック型はかなり法律スレスレの方法です。例であげたように、現金10万円を借りて1ヶ月後に20万円払わなければならないとなると、利率でいうと年に約1200%超ととんでもない金利になります。クレジットカードのキャッシング機能の利率相場が年18%前後なこと、貸出利率を制限する利息制限法では年に20%を超えると違法とされていることを考えると、どれだけ恐ろしい利率であるかが分かると思います。

 

カードの現金化は法律で明確に違法とされているわけではないですが、以上を踏まえるとどれだけグレーな存在であるかがお分かりになるかと思います。

 

手持ちの現金じゃ足りない!そんな時は質屋も

クレジットカードの現金化にはリスクがあることはわかったけど、やっぱりお金が必要…そんなときは質屋を利用してみるのはいかがでしょうか?

 

質屋では自分のブランドバックや時計といったものを担保として預けることでお金が借りられる仕組みになっています。商品買取り型のカード現金化と違いお金が返済できれば自分の元に価値ある物が返ってきますし、キャッシュバック型のカード現金化よりも物の価値に見合った金額が借りられます。

 

そもそも質屋は質屋営業法という国が定めた法律に基づいて営業しています。違法かどうかを全く気にせずに借りられる場所、それが質屋です。

 

まとめ

広告でよく見かけるクレジットカードの現金化、実は多くの問題点があるグレーな借入れ方法でもあります。一方質屋は古い歴史を持ち、平成の今もきちんとした法律に基づいて運営されています。お金に困ったとき、質屋も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の質入れ(融資)のページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。