失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックスのサブマリーナ116610LN型(ランダム)を高価買取

2020年10月21日

須賀質店五反田本店で、ロレックスのサブマリーナ116610LN型を980,000円で買取しました。ロレックスというブランドは時計にあまり詳しくない方からも「高級ブランド」として認知されており、今回買取したサブマリーナはビジネスマンにも人気のシリーズです。

116610LN高価買取

2020年9月に最新モデルである126610LN型発売されたこともあり、生産終了となった116610LN型の買取相場も上昇しております。

 

【 目次 】

☑サブマリーナ116610LN型の人気と高額買取の理由について

 

☑質屋がロレックス116610LNを査定するポイントを解説します

 

☑ロレックスのサブマリーナ116610LN型買取のまとめ

サブマリーナ116610LN型の人気と高額買取の理由について

 

先ずはじめに筆者の個人的な考えですが、腕時計はご自身が気に入ったものを身に着けるのが一番だと思います。

 

情報社会の現代では、ドレスコードには白文字盤の2針か3針で黒色革ベルトのシンプルなもの、ビジネスシーンにスポーツウォッチはNGなど様々な情報が行き交っております。

 

しかし、ジェームズボンドがタキシードにサブマリーナやシーマスター等のダイバーズウォッチを身に着け、テレビドラマでもイケメン俳優がスーツにダイバーズウォッチやクロノグラフウォッチを身に着けている姿をよく目にします。

サブマリーナの人気の秘密

これらをみて「わかってないなぁ」と思われる方も当然いらっしゃると思います。その一方でテレビの世界に憧れる筆者は「似合っていてカッコいい!」と思ってしまうのです。

 

こういったメディアでの露出から影響を受けやすい筆者の様に「自分もあの俳優さんと同じ時計をつけたい」と思い、腕時計を購入される方は多いのではないでしょうか?

 

サブマリーナは007のショーンコネリー、ナイト&デイのキャメロンディアス、24のキーファーサザーランドなどハリウッドスターが映画やドラマ内で使用される事が多いです。映画を見てサブマリーナを購入された方も多いと思います。

 

またサブマリーナはダイバーズウォッチである為、本来はダイバーの為の時計です。しかし、その完成されたデザインや高い防水性、絶妙なサイズ感などから休日のカジュアルシーンやオンタイムのビジネスマンにも愛用者が多い時計でもあります。

サブマリーナはビジネスマンに人気

これだけの人気を得る理由は、デザインや機能性などの使いやすさは勿論、「ロレックスは高級時計ブランド」と広く認知されている一種のステータス感を得られる点も大きいと思います。

 

高温多湿の日本ではスーツにダイバーズウォッチを身に着ける方も多いですし、程よい高級感を出せるサブマリーナは根強い人気がある時計です。

 

人気のある時計=需要が大きい=高くても売れるので買取価格も高額となり今回の様に高額買取でのお取引となるのです。

 

質屋がロレックス116610LNを査定するポイントを解説します

 

ロレックスのサブマリーナ116610LN型は上でも述べた通り大変人気の高いお品物です。この記事を書いている須賀質店でも買取・質預かり共にサブマリーナ116610LN型はよく扱うお品物です。

 

取扱い量が多いからこそ伝える事が出来る査定ポイントもありますので解説していきたいと思います。

 

・全体の状態を確認する

 

腕時計は日々着用していると細かな擦り傷がつきやすいです。不意に机にぶつけてケースが凹んでガラスが欠けたりする事もあるかもしれません。こうしたキズや凹みなどの状態をまずは確認していきます。

外装の状態を確認する

深いキズや凹み、ガラスの欠けなど直す為にパーツ交換が必要な状態であると査定額から減額となりますが、細かい擦り傷等は磨き直しで消すことが出来る為査定額に影響を与える事はありません。

 

116610LN型では多い症状ではありませんが、1つ前のモデルである16610型などでは針のサビや文字盤の劣化と言った症状がある時計も多いです。

 

ダイバーズウォッチは頑丈な時計で防水性が高い事が長所ですので、海水浴などアウトドアシーンに着用される回数も多いでしょう。

 

頑丈な時計であっても経年によって防水性能が低くなってしまい、海水などが細かい隙間に入り込んだ状態で放置してしまうとサビなどの原因となってしまいます。

 

・時計が正常に動作するかを確認する

 

サブマリーナ116610LN型は比較的シンプルなダイバーズウォッチですので、確認するポイントは「時間が正常に表示されるか」、「カレンダー機能が正常に動作するか」、「回転ベゼルが正常に動作するか」、「バックルが正常にとまり、ブレスレットに歪みなど装着に不具合は無いか」等です。

時間の表示は時・分・秒を表すそれぞれの針が正常に動くかの確認と、機械の音を聞いて1日にどれ位のズレが生じるのか(日差)を測定して判断します。

 

機械式時計は数十秒/日の誤差は許容範囲とされている為あまり神経質になる必要はありませんが、1分以上ズレる場合や測定不能な場合は修理代等を査定額から引く必要があるのです。

日差を測定する機械

カレンダー機能は時針が2周した(1日経過した)時点で翌日に切り替わるか、切り替わる際にデイトジャスト機能(0時過ぎに瞬時に切り替わる機能)が働いているかの確認をします。

 

ダイバーズウォッチの多くには逆回転防止ベゼルを備えています。サブマリーナ116610LN型もこれを備えており、ダイバーの潜水経過時間を計測する為のベゼルです。

汚れが詰まる等で動かなくなった状態や、逆回転防止機構の故障により両方向に回転してしまう状態では故障扱いとなります。またルミナスポイントマーカーが割れたり取れてしまっている状態も修理が必要ですので費用を差引いた査定額となります。

 

バックルやブレスレットの状態は腕時計を装着できるか否かに関わってきます。ブレスレットが壊れていたりバックル部分がとまらない状態であると、ブレスレット交換代が査定額から差し引かれますので注意が必要です。

 

壊れているとは少しちがいますが、ブレスレットの調整を行い外したコマも査定時にはお持ちください。コマを沢山外した場合、お客様より腕が太い方は着用する事が出来なくなってしまいます。

 

買取った腕時計の多くは海外で再販されるケースが多く、日本人より大柄な外国人が着用出来ない状態であると販路が限定されてしまい、査定員は強気の査定が出来なくなってしまうからです。

 

ロレックスのサブマリーナ116610LN型買取のまとめ

 

今回はロレックスのサブマリーナ116610LN型買取について解説してきました。数ある腕時計ブランドの中でも、ロレックスは特にリセールバリューが高い事でも有名です。

特にサブマリーナ等のスポーツウォッチは定価以上で買取される事も多く、販売時の116610LN型国内定価が943,800円でしたので、今回の980,000円という買取価格も定価以上という事になります。

 

現在のロレックスは多くのモデルが国内正規店で簡単に買う事が出来ず、入荷しても直ぐに売り切れてしまう状態であることがプレミア価格で取引される要因の1つでもあります。

 

この記事を書いている須賀質店では、ロレックスの他にもオメガやタグホイヤー、ブライトリングなどスイス製ブランド、カルティエやブルガリ、ハリーウィンストンなどのジュエリーブランド、セイコーやシチズン、カシオなど国内ブランドと幅広いブランドを取扱っております。

 

新型コロナウイルス流行によって、須賀質店では対面でのやり取りが不要な宅配買取の強化と、店頭の消毒や換気、アルコール消毒材の設置、スタッフの検温など対策を行いお客様のご来店をお持ちしております。

店頭のアルコール消毒材

五反田本店、渋谷営業所、池袋営業所と都内に3店舗あり、全ての店舗が駅から近い立地となっております。スタッフ一同、お客様の大切なお品物を丁寧に査定させていただきます。お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

サブマリーナの買取事例←こちら

 

デイトジャストの買取事例←こちら

 

GMTマスターの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事