失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

千葉の質屋

2018年12月8日

千葉の質屋 質屋の業界情報について

東京池袋、渋谷、五反田、都内3店舗で営業しているこのサイトの運営会社 須賀質店が、千葉の質屋について解説しています。千葉で実績のある、高価査定と高額買取をしている質屋をお探しの方は参考にしてください。

 

 

千葉の質屋はどこにあるの?

 

東京から東へずっとまっすぐ行った先にJR千葉駅は有ります。距離にしておよそ40Km、所要時間約40分ほどで千葉駅に到着できるので、東京で仕事をしている方々の居住地域にもなっている地域です。JR総武線でいえば、千葉駅に到着する前に稲毛、船橋、市川といった大きなターミナル駅を通過するので、通勤時の総武線はたいへんな混雑の様です。

 

千葉の質屋は千葉駅東口から徒歩5分~8分程度のロケーションに2店舗を発見することができました。

いずれも歴史と実績のある千葉の質屋です。

 

 

①大黒屋千葉店 千葉市中央区富士見2-25-1

大黒屋は同じ店名のお店が何店舗かありますが、この大黒屋は上場企業の大黒屋です。質屋でありながら上場するまでに成長できたのは、現経営陣の方々の能力と努力の結果と言えるでしょう。

 

本社は新宿にあり販売と買取を中心に店舗展開をしていて、インターネットでの販売も行っています。お客様には外国人の方が多いのでしょうか、英語をはじめ中国語、韓国語、フランス語、ロシア語のWebサイトも用意されています。

 

 

②大蔵質店千葉店 千葉市中央区富士見2-8-16

大蔵質店は本店が船橋にある、創業から60年を超える老舗の質屋です。船橋、千葉のほか、東京 赤坂にも店舗を構えています。各店舗では、中古ブランド品の販売をはじめ買取、質入れをおこなっているほかに、Webサイトでの販売も注力しておこなっています。

 

千葉の質屋の利用者は?

 

東京から東へ40Km程度離れているとはいえ千葉駅は千葉県の県庁のある駅なので、1日の乗車集は100,000人を超える大型ターミナル駅です。JR千葉駅と隣接して京成線の「京成千葉駅」、千葉都市モノレールの「千葉駅」もあるので、利用者数は100,000人をはるかに超える人々が利用しているに違いありません。

 

これだけ利用者が多く、政令指定都市であり、県庁もある駅ですから利用者のほとんどは通勤、通学で利用する方々に違いありません。千葉だから特別ということはなく、東京と変わらない利用者層でしょう。おそらく、新宿駅や池袋駅の利用者層と大きな違いはないと思われます。

 

一昔前は、質屋に通うことが恥ずかしいことと思われていた頃もありますが、現在では当時の感覚は大分薄れて、不要になったブランド品や時計や貴金属の処分先に質屋が選ばれる時代ですから、千葉の質屋も東京と同様に、通勤や通学で千葉駅を利用する方々が、エルメスやルイヴィトンの型落ちブランドバッグを質屋に持ち込んでいるに違いありません。

 

千葉の質屋の重要なお客様は?

 

千葉の質屋は、最初にご紹介した2店舗以外にも複数店舗あり、また買取専門店やリサイクルショップも多数あります。これらの店舗は、どのようなお客様をターゲットにしているのでしょうか?

 

千葉駅には東側に栄町という歓楽街があります。隣接する駅として千葉都市モノレールの「栄町駅」がありますが、千葉駅からも十分に歩けるエリアに存在する歓楽街です。栄町は戦後、千葉駅周辺が復興するのに合わせて大きくなってきた歓楽街で、多数の飲食店をはじめ風俗店、特殊浴場まで複数店舗存在する歓楽街です。

 

東京でも新宿、池袋、渋谷といった歓楽街の周辺には、必ず複数店舗の質屋が存在している様に、千葉駅周辺ではこの栄町で仕事をしている方々の質屋利用は多いと思われます。千葉駅周辺や栄町の店舗経営者が、店舗の仕入れ資金やスタッフへの給料の支払いのために、千葉の質屋を利用していることが考えられます。

 

歓楽街で飲食店などの経営者は、お金を借入れにスピードを重視するので、審査で何日もかかる通常の金融機関を避けて、あえて質屋でお金を借りる方法を選んでいる方もいます。千葉の質屋は、栄町の様な歓楽街の経営者の資金調達を支えるインフラになっているのでしょう。

 

また夜の女性であれば、複数のお客様から同じ品物をプレゼントしてもらって時は、ひとつを残して残りを質屋に買取に出してしまうこともあるようですから、同じようなことが千葉の質屋でも起きているのでしょう。夜のお店に出入りする方は、男性も女性も高額なブランド品や腕時計を所有していることが多いので、彼らが千葉の質屋でブランド品を買取したり質入れしたりすることも多そうです。

 

 

千葉の質屋に持ち込まれる品物は何処から??

 

質屋に持ち込まれる品物は、エルメスやルイヴィトンといったブランドバッグや、ロレックスやオメガといった高級腕時計が中心になっています。千葉の質屋に持ち込まれる高級ブランド品、エルメスやルイヴィトン、ロレックスやオメガの製品はどこで取り扱われているのでしょう。

 

最近では質屋はお金を貸す「質入れ」より、中古ブランド品を販売する「ブランドブティック」のような店構えになっており、最初に紹介した千葉の質屋 2店舗もきれいな販売店を構えています。千葉の質屋の利用者は、質屋の店頭でブランド品を購入し、購入した品物を別の千葉の質屋で質入れしたり買取したりしているものと思われます。

 

これでは、千葉の質屋の中でブランド品が回っているだけということになり、品物が大きく広がったり利用者が増えたりすることは難しそうですね。もっと別の取り扱いルートは無いのでしょうか??

ありました、JR千葉駅には隣接して「そごう千葉店」があります。そごうはセブンアイグループに属していて、横浜店、池袋店など、大型の百貨店として有名ですね。

 

そごう千葉店と千葉の質屋の関係は?

 

そごう千葉店は、横浜店、池袋店と同様に、有名ブランド品のブティックが多数出店しています。特に大型のブティックはルイヴィトンで、ルイヴィトンはそごう千葉店の一角に他のブランド店の3~4倍はあろうかという広さで店舗を構えています。ルイヴィトンのバッグや財布は、質屋の買取でも質入れでも多く取り扱われる商品なので、状況は千葉の質屋でも同じだと思います。

 

ルイヴィトンは今までの定番商品に新しい素材の商品を追加して、ラインを増やしている印象があります。たとえば、ジッピーウォレット長財布 モノグラムアンプラント、ジッピーダミエコバルトなどが店頭に並べられている千葉の質屋を見たことがありますが、モノグラムアンプラントは革の素材に従来のモノグラム柄を押し当てたデザイン、ダミエコバルトは従来からある市松模様のダミエ柄を濃いブルーで描いたデザインで、いずれも質屋の取引現場で良く見かける商品です。

 

そごう千葉店の4階は、ブランドブティックが多数店舗を構える高級品中心のフロアーになっていて、こちらにはロレックスをはじめ、オメガ、フランクミュラーといった時計メーカーがブティックを構えています。こちらに店舗をかまえるロレックスは、質屋の取引の現場で見ない日は無いくらいに頻繁に質入れ、買取がされているので、この業況は千葉の質屋の現場でも同じでしょう。

 

ロレックスの時計は新品の製品がブティックでは欠品のために購入することが出来ないことが多く、それでも入手したい方が並行輸入品を購入するか、中古品を質屋やブランド買取店で見つけるしかありません。正規ブティックで購入できないので、例えばロレックスデイトナ Ref116610LN は定価が1,180,000円程度ですが、質屋や並行輸入店の店頭に並ぶ時は2,000,000円を超えていますし、サブマリーナ Ref.116610LV は、定価が860,000円程度ですが、質屋や並行輸入店に並ぶ時は1,000,000円を超えています。ロレックスは人気時計なので、千葉の質屋の店頭でも同様の状況でしょうね。

 

 

千葉の質屋 まとめ

 

東京池袋 渋谷 五反田の質屋 須賀質店が、千葉の質屋について解説させていただきました。千葉の質屋も東京の質屋と同様に、駅の近くに店舗を構えていて、特に歓楽街に近いロケーションでは質屋の需要が近いことが想像することが出来ます。

 

東京でも新宿や池袋には現在でも多数の質屋がありますが、歓楽街で商売をしている方々の一部には質屋の要望が強いことがありますが、同様の状況は千葉の栄町と千葉の質屋の関係と同様と言えるでしょう。

 

最後になりましたが、このサイトの運営会社 須賀質店は、店頭での買取をしないで質入れと買取に特化した質屋です。千葉駅周辺や千葉県内に質屋店舗は有りませんが、東京都内で3店舗 渋谷、池袋、五反田で店舗を運営しています。いずれの駅からも徒歩5分以内のロケーションなので、平日のご通勤時や、休日のお買いもののついでにでも寄ることは可能です。

 

店頭での販売は行わないので、買取と質入れに経営資源を集中させることが出来るので、高額査定には他社を圧倒する査定が出来ると自信を持っております。質入れの査定はもちろん、質預かりの利息(金利、質料)についても定期的に見直しており、現在では業界最低水準の金利をご提示できていると思っています。

 

質屋を初めて利用してみようと思っている方、質屋を今まで知らなかった方、他社を利用していてご満足をいただけなかった方は、この機会にぜひ須賀質店にご相談になってみてください。