失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン モノグラム キーポル60 M41422 を買取

2018年11月1日

須賀質店渋谷営業所でルイヴィトンのバッグを5千円で買い取りました。こちらのバッグはモノグラムラインのキーポルというモデルとなります。

 

ルイヴィトンを代表するアイテムの1つ「キーポル」

 

ルイヴィトンは皆さんもご存じの通り、超有名高級ブランドの一つです。設立は1854年にフランスで、スーツケースの職人であったルイ・ヴィトン氏が創始者です。

現在ではLVMHグループの中核として、世界中でバッグ、アパレル、腕時計などのアイテムを展開しています。

 

映画にもなったタイタニック号の沈没事故では、沈没した客室から回収されたルイヴィトンのトランク内部は一切浸水していなかった等の逸話が語り継がれています。今となっては真偽不明ですが、当時から高い技術力で素晴らしい品物を提供していたことに間違いはないと思います。

 

そんなルイヴィトンの中で人気が高い品物の一つが、1924年に誕生した旅行バッグの定番ラインの「キーポル」です。誕生当時は旅行鞄はトランクが主流であり、そのトランクに折りたたんで収納できるソフトタイプのボストンバッグというコンセプトで発売されました。ちなみに名前はの由来は、「Tientout=すべてを収納する」というフランス語で名づけられましたが、後に英語表記の「Keep all」となり現在の呼び方であるキーポルになります。

 

キーポルはサイズ展開が豊富な点も人気の一つで、今回のキーポル60は幅が60cmのサイズとなり、シリーズ内では最も大きいサイズとなります。目安として3~4泊分の荷物を収納しても余裕が出る大きさとなっており、旅先で増えたお土産なども安心して収納する事が出来るでしょう。その他にはキーポル45、キーポル50、キーポル55が展開されています。

 

旅先でも快適に荷物を持ち運べるように、キーポルのハンドルにはレザーが使用されており、手に優しく馴染む丸みを帯びた形状となっています。また、開口部はダブルファスナーとなっているため利便性が高いボストンバッグです。

 

1930年にはショルダーストラップがついた「キーポル バンドリエール」もリリースされました。こちらのストラップは取り外しが可能なので、必要に応じてストラップの有無を選択できる点も見逃せません。

 

キーポルと今回の買取金額

 

 

今回買取したキーポルは、旅行向けのボストンバッグとして非常に人気の高いお品物です。状態は使用に伴う傷、シミ汚れ、ヌメ革部分の焼けなどかなりの使用感があり、ネームタグにもお客様のイニシャルが入っている状態でしたが買取り額5千円の査定となりました。やはりキーポルは中古市場でも安定した動きを見せている事を考慮しての高額査定となりました。

 

 

今回買取したキーポルの査定ポイントはバッグ類に共通する事ですが、使用に伴う傷がどの程度なのかによって査定額は大きく変わっています。傷がつきやすい個所は「バッグの角」「バッグの底、底鋲」「チャームやカデナがついたモデルは周辺のすれ傷」などがあります。

そのほかでは「持ち手部分の汚れ」「ショルダーストラップの劣化」「バッグ内側のペン痕」「使用に伴う型崩れ」などが多いです。

また、ネームタグやお品物自体にイニシャルが入っている場合は、通常のお品物よりも低い査定額になる場合が多いです。

 

バッグ類は状態によって大きく値段が変わりますので、少しでも気になる方は須賀質店にご相談下さい。

 

須賀質店のシステム

 

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動しております。須賀質店では日々変動する相場を反映した独自の相場検索システムを、厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが駆使し、その日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。