失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

クロエ、エテルのバッグの買取

2019年1月11日

須賀質店五反田本店で、クロエ、エテル、3S0649型のバッグを買取いたしました。ベージュ色でレザー素材のバッグで、ストラップが取り外し可能なため、ハンドバッグとショルダーバッグの2WAY仕様となっているお品物です。

 

クロエ、エテルの買取

 

クロエといえば、既製品の洋服を高級ブランドとして売り出した草分け的なブランドです。1952年にフランスでギャビー・アギョンによって設立されました。ブランド名は、自身の名前はブランド名にそぐわないと考えたギャビー・アギョンが、友人の名前を借りブランド名に付けました。

 

クロエのエテルは、持ち手付け根の大きな四角い金具が目を引くデザインをしたバッグで、サイズは3タイプあり、ミニ、スモール、ラージとなっています。今回お持ち頂いたのは中間サイズのスモールサイズのエテルでした。

 

かなり使い込まれていたため、お持ち頂いた時の状態はあまり良い物ではありませんでした。レザー素材であるため表面にキズが付いてしまうと補修、修理が難しくそのままの状態で使用するしかなくなってしまう場合があります。買取をしたお品物は、最終的には中古品として販売されるため、あまり状態が悪いと、買取を出来ない事、大きく買取価格が下がってしまう事があるのです。

バッグ全体にキズがあり、見た目としてもボロボロであると感じてしまう状態であったため、大きなマイナスポイントとなりました。また、表面のキズだけではなく。内側のシミや汚れもかなりあったため、バッグ全体としてもかなり悪い状態であるという判断になってしまいました。

 

須賀質店の買取査定に持ち込まれるバッグは多種多様なブランドがありますが、その中でクロエというブランドはどの程度のお値段が付く商品なのでしょうか。実は他のブランドと比べるとあまり高価査定が出来るブランドでは無いのです。買取をする際には中古品市場での相場を基にお値段を出しています。中古品としてのクロエのバッグの需要は高い方では無いというのが大きな原因です。

 

ここまでの、クロエのバッグの相場や、お持ち頂いたお品物の状態を考慮に入れると、買取をお断りしなければならないお品物となってしまいました。しかし、ただ断ってしまうだけでは須賀質店にいらしてくださったお客様に申し訳がありませんでした。状態が良く無い事等をご説明し、お値段が付かない旨をお伝えいたしました。しかし、お気持ちだけの金額にはなってしまいますが、1,500円でよろしければ買取いたしますとお伝えしたところ、喜んで頂き買取となりました。須賀質店五反田本店で、1,500円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。