失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ブランド品、ボロボロの財布の買取

2019年3月11日

須賀質店池袋営業所で、バレンシアガの長財布を買取いたしました。ラウンドファスナー型で、黒いレザー素材のお品物です。

 

バレンシアガの財布の買取

 

今回のお品物は、100年以上も続くブランドの一つである、フランスのバレンシアガです。1914年の創業当初はスペインに居を構えていましたが、内戦の影響でフランスのパリに本店を移転し、それ以降はフランスに本拠地を置いています。

 

1970年代に倒産の危機に瀕した時もありましたが、現在では人気ブランドの一つとなっていて、グッチ等と同じケリンググループに所属するブランドとなっています。

 

バレンシアガといえば、ファーストやシティという名前のバッグが有名で、このデザインがライダースのレザージャケットをイメージしたようなバッグとなっています。今回お持ち頂いた長財布も同様のイメージのお品物です。

 

お持ち頂いた際の状態は、かなり使い込まれていて、あまり良くはありませんでした。表面にはキズが多く、角もはっきりとスレてしまっている、内側のコイケースの汚れもかなり付いてしまっていました。壊れてはいないため、財布として使えない訳ではありません。しかし、中古品とはいえ財布の買い換える時には、出来る限りはキレイな物を選ぶのではないでしょうか。必然、このように状態の良く無い物を中古品として販売しようと思えば、価格を安く設定しなければなりません。そのため、買取査定も下げなくてはいけないのです。

 

お持ち頂いたお品物の現在の相場を確認して、その上で今目の前に、お持ちいただいているお品物を幾らで買取るかという金額を出していきます。バレンシアガのこの形状の財布で、この状態であれば幾らで買取るのかという事です。

 

今回のお品物は、状態があまりに良くなかった事が原因で、高価査定とはいきませんでした。しかし、今回のお客様は他にも複数の商品をお持ちくださったので、その感謝を込めて、赤字を覚悟したギリギリの金額を提示させていただきました。須賀質店池袋営業所で、10,000円で買取いたしました。

 

今回の買取査定は正直、買取価格を高く付け過ぎてしまったお品物です。本来であれば5,000円前後の買取となっていたのですが、多くのお品物をお持ち頂いたので、サービスというような金額を付けさせて頂きました。このような査定が必ず出来る訳ではありませんが、少しでもお客様のお役に立てるように、と考え査定をした結果です。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。