失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

MCMのキレイな状態の白いリュックを高価買取

2020年4月6日

MCMのリュックの買取須賀質店池袋営業所で、MCMのリュックを買取いたしました。MCMはドイツ発祥のブランドですが、現在拠点は韓国にあります。ドイツで著名な俳優であったマイケル・クローマーらによって誕生したブランドは、人気が出て韓国の企業に買収されました。現在は、ドイツ発祥の韓国ブランドとなっています。

 

MCMのリュックの買取

 

日本でとりわけMCMを見掛ける事が多くなったのが、韓流ブームと呼ばれる、ドラマや音楽が日本で流行った頃でしょうか。正確には分かりませんが、韓国のブランドとなって改めて日本でも人気が出てきています。

 

今回お持ちいただいたのは、MCM定番のデザインで、白のリュックでした。白は汚れが目立ちやすいため、中古品の買取でお持ちいただくと、どうしても状態が悪く見えてしまいがちになります。その上で、今回の買取査定でお持ちいただいた物は、かなり綺麗な状態であったと言えました。

 

MCMのリュックの買取バッグの買取では、どうしても状態による金額の上下が大きいので、綺麗である事、綺麗に見える事はかなり重要なのです。

 

バッグを売りたいとお考えの方は、少しでも綺麗に見えるようにしてから売った方が高値が付きやすいので、試して頂ければと思います。

 

綺麗な状態のMCMのリュックの買取です。人気もある事から頑張った金額で査定をさせて頂きました。

 

須賀質店池袋営業所で、33,000円で買取いたしました。

 

買取査定に於いて、状態は金額を決めるのに重要な要素です。バッグ程ではないにしても、時計やジュエリーでも汚れている物よりも、綺麗な物の方が高値を付けやすい、良く見えやすいのです。

 

MCMのリュックの買取この良く見えるという事が重要で、人間の目で見て金額を決めている以上は、印象によって決まっている部分も大きいのです。

 

バッグにしても時計にしてもジュエリーにしても、決して安い金額で買っている物ではないと思います。売却するのであれば少しでも高く売りたいと思うのではないでしょうか。綺麗にする!!これが簡単に出来る高価査定へのポイントとなります。

 

MCMのリュックの買取を通してのまとめ

今回はMCMのリュックの買取と、高価査定に繋がるポイントをご紹介いたしました。単純な話ではありますが、見た目を良くする!!これが一番簡単な査定額アップのポイントだと思います。

 

こういった査定をする際の判断基準の違いや、汚れの見方によっても査定額は変わる事になります。つまり、見る人が違えば査定額が変わる可能性があるという事です。

 

MCMに限らず、バッグを売却する際にはどこか一つのお店に行って売ってしまうのではなく、複数のお店を回ってみるのも、高く売るためコツです。

 

その中に、創業から100年経過し、東京都内で三店舗を展開する、老舗質屋の須賀質店をお選びいただければ幸栄です。

 

 

MCMリュック、他の買取事例←はこちら

MCMのバッグ他の買取事例←はこちら

ブランドバッグの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。