失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチ、バックパック、473869型のバッグを買取

2018年3月10日

 

Exif_JPEG_PICTURE

須賀質店池袋営業所で、グッチ、バックパック、ソフトGGスプリーム、473869型のバッグを買取いたしました。GGキャンバスに加工を施したラインは、以前はGGプラスという名前でポリ塩化ビニル加工でした。しかし、ダイオキシンの発生等の環境へ悪影響を及ぼす事が判明して社会的な問題となりました。そこで、環境に配慮し、ポリウレタン加工へと変更されたのがGGスプリームとなります。バンブーといった現在でも人気のあるラインの多いグッチですが、今回お持ち頂いたお品物のようにGGの柄の入ったお品物は、街中や、須賀質店の買取査定でも見かける事の多いお品物です。

 

 

 

グッチ、バックパック、ソフトGGスプリーム、473869型の買取

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE今回お持ち頂いたのはグッチのバックパックで、上部にタイガーモチーフが付いたお品物です。近年では、手を塞がずに持つ事の出来るリュックやバックパックといった形状のバッグが高い人気を得ています。

 

 

 

グッチというブランドは、ブランドの元祖とも呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたと言われています。創業者はグッチオ・グッチで、グッチの一族が創業家としてブランドを経営していましたが、お家騒動等により現在では創業家は経営から離れています。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE須賀質店では中古品の買取をしているので、自ずとお持ち頂くお品物の状態は使い込まれた物が多くなります。角のスレや、全体のキズ等バッグの買取査定ではマイナスの要素となってしまう事が多く、状態は買取価格を決めるのには重要な要素となります。

 

しかし、今回のグッチのバックパックの状態は非常に良好で、ほとんど未使用の状態でお持ちいただけました。どんなブランドのバッグでも、状態が悪化していけばそれだけ買取査定は下がってしまうので、ほとんど未使用でお持ち頂けた事で、高価査定をすることが出来ました。

 

 

 

須賀質店池袋営業所で、110,000円で買取いたしました。

 

 

 

ブランドによっても買取価格は違います

 

 

 

バッグの買取査定では、状態を確認することの他にどこのブランドの商品であるかを確認して、そのブランドの商品であればいくらの買取価格をお付け出来るのかという、中古品市場の相場によって価格を決めていきます。

 

 

 

例えば、同じ定価で売られている商品でも、ブランドやお品物の形状が違えば買取価格は違ってきます。今回のお品物は、グッチという人気のあるブランドで、近年では好まれる事の多い形状のバッグであったため今回の買取査定である110,000円というお値段をお付けする事が出来ました。

 

 

 

まとめ

 

 

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

 

 

須賀質店のトップページ

 

須賀質店の買取のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス