失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ダイヤモンド付きペンダントを買取

2018年6月9日

図1

 

須賀質店五反田本店でダイヤモンドを買取いたしました。ペンダントに付いていたダイヤですが、ペンダント自体は非常に小さく、約1gほどでダイヤは石目はありませんでしたが、2ctほどありそうな大きめのラウンドブリリアントのダイヤモンドで、内包物も見えない綺麗なダイヤでした。

 

ダイヤモンドの買取について

 

ダイヤモンドの買取の場合、裸の状態のルースで来ることは非常に少なく、指輪やペンダントに付いている状態で査定することがほとんどで、鑑別書などが付属する場合とない場合どちらも多くあるので、店頭でダイヤを見極め査定をしていきます。

 

基本的に指輪に付いているダイヤモンドは綺麗なダイヤが使われることが多く、ペンダントに使われるダイヤはクラリティ、カラー、カットのどれかが劣っていたり、または複数劣っているのが使われたりすることが多いです。しかし、これはノンブランドのジュエリーにある傾向で、ブランドジュエリーではペンダント、指輪など関係なく上質なダイヤが使われ、全く手を抜かない作りこみがされています。

 

ダイヤの4Cについて

 

ダイヤモンドの値段が決まってくる要素として、4Cというのがあり、カラット、カラー、クラリティ、カットの頭文字のCからこのように呼ばれていて、これらによって決まってきます。

 

カラットというのは重量のことで、1カラットが0.2gの重さの単位になり、中央宝石研究所だと小数点下3ケタまで表し、重さというよりは大きさを表すというイメージです。1ct超えてくるとかなり大きめのダイヤと言えるサイズになり、婚約指輪などではだいたい0.3ct程度のダイヤが使われることが多いようです。

 

カラーというのは言葉のとおり、色を表し基本的にはダイヤは透明な方が高価になってきて、一番透明な色がDカラーになり、少しずつ黄色みが出てくるにつれ、E、F、Gと進んでいきます。透明な色の方が高価になるのですが例外もあり、カラーダイヤモンドの場合はヴィヴィッドな色の方が高くなってきて、ファンシーカラーダイヤモンドは非常に高値になってきます。

 

クラリティは内包物やキズを表し、もちろん少ない方が高価になってきて、全く内包物やキズのないフローレスを表すFLからIF、VVS-1、VVS-2と並んでいて、11段階に分かれています。

 

カットはダイヤのプロポーションを表し、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアとあり、理想的な形に近ければ近いほど光をうまく反射させるので、ダイヤが輝いて見えるようになります。

 

今回買取のダイヤモンドについて

 

今回買取のダイヤモンドはペンダントに付いている状態で、石目の刻印がありませんでした。ゲージなどを使って大きさを確認し、だいたい2ct前後だと判断でき、あとはカラー、クラリティ、カット、蛍光性を判断し査定をしていきます。

 

カラーは綺麗ではありましたが、黄色なのがわかるくらいでJカラー、Kカラーくらいかなというのがパッと見て思った感想で、そこからルーペを使ってまじまじと色を確認し、Kカラーと判断をいたしました。

 

クラリティは10倍ルーペで見ても全く確認できないほど綺麗でしたので、VS-1以上はあると判断し、カットもプローポーションが良くエクセレントかベリーグッドと判断、買取査定は100万円となりました。買取後、中宝研でソーティングを取ったところJカラーのVVS-2のVeryGoodと判断されました。

 

 

まとめ

 

須賀質店では腕時計、ブランドジュエリー、宝石貴金属やブランドバッグなどの買取をしております。池袋、渋谷、五反田と都内に3店舗あり、どちらの店舗でも査定額は同じなのでご都合の良い店舗にご来店ください。すべての店舗に熟練された鑑定士が常駐しており、スピーディーに高価買取査定を行います。すべての鑑定士が古物商の免許を持っているプロだけが参加することができる業者間オークションに毎月参加をしているためリアルタイムの最新の相場を把握しており、それにより業界最高値を提示することが可能となっています。高価買取をご希望であれば、須賀質店にご来店くださいますようよろしくお願いいたします。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス