失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

K18、ホワイトゴールドの指輪を高価買取

2018年12月22日

ホワイトゴールドの指輪を買取

須賀質店五反田本店で、18金ホワイトゴールド、ダイヤモンド付きの指輪を買取いたしました。ダイヤモンド以外にも、ルビー、エメラルド、サファイアが付いていました。ダイヤモンド以外の色の付いた宝石を色石と呼びますが、色石を代表する最も一般的な宝石がルビー、エメラルド、サファイアの3つです。

 

宝石の解説

 

天然の宝石で、流通量が多く、中古品としてジュエリーの買取をする際にも値が付きやすいのがダイヤモンド、ルビー、エメラルド、サファイアだと思います。

 

今回は特に色石と呼ばれる、色の付いた宝石の買取査定の解説をいたします。

 

ルビーとサファイアは同じ鉱物で、その中でも赤い色をしたものをルビーと呼び、それ以外をサファイアと呼びます。一般的にサファイアと呼称する際にはブルーサファイアを指しますが、サファイアにはイエロー、オレンジ等様々な色があります。ランクというわけではありませんが、ルビーに比べるとサファイアには値が付きづらく、コランダムという鉱物で一部の高値が付く赤い石をルビーと呼んでいるのです。

 

エメラルドはベリルという鉱物で、特徴としては大きな宝石が多く、また石の内部に気泡や亀裂等の内包物の多い宝石です。緑色の宝石で、エメラルドグリーンという色の名前の由来でもあります。

 

大概の宝石に当てはまる事ではありますが、大きく綺麗な物ほど希少性や価値が高くなるのが色石です。エメラルドは元々大きな固体が多いため、小さな物は値が付きづらくなります。

 

色石付きの指輪の買取

 

今回お持ち頂いた指輪は、ホワイトゴールドにダイヤモンドが0.20ct付いていて、ルビー、エメラルド、サファイアがどれ位なのかという刻印はありませんでした。実は、今回の指輪に付いている宝石はどれもサイズが小さく、また質もあまり良い物ではなかったため、買取査定としては宝石に直接お値段を上乗せ出来るものではありませんでした。

 

大きくて綺麗な物ほど高価査定となるため、小さくて質が良く無い物では中古品として値が付かないのです。少しでも高値で買取れる方がお客様にも喜ばれるのですが、必ずしも高価査定とはいかない事もあるのです。

しかし、本来であれば金の値段だけで買取るお品物ではありましたが、デザインを考慮に入れて気持ちだけではありましたが上乗せした金額で買取らせていただきました。須賀質店五反田本店で、28,000円で買取いたしました。買取当日の18金の買取価格は3500円/グラム程で7.5gの買取です。金の買取価格も、須賀質店では他店よりも高くなるように設定しています。

 

ホワイトゴールドの指輪の買取とまとめ

 

 

金を売りたい時には須賀質店にご来店ください。須賀質店は、金やプラチナ、貴金属の買取に力を入れている東京の質屋です。大正9年が創業なので、歴史も古く、100年ほど営業を続けております。

 

店舗は本店の五反田の他に、渋谷、池袋にございます。

 

貴金属の買取金額はお店によって異なっているので、比べて頂ければ須賀質店をお選び頂けると思いますが、貴金属を高価査定で買い取っている須賀質店をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ホワイトゴールドの指輪の買取事例←はこちら

プラチナの指輪の買取事例←はこちら

指輪の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。