失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

金のカフスの買取

2019年3月12日

須賀質店五反田本店で、ダンヒルのカフスを買取いたしました。中央に濃い青色の石の付いた、18金製のお品物です。カフスとは、ワイシャツやブラウス等の袖口を留めるための装飾品で、カフスボタンと呼ぶのは和製英語で、正式にはカフリンクスと言います。普段使いをする方も大勢いらっしゃると思いますが、パーティー用の装いに合わせる事の多いアイテムとなっています。

 

ダンヒルのカフスの買取

 

ダンヒルは1880年創業で、イギリス発祥の老舗ブランドです。馬具の製造卸売業者でしたが、衣類や小物などの商品展開も始め、事業を拡大していきました。自動車の時代が来る事を見越して、自動車旅行用品を数多く売り出し、エンジン以外は何でも揃うと言われていました。現在では男性向けのスーツや、カジュアル用のアパレル品や、アクセサリーなどを展開しています。

 

今回お持ち頂いたのはダンヒルのカフスで、見たところかなり古い物であるようでした。正確に製造年の分かるような刻印がある訳ではないので、デザインやお品物の使用感で古い物ではないか思っただけではあります。

 

ダンヒルは有名なブランドであるため、買取査定としては、ブランドジュエリーとしてのお値段がお付け出来るのではないかと確認していきました。

 

しかし、ジュエリーメインのブランドでは無いためか、現在の中古品市場の相場では、今回のお品物にはブランドジュエリーとしてのお値段をお付け出来ないと判断いたしました。ブランドジュエリーとしての買取の方が高価査定となると思われましたが、残念ながら金のお値段での買取となりました。

 

金としての買取であれば、お値段を左右するのは、金自体をどれだけ高値で買うかという事です。須賀質店の買取価格であれば他店には負けていないと自信を持っております。ホームページで公開している毎日の買取価格を比べていただければ分かると思います。須賀質店と同じ位の金額で買取をしていると公表している業者でも、手数料等が掛かり実際は安くなってしまう事がありますのでご注意ください。須賀質店の買取では、どんなお品物でもご来店いただければ手数料は一切かかりません。

 

金の重さで買取となるため、真ん中の宝石の分で1.5gほど引かせて頂きましたが、22gの金としての買取で80,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。