失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

プラチナ タイピン、カフスのセットを買取

2017年11月3日

タイ

 

須賀質店五反田本店で、プラチナ、エメラルド、ダイヤモンド付きのタイピンとカフスのセットを買取いたしました。タイピンはネクタイに針を通して留めるタイタックというタイプのタイピンです。現在では、挟んで留めるタイバーを指してタイピンと呼ぶ事が多いですが、元々はピン留めするタイタックの事を主にタイピンと呼んでいました。

 

タイピン、カフスのセットの買取

 

今回お持ちいただいたのは、ノンブランドジュエリーに分類されるお品物で、基準となるのが使われている素材の価格になります。

少し古いお品物で、刻印されているプラチナの表記がPm900という古い物でしたが、見た目や経験から刻印通りの90%の純度のプラチナであると判断しました。タイピンのキャッチ部分はプラチナ等の貴金属ではありませんでしたので、外した重さを計り、タイピンが10.6g、カフスが合計で30.6gで算出いたしました。

 

エメラルドはそれぞれが0.5ct程度で、あまり大きなサイズではなかった事と、色や輝き、内包物といった宝石としてのスペックもあまり上質な物では無かったので買取査定としてはほとんどお付け出来ませんでした。

 

ダイヤモンドはそれぞれ0.29ctで、合計が0.87ctのメレダイヤです。小さなカフダイヤモンドの場合、一粒のカラット数では無く、複数の合計で刻印されていて、このような物をメレダイヤと呼びます。こちらもメレダイヤとしてもあまり大きな粒ではありませんでしたが、買取査定でお値段のお付け出来る一定以上のスペックであると判断したのでプラスポイントとなりました。

 

最後にお品物のデザイン等でプラス出来るポイントがないか確認をして買取査定の価格をだします。古いお品物ではありましたが、オーソドックスなデザインは汎用性が高く再販時に有利なポイントなので高価査定をさせていただきました。

須賀質店五反田本店で、125,000円で買取いたしました。

 

古い刻印のお品物

 

ノンブランドジュエリーには、使われている金属が何であるか、その純度が刻印されていて、またダイヤモンド等のサイズも刻印されているものです。その表記が、古い物になると実際の表記とずれている場合や、プラチナとだけ表記されているような場合があります。そういったお品物は判断が難しく、不慣れな者が見てしまうと、買取不可となったり実際にお付け出来る価格よりも下げた金額を提示されてしまうかもしれません。

須賀質店では、日頃から買取査定で現場に出て目を養ったスタッフが拝見いたしますので、古い表記の刻印であってもしっかりとした買取査定をさせていただきます。須賀質店のような歴史のある店舗にいらして頂ければ、お客様の大切なお品物を売る時に、安心して任せていただけるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス