失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ブルガリ、ビーゼロワンの時計の買取

2019年3月4日

須賀質店五反田本店で、ブルガリ、ビーゼロワン、BZ22S型の時計を買取いたしました。ビーゼロワンシリーズは、ブルガリを代表するブルガリブルガリとトゥボガスという2つのシリーズを掛け合わせ、イタリアのコロッセオをイメージして作られています。

 

ビーゼロワンの時計の買取

 

ブルガリのビーゼロワンの時計は、ジュエリーとしてスタートしたビーゼロワンシリーズの派生モデルとして登場し、リングの指を通すところをそのまま文字盤にしたようなデザインの時計です。

 

今回お持ち頂いたのは、ステンレスのケースに革のベルト、シェルの文字盤には12ポイントのダイヤモンドと少し豪華に仕上げられたデザインのレディースの時計でした。

 

ブルガリは、基本的に時計の裏蓋に型番が刻印されているため、買取査定の際には、お品物を特定しやすくなっています。しかし、型番は同じであっても、文字盤の素材やダイヤモンドの有無、革のベルトなのか金属のバングルなのかといった違いもあり、これも買取査定には重要なポイントなのです。

 

他の高級ブランドと同じ様に、現在のブルガリはアパレル品や香水等の多様な商品展開をしていますが、スタートは高級宝飾品店としてでした。もちろん、宝飾品ブランドではなくても、ブランド品の時計に使われているダイヤモンドの質は良いものばかりではありますが、文字盤のダイヤモンドはブルガリらしく上質な物が使用されています。

 

お持ち頂いたBZ22S型というビーゼロワンの時計は、クォーツ式であるため、まずは動いているかを確認します。機械式であればゼンマイを巻かないと止まっているのは当然なのですが、電池で動いているクォーツの場合は、止まっている時点で電池が切れている、または故障しているという事になります。この、または故障しているという場合が厄介で、電池交換をしても時計が動き出さない事があるのです。実は今回お持ち頂いたビーゼロワンは、止まってしまっている状態であったのです。

 

止まってしまっている点以外は状態も良かったので、電池交換のみで動くのではないかという予想をいたしました。少し賭けに近くはなってしまいましたが、何とか高価査定をするために故障はしていないという前提での買取となりました。須賀質店五反田本店で、38,000円で買取いたしました。故障として見てしまうと、これくらいの価格帯の物であれば買取でお値段が付かない可能性もあったので、頑張らせて頂きました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。