失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

タグホイヤー、カレラ、自動巻きの時計の買取

2019年3月6日

須賀質店渋谷営業所で、タグホイヤー、カレラ、CAR2110-3型の時計を買取いたしました。ステンレス製の時計で、自動巻きの機械を搭載しています。時計好き、機械好きが好むような、裏蓋にガラスが採用されたモデルなので、自動巻きの美しい機械を観賞する事が出来るようになっています。

 

タグホイヤーの時計の買取

 

現在では、タグホイヤーというブランド名となっていますが、創業時は創業者の名前をとったホイヤーという名前でした。日本のセイコーが元で始まった、時計業界の大事変であるクォーツショックが原因で経営難に陥った際に、タググループの資金援助を受けた事で、現在のタグホイヤーという名前になったのです。

 

数々の時計をリリースしているタグホイヤーのコレクションの中でも人気の高いコレクション、カレラの時計を今回は買取いたしました。

 

CAR2110-3型のカレラは、タキメーター等の機能を有したベゼルを使用していない分シンプルなデザインの時計となっています。黒い文字盤に、クロノグラフ機能を搭載しているための30分計、12時間計、スモールセコンドの3つの目が縦に入っています。掛け時計等の秒針と同じ位置にあるのはクロノグラフの針で、秒針と同じ動きではありますがストップフォッチ機能用の針となっています。

 

機械式の時計は、数年に一度オーバーホールをする必要があります。毎日同じように動いているように見える時計でも、内部に埃が溜まってしまったりして、一日の誤差が日ごとに大きくなっていってしまったりするからです。今回お持ち頂いた時計は、機械の故障自体はありませんでしたが、一日に3分ほど遅れてしまう状態でした。内部の機械の調子を見るために、タイムグラファーという機械を用意してあるので調べることが出来ました。

 

普段から使用されていてようで、全体に細かなキズが入ってしまっている事も気になりました。金属のキズなので、磨く事である程度はキレイのなるのですが、新品時と比べてしまうとキズが付いていると時計がボロボロに見えてしまいます。

 

お持ち頂いた時点では、キズが多くオーバーホールをする必要があるかもしれない時計という判断にはなりましたが、須賀質店では経験上買取査定に反映させるような欠点ではないと判断いたしました。他店であれば、状態が良くないからと言って減額査定になっていたかもしれません。須賀質店渋谷営業所で、120,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。