失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

金の指輪の買取

2019年1月11日

ダイヤ 花型 18金 買取

須賀質店池袋営業所で、ダイヤモンド付きの金の指輪を買取いたしました。金やプラチナと言った貴金属を使用したジュエリーの多くには、その金属の含有率を示す刻印が入っているものです。

K18やPt900といった刻印で、18金というのは金の含有率を示す言葉なのです。また、ダイヤモンド等の天然の宝石が使われている場合の多くにも、その宝石の大きさや量を表す数値の刻印が入っているものです。

 

刻印なしのジュエリーの買取

 

冒頭では金やプラチナには含有率を表す刻印が入っていると言いましたが、今回お持ちいただいたお品物にはその刻印が無かったのです。古いノンブランドのジュエリーや、日本製ではないジュエリーには、こういった刻印が入っていない事があるのです。

 

ノンブランドの金製品の買取査定をする際には、金の含有率と重さ、素材のお値段をお付けするのが基本になるので、金の含有率が分からなければお値段をお付けする事が出来ません。また、金製品か、メッキや別の金属なのかを見極める材料としても刻印を確認する事は重要な要素になります。

さらに今回のお品物には、ダイヤモンドに関する刻印も入っていませんでした。イミテーションの指輪であれば、金では無いしダイヤモンドでも無いので、この様に一切刻印の無い物になるのですが、今回のお品物の場合は、買取を行っているのでイミテーションでは無く、しっかりとしたジュエリーなのです。

 

では、どのように買取査定をしたのでしょうか。

まず、指輪のような製品では無くインゴッドのような塊に近い物であれば、浮力の違いで金属の比重を計る事が出来ます。比重を計れば、金の含有率も確認する事が出来るのですが、今回の場合ではダイヤモンドが付いている事や、指輪の形状から比重で金の含有率を計る事は出来ません。

最終的に買取査定でお値段を出した根拠は、須賀質店のスタッフが自分の目を信じ、金製品である事、付いている宝石がダイヤモンドであると確信出来たので買取をいたしました。

 

ノンブランド 指輪 ジュエリー 買取

日頃から貴金属、ジュエリーを取り扱っているので、金を表す刻印が無くても、金であると判断する技術があるのが須賀質店のスタッフなのです。

 

金の色味から、24金や18金では無く少し含有率の低い金であると判断いたしました。重さが4.8gで、さらにダイヤモンドのお値段も上乗せした買取となっています。須賀質店池袋営業所で、10,000円で買取いたしました。

 

金の指輪の買取とまとめ

 

今回のように、買い取る事ができるのかどうかも含めて判断しなければいけない査定というのはよくあります。先ほども少し書きましたが、古いジュエリーであったり、海外で製造された物だと刻印が入っていなかったり、逆に刻印が入っていても金では無い事も多々あります。

 

須賀質店ではスタッフがそれを見極める事で、買取を可能にしています。貴金属かどうか分からないジュエリーをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、まとめて須賀質店にお持ちいただければ、それらを分けながら査定をいたします。引き出しやタンスの整理の際は、須賀質店をご利用ください。

 

 

 

 

 

ノンブランドの指輪の買取事例←はこちら

指輪の買取相場←はこちら

金の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。
おすすめ記事