ルースダイヤを渋谷の質屋が買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルースダイヤを渋谷の質屋が買取

高価買取 高価査定 ダイヤ ダイヤモンド ルースダイヤ

須賀質店渋谷営業所でルースダイヤ 1.044ctを2万円で買取いたしました。

 

世界中の女性を魅了している宝石の王様とも言えるダイヤですが、今回買取いたしましたルースダイヤとは、リングやネックレスなどのジュエリーに付いていない裸のダイヤの事を言います。

ブランドジュエリーはもちろん、ノンブランドジュエリーや時計などにも使われているダイヤは世界で一番有名な宝石と言いえるのでないでしょうか。

 

須賀質店でもダイヤが付いた品物を買取する事がとても多く、今回のようにルースダイヤの状態でお持ちになる方も最近は増えてきました。

 

質屋が見るダイヤの査定

 

ダイヤには透明度を表すカラー、ダイヤのプロポーションを表すカット、ダイヤの重さを表すカラット、内包物など数を表すクラリティの4Cと言う査定基準があります。

 

4Cの他にもブラックライトを当てて蛍光色を確認したり、一般的に知られているダイヤはラウンドブリリアントカットと呼ばれる物なのですが、正方形の形をしたプリンセスカットや涙滴のような形をしたペアシェイプなど様々な形状があり、このようなカットの場合はラウンドブリリアントカットに比べると相場は低くなりますので正確に査定をしていきます。

 

内包物がなく、透明に限りなく近く、そしてプロポーションが良い、重いダイヤが質の良いダイヤという事になり、今回のように1.00ctを超えるとダイヤになると査定金額も大きく上がり高価査定に期待が出来ます。

 

ダイヤは査定方法が難しいため、お店や査定する人によって金額が大きく変わってしまう事もあるので、きちんとダイヤを査定してくれる場所に買取にお持ちになる事がとても重要な査定アップのポイントです。

 

須賀質店では日頃から全てのスタッフが市場に出向くなど真贋能力の向上に努めておりますので、もし他店でダイヤの査定に納得がいかない場合は須賀質店にお持ちになってみて下さい。

 

今回買取したダイヤ

 

今回須賀質店池袋営業所で買取いたしましたルースダイヤですが1.007ctのカラーがFANCY BROWN、クラリティがSI-2、カットはスクエアカットでした。

 

ダイヤの大きさは1.00ctを超える大変大振りのダイヤだったのですが、色がFANCY BROWN、10倍ルーペを使うと内包物も確認できた事と、カットがラウンドブリリアントカットではなかったので、高価買取にはなりませんでしたが、須賀質店に買取にお持ちいただいたという事で、精一杯査定をさせていただきました。

 

まとめ 確かな査定能力と長い歴史の質屋です!

 

五反田、渋谷、池袋にあり、いずれも駅から近い場所にある須賀質店ですが、創業100年の質屋という長い歴史と実績がありますので、他店に負けない高価買取を実現しております!

 

全店舗に確かな査定能力を持ったスタッフがいますので、ご安心してお品物を買取にお持ちください!

 

直接のご来店の他にも、「大体の買取金額が知りたいけど時間が・・・」などなかなかご来店いただく時間がない方には電話やライン査定がおすすめです!

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げております!

 

ルースダイヤの買取事例①←はこちら
ルースダイヤの買取事例②←はこちら
ルースダイヤの買取事例③←はこちら

この記事を書いた人
F.T
主任
2017年より須賀質店で査定員として仕事を始めました。宝石、時計、ブランド品など質屋に持ち込まれる品物の知識のほかに、楽器の知識があるところが自分の強みです。 また、質屋を初めて利用するお客様はどうしても緊張してしまう方が多いのですが、お客様にリラックスしていただくよう、得意の笑顔での明るい接客に努めており、多くのお客様から「質屋の接客のイメージが変わりました」とお褒めの言葉をいただくことも多いです。