失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイ・ヴィトンの財布をお持ちの方へ!買取の際のポイントや人気のモデルとは?

2020年6月12日

「今所持しているルイヴィトンの財布を売って、新しい財布が欲しい。」
「売るならなるべく高く買い取ってもらえる条件を知りたい。」
このような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、ルイヴィトンの財布をお持ちの方に、買い取りの際のポイントや人気のモデルについて紹介します。

□ルイヴィトンの品質について

ルイヴィトンは絶対的な品質へのこだわりを持っています。
ルイヴィトンと言えば、花柄とLVの模様が配置されたモノグラムですよね。
このモノグラムのデザインは、日本の家紋をヒントにデザインされたと言われています。

LVの模様が財布やバックの正面か中央にくるように、製品が組み立てられているのをご存知ですか。
製品の構造上、正面と中央に模様がくるのが難しい場合は、LVの模様が左右対称になるように配置されています。
モノグラムはルイヴィトンを象徴するものですから、モノグラムの位置は絶対にズレないようにされています。

また、ルイヴィトンはアウトレット品が発生することを許しません。
一般的なブランドは、契約した工場に製品の生産を委託し、卸業者に納品させます。
契約工場はあらかじめ不良品が出ることを見越して、多めに製品を生産します。
工場が製品を納品した後に、余剰品がどこかへ横流しされた場合、アウトレット品が発生します。

このようにアウトレット品が発生することは多いのですが、ルイヴィトンはアウトレット品がほとんどありません。
自社工場の中で専属の職人が質の高い製品を生産し、直営販売に絞ることで、アウトレット品を出さないように尽力しています。
余剰品からアウトレット品が発生することで、ブランドの品質やブランドイメージを下げないためです。

□ルイヴィトンの財布の人気の柄

ルイヴィトンの長財布には様々なライン(柄)やモデルがありますが、ここでは特に人気の柄やモデルについて紹介します。

*モノグラムライン

モノグラムはルイヴィトンの中で最も人気のあるラインです。

特にモノグラムラインで人気のあるモデルは、「ポルトフオィユサラ」です。
コインケースが全面ファスナー式で、財布の口を大きく開けることができ、お札や領収書の出し入れがしやすいところがポイントです。
カードポケットが多く、クレジットカードをはじめとしたカード類をたくさん収納できるでしょう。
また、「ポルトフオィユサラ」は形が改良されているモデルのため、同じモデルでも購入時期によって製品の形状が異なることを押さえておくと良いでしょう。

*ダミエライン

ダミエラインとは、 日本の市松模様からインスピレーションを受けて作られたラインです。

ダミエシリーズは、「ダミエ・エベヌ」「ダミエ・アズール」「ダミエ・グラフィット」「ダミエ・ジョアン」「ダミエ・アンフィニ」の主に5種類に分けられます。
中でも、ダミエラインの「ジッピーウォレット」モデルは、ロングセラー商品で人気があります。

*エピライン

エピラインはメンズからの人気が高く、ビジネス場面で使用されやすいラインです。
エピラインは、「ポルトフオィユサラ」「ジッピーウォレット」モデルが人気です。

*ヴェルニライン

ヴェルニラインは、他のラインと異なって、エナメル素材のコーディングが施されることが特徴です。
ヴェルニラインも「ポルトフオィユサラ」「ジッピーウォレット」モデルが人気です。
ノワールやローズバレリーヌといった明るく女性らしいカラーがあることも魅力的でしょう。

□財布の買取価格を高くするコツについて

財布は支払いや金銭の持ち運びのために、ほとんど毎日使用しますよね。
そのため、使えば使うほど価値が下がり、買取価格が低くなってしまいます。
日頃からこまめに手入れをしておくと、買取価格が大幅に下がるのを抑えられるでしょう。
以下では、財布を少しでも高く買い取ってもらうためのお手入れ方法をご紹介します。

1つ目のポイントは、表面をこまめに拭くことです。
付着した汚れを放置していると、シミや変色の原因につながります。

拭く時は柔らかい布に水を付け、よく絞って汚れた部分を拭いてください。
その後、乾いた布で水気を拭き取りましょう。
エナメルやレザー素材の財布は、水拭きをするとシミになる可能性があります。
レザー素材の財布は乾いた布で優しく拭き、エナメル素材の財布は専用の洗剤やクリームを使用しましょう。

2つ目のポイントは、カード類をあまり入れないことです。
実は、内側のカード入れの状態は買取査定額に大きな影響を与えます。

カードポケットに大量のカードを収納すると、カード入れの生地が伸びるかもしれません。
財布とは別にカードケースを用意してカードを収納したり、そもそも持ち歩くカードの枚数を減らしたりすることで、カード入れを良い状態にキープできるでしょう。

3つ目のポイントは、不具合を早めに修理することです。
財布は布製品ですから、ほつれやファスナーの嚙み合わせで不具合が発生することがあります。

これらの不具合は時間が経つと、破れやチャックが開かなくなる二次被害に繋がるかもしれません。
そのため、破損が発生したら、修理するか査定に出すか早めに決断し行動するのが良いでしょう。
また、査定に出す場合は、買い替えを検討することをおすすめします。

□使用不能になったルイヴィトンの財布でも買い取ってもらえる理由

ルイヴィトンはかなり状態が悪くても、買い取ってもらえます。
例えば、黒ずんで使用感があったり、角が少し破けていたりしても問題ありません。
また、生地が破れたり、内側の素材が剥がれたりしていても、場合によっては買い取ってもらえるでしょう。
このように使用不可能なルイヴィトンの財布が買い取ってもらえるのはなぜでしょうか。
ここでは、3つの理由を紹介します。

*圧倒的な需要量

ルイヴィトンは世界中の人々に愛されるトップブランドですから、新品だけでなく中古品でも需要があります。
それは、ダメージがあっても新品より安く購入できるなら購入したいという方が多くいらっしゃるからです。
ルイヴィトンは中古品マーケットでも需要があるため、中古品でも買い取ってもらえることを覚えておきましょう。

*修理して長く使い続けられる

ルイヴィトンは修理や手入れをしながら、長期間使用することを前提として作られており、直営店で有料のリペアサービスを行っています。
そのため、使用不可能のものでも、リペアサービスに持ち込んで使えるようにして使う方もいらっしゃいます。

例えば、財布のスナップボタンが開閉できない場合は、ボタンの交換サービスを受けると、再び使えるようになるでしょう。
直営店ではパーツの交換に対応していますが、モノグラム部分の張り替えには対応していないそうですから、注意してください。
また、直営店以外で修理すると、直営店でリペアサービスが受けられないため、覚えておくと良いでしょう。

*古いデザインの価値

ルイヴィトンは時代に合わせてデザイナーが変わり、毎シーズン新作を発表します。
多少ダメージがあっても、古いデザインは出回っていないことが多いため、中古品でもお気に入りのデザインを求めて購入を希望する方がいます。
そのため、ルイヴィトンはどのような状態でも買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

□まとめ

ルイヴィトンの財布は品質が良いため、新品でも中古品でも需要があることがおわかりいただけたと思います。
買い取りの際に高く買い取って欲しい方は、日頃から財布をメンテナンスし、人気のモデルを売りに出すと上手くいくでしょう。
使わなくなったルイヴィトンの財布をお持ちの方は、お気軽に当社にお持ち込みください。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事