老舗の質屋が1カラットを超えるダイヤモンドを高価買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

老舗の質屋が1カラットを超えるダイヤモンドを高価買取

須賀質店渋谷営業所にて、1.2カラットあるルースのダイヤモンドを40,000円で買取いたしました。

 

今回の買取金額を聞いて、驚く方もいるかも知れません。

 

ダイヤモンドの1カラットは、ぱっと見ただけでも大きく、インパクトのあるアイテムです。

 

その上、ダイヤモンドと言えば、高額な買取金額を想像される方も多いでしょう。

 

想像の通り、1カラット台のダイヤモンドは高額な買取金額を期待できるアイテムです。

 

同じ1カラット台でも、何十万といった買取金額をお付けできるダイヤモンドも多く存在します。

 

それでは、今回買取したダイヤモンドは、なぜ40,000円であったのか、老舗の質屋である須賀質店が解説いたします。

【目次】

①ダイヤモンドの買取金額を決めるポイント ~査定員がチェックする4Cについて~

②今回買取したダイヤモンドについて

③須賀質店は様々なお品物の買取を行っております

ダイヤモンドの買取金額を決めるポイント ~査定員がチェックする4Cについて~

 

ダイヤモンドの買取金額を決める上で、査定員は4Cと呼ばれる4つのポイントを確認します。

 

ダイヤモンドの価値の基準には国際的に決められているものがあり、それがアメリカの宝石鑑定機関GIAが定めた、ダイヤモンドの品質を表す4Cです。

 

4Cは、カラット、クラリティ、カラー、カット、それぞれの頭文字であるCを抜き取り付けられました。

 

査定員はルーペを駆使し、ダイヤモンドの4つのスペックを確認して、価値を見極め、買取金額をお付けいたします。

 

今回は、ダイヤモンドの価値を決める上で重要な4Cについて簡単に解説します。

 

①カラット

 

ダイヤモンドのカラットは大きさを表すものであり、数字が大きければ中古品市場では価値が高く、より高額な買取金額を期待することができるでしょう。

 

ダイヤモンドの大きさは一粒0.1カラット以下のものもあれば、3カラットを超えるようなとても大きなものまであります。

 

0.1カラットやそれ以下のダイヤモンドが指輪などに使用される場合は、一番目を引く真ん中に設置されるのではなく、真ん中のダイヤモンドをより華やかに見せるため、その周囲に何粒も使用されることが多いです。

1カラットやそれ以上の大きさになると、一粒が与えるインパクトも大きく、指輪の真ん中に設置されることが多いです。

 

このように、ダイヤモンドのカラットが大きければ、指輪などジュエリー製品に使用する際にも主役として使用されるため、中古品市場でも高額な買取金額が付きやすいです。

 

②カラー

 

ダイヤモンドと言えば、透明で輝いているイメージが強いと思いますが、実は多くのダイヤモンドにはわずかに色がついているのです。

 

ダイヤモンドは無色透明なものは最高クラスのカラーであり、黄色みの強さによってカラーは判断されます。

上の表にもあるように、Dが無色透明の最高品質であり、高額な買取金額が期待できます。

 

そして、段々と色味が強くなるにつれて、品質は変化していきます。

 

1カラットを超えるような大粒のダイヤモンドでカラーがDからFクラスであればとても高額な買取金額が期待できます。

 

しかし、1カラットを超えるダイヤモンドでも黄色みが強いものは珍しくないため、査定員は慎重にダイヤモンドを観察し、カラーを判断します。

 

③クラリティ

クラリティとはダイヤモンド内部の結晶やキズなどを指します。

 

これらは、買取業界の中では「内包物」とも呼ばれ、内包物の大きさやイチ、数などによって、クラリティのランクは変化します。

クラリティは、上にある表のように、ランク分けされます。

 

カラット数が大きいものはその分、内包物も目立ちやすいため、内包物が少ないダイヤモンドは高額な買取金額を期待できるでしょう。

 

ただ、内包物が少なかったとしても、ダイヤモンドを上から見た際の中心部分など、目立つ場所にあると、品質としてはマイナスポイントにもなってしまいます。

 

④カット

 

最後は、ダイヤモンドの輝きを左右するとも言われるカットについて紹介します。

 

ダイヤモンドは原石から、人の手で加工され、形が整えられて輝きを持ちます。

 

ダイヤモンドもカットはそうして加工された後のプロポーションを指します。

 

ダイヤモンドのカットの善し悪しによっては、内部で反射される光の屈折なども変わり、一見したときの輝き方に変化をもたらすため、ダイヤモンドの価値を決める上で重要なポイントになります。

 

他にも、ダイヤモンドのカットにはバリエーションがあります。

多くの方がダイヤモンドと聞いてイメージする形はラウンドブリリアントカットと呼ばれ、ダイヤモンドには他にも涙滴型のペアシェイプカットや、ハートの形をしたハートブリリアントカット、四角形のスクエアカットなど数多くあります。

 

どれも個性的なカットではありますが、中古品市場ではラウンドブリリアントカットの人気が圧倒的に高く、それ以外のカットの場合は少し相場が下がってしまう傾向にあります。

 

しかし、 ラウンドブリリアントカットでないからと言って高額な買取金額を期待できないわけではありません。

 

ここまでお話した4つの基準である、4Cを判断して総合的に価値を見極め、買取金額をお付けします。

 

そのため、例えペアシェイプカットであったとしても、カラーやクラリティが優れているダイヤモンドであれば高額な買取金額を期待できます。

 

ここまでは、査定員がダイヤモンドを査定する上で確認する4Cについてお話しました。

 

次は、今回買取したダイヤモンドの買取金額について、4Cをもとに解説します。

 

今回買取したダイヤモンドについて

上の画像は、今回買取したダイヤモンドの4Cを専門機関を鑑定したソーティングシート(簡易鑑別)です。

 

今回買取したダイヤモンドは、1.271カラットと、とても大きいものであり、指輪やネックレスでも目立つ真ん中に配置されるような主役級の大きさをしていました。

 

カットもVERYGOODととても良い評価でした。

 

しかし、カラーは、VLYとかなり黄色みが強く、クラリティもI-1と大きな内包物が確認できたため、マイナスポイントとなってしまいました。

 

上の表でも紹介したように、VLYはカラーの中でもとても濃い黄色であることを表しており、I-1もクラリティの中では下のランクになってしまいます。

 

カラーは、透明に近ければより高品質であり、クラリティも内包物が小さく、少なければ高額な買取金額を期待できます。

 

今回買取したダイヤモンドが決して品質の悪いダイヤモンドということではありませんが、中古品市場では人気が伸び悩んでしまい、その結果買取相場としても高額が付きにくくなってしまいます。

 

例えば、Iクラスのクラリティは、肉眼で確認できると記載しており、大きな内包物を想像されるかもしれませんが、あくまでダイヤモンドの査定に慣れている査定員が見て、肉眼で確認できるレベルです。

 

そのため、普段ダイヤモンドを見慣れていない方が見ても内包物は気づきにくい大きさです。

 

今回の買取金額は、冒頭でもお話したとおり40,000円ではありましたが、今回のようなカラーとクラリティを持ったダイヤモンドとしては比較的高額な買取金額だと言えます。

高額がお付けできた理由は、1カラットを超える大きさと、良い品質のカットであったことです。

 

特に、今回買取したダイヤモンドは1.271カラットと大粒であり、もしも同じカラー、クラリティで1カラットを下回った大きさであった場合、買取金額は大きく異なっていたでしょう。

 

買取時に査定員は、黄色みが強く、内包物も大きいダイヤモンドではあるものの、大きさとカットが充分であることから、中古品市場でも一定の人気は得られるだろうと判断し、40,000円の買取金額をご提示いたしました。

 

査定金額をご提示した際、お客様は大変驚かれていましたが、担当した査定員がダイヤモンドのスペックや、中古品市場としての相場を丁寧に説明し、最終的には金額に納得していただき、須賀質店渋谷営業所にて40,000円で買取させて頂きました。

 

須賀質店は様々なお品物の買取を行っております

今回買取しましたお品物はダイヤモンドでしたが、須賀質店では他にも様々なお品物を買取しています。

 

質屋と言えば、昔ながらのイメージでブランド物や貴金属類のイメージが強いでしょう。

 

もちろん、須賀質店ではそれらも高額で買取しております。

 

しかし、須賀質店では今後もより多くのお客様にご利用していただくために、お客様のニーズに合わせて日々取扱商品の幅を広げています。

 

最近では生活必需品と言っても過言ではない、スマートフォンやタブレット、パソコンを取り扱い、さらにはヘッドホンなどの買取も積極的に行っています。

 

買取金額も専門店に負けることのない、高額な買取金額を期待することが可能です。

 

ブランド物や貴金属などの他に、電化製品などの売却を検討されている方も、ぜひ須賀質店をご利用ください。

 

ダイヤモンドの買取相場←はこちら

【高額買取】1.143ctのダイヤモンドの買取事例←はこちら

0.1ct程度のダイヤモンドの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。