ホワイトゴールド18Kのリングを高価買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ホワイトゴールド18Kのリングを高価買取

後K リング 買取須賀質店渋谷営業所で、ダイヤモンド付きの18金リングを買取いたしました。金もダイヤモンドの高値で取引されている物質であるため、それを素材としたリングも高値で買い取る事が出来ます。

 

しかし、それには金やダイヤモンドが、間違いなく本物であると言えなければいけません。

 

偽物や模造品も多いため、買い取るためにはまず見極める事が必要になります。

 

【目次】

①金製品の買取、刻印について

②後Kリングの買取を解説

③相場が上がっているため、以前よりも高値で買い取る事の出来る商品例

 

 

金製品の買取、刻印について

 

金製品の買取をする際、最初にする事は打たれている刻印の確認です。

 

刻印とは何か? 金製品には、金である事、金が何%含まれているか、使われている宝石ついて、そういった情報が打ち込んであるものです。リングであれば、指に接する内側の面に、ネックレスであれば金具や、トップの裏側に入っています。

 

これには、金であるという作り手側の保証といった意味もあるため、重要な情報です。

 

他にも、ホールマークと呼ばれる刻印があります。これは、国の機関による品位検査を受けている事を示すもので、日本では造幣局が行っています。ホールマークのシンボルは各国で違い、日本の場合は国旗である日の丸の刻印が打たれます。

 

これらの刻印で、金である、含有率が何%であるという事を確認する事で、いくらで買い取るという査定が出来るのです。

 

宝石については、何カラット使われているのかという刻印が入っています。

 

1.00や0.50のように数字の刻印が入っているだけですが、こちらも使われているのが高価な宝石であるという保証の意味があるため、重要になります。

 

例えば、ダイヤモンドの代用品であるジルコニアのような安価な物が使われているような場合は、この刻印は入っていません。

 

後Kリングの買取を解説

 

今回のリングの買取金額を先にご紹介させていただきます。38,000円で買取をいたしました。

 

リングの素材である、金とダイヤモンド、それぞれに査定のポイントがあったため、それぞれのポイントを解説していきます。

 

金のポイント

 

刻印 後K 買取先ほど解説させて頂いた、刻印の確認についてですが、今回のリングには18Kという刻印が入っていました。

 

これは金の含有率が75%で、18金である事を示す刻印です。ですが、18金の刻印で使われる事が多いのは750やK18で、Kが後ろに来るタイプは少し特殊です。

 

Kの後先だけで何が特殊だと言うのでしょうか。実はKが後ろに来る刻印の場合、金では無い、実際の金の含有率が大幅に低い、こういった可能性が高くなります。

 

元々、後Kというのはあまり金製品の管理がしっかりとしていない国で使われていたようで、それが原因で実際の含有率が刻印の表記よりも低い事があるようです。

 

それだけが原因では無いと思いますが、貴金属の買取を行っていると、確かにK18と18Kで比べると、18Kの方が18金では無い商品を多く見てきています。

 

後K 偽物ちなみに、こちらの画像のネックレスは、18Kという刻印が入っているため、金であると作り手が保証しているはずなのですが、含有率が低いどころか素材は金ではありません。

 

このように、18Kという刻印の買取を行う際には、より慎重に確認をしていかなければいけません。

 

では、改めてお持ちいただいたリングの画像を見て頂きます。

 

ノンブランドジュエリー ホワイト 買取 このリングが皆さんにはどう見えるでしょうか。

 

貴金属の取り扱いに慣れていなければ、見ただけで金かどうか、金の含有率といった事を判断するのは難しいと思います。

 

ですが、須賀質店では、日ごろから貴金属の取り扱いをしている熟練のスタッフがいるため、後Kという分かり難い商品の査定であっても、自信を持ってお値段を出す事が出来ました。

 

18金かどうか見極めるポイントとしては、色、重さ、作り、こういった点を確認する事で判断する事が出来ます。

 

18金を示す刻印に間違いは無いという判断になったため、18金の買取価格でお値段を出しています。

 

ダイヤモンドのポイント

 

ダイヤ 刻印無し 買取冒頭でも言いましたが、金だけでは無くダイヤモンドも、高値で買い取る事が出来る素材です。そして、画像にあるように買取のリングにはダイヤモンドが付いています。

 

ここでも刻印の話になりますが、ダイヤモンドに関する刻印が一切入っていませんでした。

 

刻印が入っていないと言う事は、ジルコニア等の安価な代用品である可能性があるという事になってしまいます。

 

まずは、ダイヤモンドなのか、値段を付ける事が出来る物かどうかという事から確認をして査定をしなければいけませんでした。

 

ダイヤモンドなのかの見極めに関しては、それ程難しくはありませんが、やはり買取査定に慣れている査定員でないと、自信が持てないために安めの査定をする事に繋がってしまいます。

 

さらには、ダイヤモンドだと分かったとしても、何カラットかが分からないため、高値を付けるのが難しいと感じる中古品業者が多いと思います。

 

須賀質店の買取金額がどこよりも高いかは分かりませんが、今回のダイヤモンドに関してかなり高値をお付け出来たのではないかと思っています。

 

最終的な査定金額の計算方法

 

解説させて頂いたポイントの通りに、今回のリングは18金とダイヤモンドであると言う事で、金額を出しています。

 

まずは金の部分ですが、リングの総重量が4.3gでそこからダイヤモンドの重さを引けば、金の重さという事になります。ところが、ダイヤモンドのカラットが分からないため、正確な重さが分かりません。

 

ノンブランド リング 買取ダイヤモンドは2ct程度であると想定をして計算しています。

 

2ctはグラムに直すと0.4gとなります。

 

リングの総重量は4.3gで、そこからダイヤモンドの重さ0.4gを引きます。

 

4.3g-0.4g=3.9g

 

買取の実施日である3月26日の18金買取単価、4640円×3.9g=18,000円

 

この計算式が金の部分の買取金額となります。

 

先ほどの想定と同じように、ダイヤモンドは2ctの想定で計算していきます。

 

リング 刻印無し 買取ダイヤモンドの買取の際の計算としては、1ctでいくらか?実際のカッラト数がいくつなのかで、買取金額がいくらというような計算になります。

 

今回のリングのダイヤモンドには、1ctで10,000円付ける事に致しました。ダイヤモンドの大きさや質、そういったスペックを見極めた上で、経験測として10,000円/1ctと判断いたしました。

 

10,000円/1ct×2ct=20,000円となります。

 

最終的なリングの買取金額は、38,000円となりました。

 

以上が後Kのリングの買取の詳細な解説となります。商品の情報を正確に読み取る事が出来なければ、買取査定というのは難しく、その分安価な査定になってしまいがちになります。

 

今回の高価査定が出来たのは、金やダイヤモンドの買取に慣れた須賀質店のスタッフが、しっかりと商品の見極めを行った事が理由です。

 

後Kリングの買取を通してのまとめ

 

須賀質店は、五反田に本店を構える老舗の質屋です。営業開始は大正9年で、今から100年も前になります。

 

現在では、渋谷と池袋にも店舗を構えていて、東京都内に3店舗で営業をしております。

 

ご自宅に眠っている貴金属、ジュエリーそういった商品を処分したくても、ご自分の持っている物が本当に金なのかが分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

是非須賀質店にご来店ください。今回の後Kリングのような商品の買取査定でも、老舗質屋の確かな査定眼で見させて頂きます。

 

もしも、金では無い、買取出来ないとなってしまった場合でも手数料等は一切かかりませんので、お気軽にご来店ください。

 

コロナ禍における現在の状況では、ご来店を躊躇われる方も多いと思います。店舗では消毒や換気といった感染症対策の実施、直接のご来店が無くても郵送での買取も行っておりますので、様々なご相談をお待ちしております。

 

ダイヤモンドの買取事例←はこちら

金の買取事例←はこちら

本日の金の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。