失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン アンブレール N41289型を買取

2018年4月14日

 1図1

須賀質店でルイヴィトンのグラフィットのショルダーバッグを買取いたしました。ショルダーバッグといっても小さめのサイズで体に巻きつけるボディバッグのアンブレールで買取査定は75,000円となりました。状態は良かったですが、もっと良ければ高値になってきます。

 

ルイヴィトンについて

 

ルイヴィトンはフランスの高級バッグブランドで、世界で一番有名な高級ブランドだと思います。創業は非常に古く19世紀で、最初は旅行トランクを製造するメーカーで、キャンバス地を貼り付ける手法のトランクは非常に軽量ですぐに人気を博すことになります。

 

人気になればコピー品が横行するのは現代と同じですぐに模倣品が出てきて、模倣品対策としてダミエ柄やモノグラム柄などを作っていきました。

 

ルイヴィトンのラインについて

 

ルイヴィトンのラインの柄は最初は模倣品対策という意味合いでしたが、それがデザインとして今では色々なラインができていて、買取の現場で働いている身としても覚えるのが非常に大変です。

 

一番多いのが、定番のモノグラムラインでルイヴィトンと聞いて一番に思い浮かべるのがモノグラムの柄ではないでしょうか。茶色の地に黄土色でLVのロゴと日本の家紋が描かれている定番柄で一番の人気を誇っています。

 

モノグラムと同じくらいの人気、定番のダミエは市松模様の柄で二色の茶色を市松模様に描いています。ダミエも非常に人気で財布、バッグともに男女問わず人気があり、最近のモデルでは中の素材の色違いなども発売してきています。

 

images1

 

ルイヴィトンの買取について

 

ルイヴィトンの買取は定価に対しての掛け目は非常に高くなる傾向があります。定価自体は革製品ではなくキャンバス地のものが多いのでエルメス、シャネルなどに比べると安価なものが多いですが、定価に対して80%を超える買取価格になることも珍しくありません。

 

特にモノグラム、ダミエで人気の型の財布は買取査定が新品で定価の85%くらいになったりします。人気の型の財布とはジッピーウォレットやポルトフォイユ・ブラザなどの定番の長財布で、モノグラムやダミエだけでなく色々なラインから発売されています。

 

バッグの買取の場合は人気の型と不人気がはっきりとあり、ネヴァーフルなどのトートバッグはもちろん人気ですが、近年ですとリュックサックの人気が上がってきています。

 

images11

 

今回買取のルイヴィトンのダミエグラフィットアンブレールについて

 

今回買取いたしましたバッグはダミエグラフィットのボディバッグであるアンブレールで型番はN41289型のバッグになります。アンブレールはダミエグラフィットだけでなく、ダミエアンフィニなどの革素材からも出ていますが、定価はキャンバスの方が安いためお買い求めやすい金額の定価で約14万円前後となっていました。革製品の場合は定価が20万円は超えてきます。

 

今回買取したアンブレールは状態はまずまずでしたが、少しスレやキズなどがあり一目で中古品だと分かるくらいでしたがやはり人気のダミエグラフィットですので高価買取査定の75,000円となりました。ダミエグラフィットやモノグラムエクリプスのメンズラインは現在は高値が付きやすい人気ラインとなっています。

 

まとめ

 

須賀質店では腕時計、ブランドジュエリー、宝石貴金属やブランドバッグなどの買取をしております。池袋、渋谷、五反田と都内に3店舗あり、どちらの店舗でも査定額は同じなのでご都合の良い店舗にご来店ください。すべての店舗に熟練された鑑定士が常駐しており、スピーディーに高価買取査定を行います。すべての鑑定士が古物商の免許を持っているプロだけが参加することができる業者間オークションに毎月参加をしているためリアルタイムの最新の相場を把握しており、それにより業界最高値を提示することが可能となっています。高価買取をご希望であれば、須賀質店にご来店くださいますようよろしくお願いいたします。

 

 須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のルイヴィトン相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。