失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

レイバン サングラスを買取

2018年7月30日

 Exif_JPEG_PICTURE

須賀質店五反田本店でレイバンのサングラスを買取いたしました。レイバンのサングラスというとティアドロップ型のサングラスをみなさん思い浮かべるかと思いますが、今回買取いたしましたレイバンのサングラスは小さめのレンズで現在の流行のサングラスとは違うものでしたので買取査定2,000円となりました。

 

サングラスの買取について

 

サングラスの買取は一年中行っていますが、夏になると増える傾向があり、その理由は夏に新しいサングラスを購入した人が古くなったサングラスの売却を考えるからではないかと思われます。

 

サングラスの買取で多いメーカーはルイヴィトン、シャネル、グッチ、レイバン、プラダあたりが多いでしょうか。レイバン以外はサングラス以外にも色々な製品を製造しているファッションブランドですが、レイバンはサングラスを専門的に扱っているメーカーですのでいかにすごいメーカーか分かるかと思います。

 

サングラスの買取で重要なのがレンズにキズがないかどうかと、カッコいいデザインのサングラスかどうかいうところでしょうか。レンズにキズが付いてしまっていると安くなってしまうのは当たり前のことで、レンズのキズは時計のキズなどと違い磨いてなくすといったことが出来ないため、キズの付いたままでの再販になります。

 

キズともう一つ重要なデザインについては流行のサングラスの形なのかどうかいうところで、今現在で言えば大きめのデザインで黒色か茶色の濃い色のレンズが流行っています。芸能人が使用しているサングラスを想像して頂ければ分かりやすいかと思いますが、あのようなサングラスが現在の流行になり、20年前くらいに流行っていた小さめの横長の青色や黄色のレンズのサングラスなどは安くなってしまいます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

レイバンについて

 

レイバンはアメリカで生まれた会社ですが、1999年にイタリアのルックスオティカという会社が買収し、現在に至っております。

 

レイバンのサングラスにも色々種類があり、代表的な種類でいえばアビエイターと呼ばれるティアドロップのサングラス、フェイファーラーという名前の四角型で浜田省吾が使っている形のサングラスなど、レイバンの中にも色々な種類があります。

 

一般的にレイバンのサングラスというとティアドロップをイメージされますが、レイバンにも色々種類があり、お好みのレイバンを見つけることもできるのではないでしょうか。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

今回買取のレイバンのサングラスについて

 

今回買取いたしましたレイバンのサングラスは小さめのレンズで金色のフレームをしていました。現在の流行は大きめのレンズでプラスティック系のフレームで、今回のサングラスは人気になるタイプのサングラスではありませんでした。

 

レンズにキズなどはありませんでしたので、需要がゼロということはありませんでしたので、ギリギリの高価査定で2,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

須賀質店では腕時計、ブランドジュエリー、宝石貴金属やブランドバッグなどの買取をしております。池袋、渋谷、五反田と都内に3店舗あり、どちらの店舗でも査定額は同じなのでご都合の良い店舗にご来店ください。すべての店舗に熟練された鑑定士が常駐しており、スピーディーに高価買取査定を行います。すべての鑑定士が古物商の免許を持っているプロだけが参加することができる業者間オークションに毎月参加をしているためリアルタイムの最新の相場を把握しており、それにより業界最高値を提示することが可能となっています。高価買取をご希望であれば、須賀質店にご来店くださいますようよろしくお願いいたします。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス