失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトンの価値は?人気の理由も解説します

2020年1月16日

「ルイヴィトンのバッグや財布、小物類はどうして積極的に買取されるのかな。」

「ルイヴィトンの中でも特に高い値段で買取してもらえる商品について知りたい。」

 

 

ルイヴィトンは有名なブランドバッグなので、ブランドに詳しくない方でも見たことがあったり、名前だけでも知っている方は多いと思います。こちらのページでは、なぜルイヴィトンのバッグに人気があるのか、高い買取価格を付けることができるのか、買取業者が積極的に買取するのかを解説してゆきます。

 

 

ルイヴィトンの価値を解説

【目次】

ルイヴィトンのバッグは、どうして買取業者が積極的に買取するのか?

ルイヴィトン製品の資産価値は?

ルイ・ヴィトンの価値を決める要因は何ですか?

ルイヴィトンの商品の種類やラインにおける資産価値

ルイヴィトンとは、どれくらい人気のあるブランドなのか

ルイヴィトンの中でも高値で売れるアイテムを紹介

ルイヴィトンのモノグラムやダミエデザインのアイテム

ルイヴィトンの限定品のようなプレミア商品

ルイヴィトンと他のデザイナーのコラボ商品

ルイヴィトンの価値は?人気の理由も解説します まとめ

 

 

ルイヴィトンのバッグは、どうして買取業者が積極的に買取するのか?

高級ブランドは他にもたくさんありますが、ルイヴィトンはその中でも積極的に買取されるブランドの一つです。その理由を簡単に説明すると、ブランドバッグの中でも多数流通していて買取価格が高値で安定しているからという理由が大きいです。そして、積極的に買取される原因は、世界のセレブ層をはじめとして人気があるため、また、中国をはじめ韓国や台湾の新興の富裕層が競って購入しているために、中古買取市場でも多数取り扱いされています。

 

 

ルイヴィトンを解説中

特にルイヴィトンのバッグや小物、財布類の中でも、「モノグラム」や「ダミエ」は、ルイ・ヴィトンの象徴的な商品であり、新品はもとより中古品でも欲しがる方がとても多い商品です。新品に手が届かない方で、ルイヴィトンの商品を手に入れたいと考える方は中古での購入を考えるので、積極的に中古のルイヴィトンのバッグや財布、小物類が買取業者や質屋、リサイクルショップで買取されているというわけです。

 

 

ルイヴィトン製品の資産価値は?

ルイヴィトンが積極的に買取されるブランドである理由について詳しく解説しました。繰り返し解説いたしますが、ルイヴィトンのバッグや財布、小物類は世界中で人気があって、新品も中古品も欲しがる方が多いので積極的に買取されるブランドであるということでしたね。

 

 

でも、ルイヴィトンのバッグや財布類は人気度や価値は、どのくらい高いものなのか、よくわからない方が多いのではないでしょうか?そこで、ルイ・ヴィトンのバッグや財布、小物類の人気度や価値についてご案内いたします。

 

 

ルイ・ヴィトンの価値を決める要因は何ですか?

ルイヴィトンの価値といっても、ルイヴィトンの商品はたくさんのラインから構成されていて商品点数がとても多いメーカーです。数あるルイヴィトンの商品の中で、資産価値が高い=高価買取をされる確率の高い商品の特徴として、人気であることと希少性が高いことが挙げられます。

 

 

ルイヴィトンは希少性がある

人気があるルイヴィトンの商品で高価買取される商品の特徴として、たくさんの人々が手に入れたい商品であるという点があげられます。たくさんの人々が手に入れたい=需要が多いということで、この分高価買取価格が付く確率が高いということも言えますね。

 

 

また、希少性が高い商品とは、例えば限定モデルの商品などが当てはまります。限定モデルは販売されている期間を逃してしまえば、ほとんど手に入れられません。そのため、販売期間中に手に入れられず、どうしても手に入れたい方は、限定品のルイヴィトンの商品を購入できる機会があれば高い値段でも購入を検討します。

 

 

ルイヴィトンは高値で取引される

このように、人気のあるルイヴィトンの商品で需要がある商品は、ルイヴィトンの数ある商品の中でも資産価値が高くなる=高価買取が期待できる商品である、ということは理解しておくと良いでしょう。

 

 

ルイヴィトンの商品の種類やラインにおける資産価値

ルイヴィトンは、カバンやトランク、財布や小物類といった様々な商品を販売しています。ルイヴィトンの中でも商品やラインによって、やはり価値や人気度は異なるので資産価値に注目してルイヴィトンを考えている方は注意してみておく必要があります。

 

 

ルイヴィトンの商品の中で、価値や人気度が低い部類に入るのが、ジュエリー系の商品です。ルイヴィトンというメーカーがバッグのメーカーで操業しているので、ジュエリー系の人気はいま一つといえます。

 

 

ルイヴィトンのジュエリー

例えば、ルイヴィトンに「プティット バーグ アンプラント リング」という指輪があります。特にダイヤモンドや宝石が付いていない指輪ですが、新品で240,000円程度するこちらの指輪を購入できる方であればカルティエの「ミニラヴリング1Pダイヤモンド付き」や「ブルガリのビーゼロワンリング」などを検討するのではないでしょうか。

 

 

カルティエのリング

また、意外ことですか人気度や中古品としての価値が低いのが、ルイ・ヴィトンの時計です。ルイ・ヴィトンの時計ならそれなりの資産価値があるのではとお考えの方もいらっしゃると思います。しかし、ルイ・ヴィトンの時計の人気がいまひとつなのは、ルイ・ヴィトンが時計を販売し始めたのが比較的最近で、あまり歴史がないことが原因です。

 

 

また高級ブランド時計メーカーは、創業から長い歴史を持ち、時計を一貫生産できるマニュファクチュールというブランドが支持されているので、ルイ・ヴィトンの時計はこうした時計専業メーカーと比較されると、人気の点で劣るといわれています。

 

 

ルイヴィトントゥールビヨン時計

例えば、ルイヴィトンの時計には高性能なトゥールビヨン機能を搭載した時計があります。価格は2000万円近くするようです。トゥールビヨン機能というのは、腕時計の中にある「テンプ」と呼ばれる部品を常時回転させることによって、地球の重力の影響を受けずに正確な時間を刻むことができる機能のことをいいます。わずか40mm程度のケースの中に、多数のパーツを組み込んでこのような複雑な機能を入れ込む技術者の意気込みが、時計マニアの方にはたまらない魅力のようです。

 

 

しかし、トゥールビヨン機能を搭載した時計は、時計専業のメーカーであるパテックフィリップ、オーデマピゲ、ブレゲといったメーカーからも販売されているので、腕時計の魅力に惹かれたコアなファンは、ルイヴィトンの高性能な腕時計を選ばないで、パテックフィリップなどの時計専業のマニュファクチュールの時計を選ぶのではないでしょうか。

 

 

ロレックスデイトナ

同じような考え方で、1000万円~2000万円を時計に使える富裕層の方であれば、求める時計メーカーのランクとしてもパテックフィリップ、オーデマピゲ、ウブロ、ヴァシュロンコンスタンタン、ロレックスなどの歴史のある時計メーカーの製品の購入を最初に考えて、ルイヴィトンの時計を購入する順番は低くなってくると思うのです。

 

 

こうした理由から、ルイヴィトンの時計はバッグや財布と比較して価値が低く人気は劣るということになるので、中古品の買取価格もあまり高いとは言えなくなるのです。ただし、誤解のない様に申し上げたいのは、「ルイヴィトンの時計は魅力がない」「ルイヴィトンのジュエリーは劣っている」といった話ではなくて、数多くのブランドメーカーの中で、ルイヴィトンのジュエリーや時計の位置付けの話を申し上げただけのことなので、誤解のない様にお願いいたします。

 

 

ルイヴィトンバッグ

さて、ルイヴィトンの商品の中で資産価値が高いのは、やはりバッグ、財布や小物類とトランクなどです。ルイヴィトンと聞いて、ルイヴィトンの象徴的なロゴリングである「LとVを組合わせたマークが並んだバッグ、財布やトランクを真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。

 

 

そのような方が多い理由として、ルイヴィトンというブランドメーカーのバッグや財布類、トランクなどは、時計やジュエリーと違って長い歴史がある商品だからです。そのため、ルイヴィトンというブランドメーカーを耳にすると最初に思いつくのは、LとVの組み合わされたルイヴィトンの象徴的なロゴマークが入ったバッグ、財布類、トランクなので、これらの商品は世界中からの需要があります。

 

LとVの組み合わせ

このように商品ごとの資産価値は、ルイヴィトンの中でも人気があり、権威性のあるもの、ブランドメーカーの名前を聞いた瞬間に商品が頭に浮かぶような品物に、高い資産価値が付けられることは知っておくと良いでしょう。

 

 

 

ルイヴィトンとは、どれくらい人気のあるブランドなのか

高級ブランドを考えた時、ルイヴィトン以外のメーカー名も思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実際、数あるブランドの中でもどれくらいの価値があるのか知っている方は少ないと思います。代表的な比較サイトである「価格.com」では、ルイヴィトンの財布が人気No1になっていたのを見た記憶があります。

 

 

また、銀座や六本木を歩いている時や高級ホテルのレセプションで支払いをしているときの財布や手に持っているバッグやキャリーバッグを見ると、ルイヴィトンの商品が多かったような気がいたします。これから分かるように、ルイヴィトンのバッグや財布類や小物類は世界的にもかなり人気がある高級ブランドであるということが言えるでしょう。

 

 

ルイヴィトン長財布

□ルイヴィトンの中でも高値で売れるアイテムを紹介

ルイヴィトンの商品の資産価値について、ある程度理解していただけたでしょうか。これまでに解説した通り、同じメーカーのルイヴィトンであってもバッグや財布類とジュエリーや時計類など、商品によって資産価値が違うことは知っていただけたと思います。しかし、どのようなライン(種類)が、どのような理由で高く買い取られるのか知りたい方のために、さらに詳しく解説します。

 

ルイヴィトンのモノグラムやダミエデザインのアイテム

ルイヴィトンの商品の定番であるモノグラムや、ダミエのデザインが施されたライン(種類)は、どの商品の中でも高額な値段で買い取られることが多いです。その理由は、モノグラムやダミエは、そのライン(種類)がルイヴィトンの商品あると一目で分かるデザインなので、高級感をアピールしたい方からの需要がとてもあります。

 

 

モノグラムとダミエ

高級ブランドの商品は、基本的にブランド名に価値を見出されるので、一目見てブランドが分かる商品ほど高い価値がつくことは知っておくと良いかもしれません。ルイヴィトンというメーカー名を聞くだけでもLとVを組合わせたロゴマークの「モノグラム柄」や、市松模様の「ダミエ柄」を連想する方が多いはずなので、ルイヴィトンのモノグラム柄とダミエ柄は、ルイヴィトンの象徴的なデザインであるといえるでしょう。

 

 

ルイヴィトンの限定品のようなプレミア商品

期間限定や数量限定で販売されるプレミア商品もかなり価値の高いアイテムです。こちらのページの最初の方で解説したように、希少性の高いアイテムは、熱烈な人気を生み出すからです。テディベアをはじめ、モノグラムテディ、ジャイアントモノグラム等のコアなアイテムは、ルイ・ヴィトンの商品のファンだけでなく、コレクターからも需要もあるので資産価値が高くなることは知っておくと良いかもしれません。

 

 

ルイヴィトンプレミアム商品

ルイヴィトンと他のデザイナーのコラボ商品

コラボ商品とは、ルイヴィトンが他のブランドやアーティスト、デザイナーなどと共同で制作した限定商品のことを言います。よく見かけるのは、既存のルイヴィトンの商品にデザイナーがキャラクターの絵柄を描いたり、独特の模様を加えたりした商品が多いです。

 

 

ルイヴィトンコラボ商品

既存のルイヴィトンではありえないようなデザインの商品が販売されることもあり、通常のアイテムよりも人気が出やすくなります。これまでに、シュプリームとのコラボや藤原ヒロシさんが率いるデザインプロジェクトであるフラグメントデザインとのコラボ、村上隆さんとのコラボモデル等があります。

 

 

ルイヴィトンの価値は?人気の理由も解説します まとめ

 

今回は、ルイヴィトンが積極的に買取される理由や商品の資産価値、高値で売れる商品について詳しく解説しました。ルイヴィトンは最高級のブランドメーカーのひとつであり、どのラインであっても商品価値が高いです。

 

 

ルイヴィトンの商品の買取を検討している方は、今回に記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。そして、ルイヴィトンのバッグや財布、小物類の買取をお考えで買取価格の相談を考えている方は、ぜひ須賀質店にご相談してみてください。業界最高値の買取価格をご提示して、ご満足いただける買取を実現できるものと考えています。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。