失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネルの買取をお考えの方へ!高値で買い取ってもらうためのポイントを解説!

2020年2月4日

「シャネルのバッグを買取査定に出したい。」「高値で買い取ってもらうためのポイントが知りたい。」皆さんがシャネルのバッグをお持ちになっていて、そのシャネルのバッグを売りに出すなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。シャネルバッグの買取をお願いするときに、なにが高価買取のポイントになるか気になるでしょう。そこで今回は、シャネルを高値で買い取ってもらうためのポイントを解説します。

 

 

シャネルバッグを高価買取

ブランド品の買取率とは

シャネルのバッグの買取を考えたときに、高価買取のポイントを理解する準備として、まずは「ブランド品の買取率」について説明します。ブランド品の買取率とは、購入時の金額に対して買取査定額の割合のことと考えてください。

 

 

例えば10万円のバッグを購入してから、買取に出した時の査定額が5万円だったとすると、その買取率は50パーセントです。また、100万円のバッグを25万円で買い取ってもらった場合は25パーセントになります。簡単な割り算で求めることができますね。

 

 

シャネル買取は買取率が大切

こちらの例で、買取査定額のみを比較した場合は、10万円のバッグの方が買取査定価格は低いこと那なりまが、買取率で比較すれば、10万円のバッグの方が買取率は高いということになります。同じような現象は、ブランドバッグの買取の現場でも現れることで、定価が高いからといって、買取率も同じように高くなるとは限らないのです。

 

 

シャネルのような高価なブランド商品を購入したら、なるべく高値の買取査定額をつけてほしいですよね。しかし、先にご説明したようにブランド品の買取の現場で高価買取されるものは、定価ではなく買取価格の高さがポイントなのです。

 

 

 

また、同じブランドメーカーの同じバッグであっても、買取価格が変化する可能性があります。その理由は、同じブランドのバッグであったとしても、買取率はその商品がどこで販売されたかによって変わるからです。

 

 

シャネル買取は買取率が高い

ブランド品の販売ルートとしては、国内正規店、正規店アウトレット、並行輸入が代表的な店舗といえるのではないでしょうか。こちらの3店舗を比較した場合、やはり国内正規店の買取率が高い傾向があるでしょう。ブランド品の購入に関して、国内正規店の信用度は抜群に高いといえるからです。

 

 

買取店や質屋の鑑定士は、持ち込まれたブランド品のタグや商品に打たれた刻印、保証書を基にどのようなルートで販売されたかを判断することができます。そして買取業者や質屋は、持ち込まれたブランド品のタグや商品に打たれた刻印、保証書を正確に確認して、買取率に反映させるのです。

 

 

シャネル正規店のシール

たとえばシャネル商品の場合、国内の正規店で購入した場合、上記画像のような独自のシールが張り付けられるといわれています。こちらのシールを確認することができれば「このシャネルのバッグや財布は、国内の正規店で購入されたものだから、買取率を上げてみよう」のように、鑑定士は判断するのです。

 

 

ただし、持ち込まれたブランド品が品薄であったり、中古品としての価値が上がっている場合、必ずしも国内正規店購入の商品の買取率がいちばん高いということにはならない場合があります。特にシャネルのバッグや財布は、中古品の人気が上昇中のブランドメーカーなので、国内正規店の購入でなくとも高い買取査定価格が付く期待を持てるブランドメーカーです。

 

 

シャネルのバッグや財布などが質屋や買取店に買取で持ちもまれた場合は、例えばアウトレット品や並行輸入品でも国内正規店販売の商品と同等の買取率が出る可能性があります。そのくらいに、シャネルのバッグや財布の中古品市場の人気は高いといえるわけですね。

 

 

シャネルは人気が高い

ここで注意したいのが、買取の現場で買取査定をする業者によっても、買取率は変動するかもしれないということです。買取する業者の店舗の形態とか、買取する業者の諸事情といっても良いかもしれません。

 

 

質屋や買取業者といった業者間には、共通の買取査定業務のガイドラインのようなものは存在しません。買取査定価格を付ける作業は、質屋や買取店ごとに査定基準が異なります。そのために、例えば店舗の在庫の都合上、同じブランド品が複数点在庫であった場合には、担当している鑑定士は買取価格をあえて低く提示する場合もあるでしょう。

 

 

また、店舗の形態が買取の専門店か、小売店併設の買取店かで、買取査定価格に差が生まれる場合もあります。買取の専門店は販売実店舗を持たずに買取のみを行う業者です。自社店舗で販売せずに、業者専門のオークションで買い取った品物を換金するために、商品の状態が悪くなければ、ほとんどのブランド品を買い取ってくれることが多いです。

 

シャネル買取が得意な業者

一方で小売店併設の買取店は、自社の店舗で買取も小売りも行っています。小売店併設の買取店は、業者ごとに得意な商品があります。例えば、シャネルのバッグや財布の取り扱いが得意であれば、こうした得意分野の買取では高価買取をできるので、買取率が高くなるかもしれません。

 

 

以上のように、買取をおこなう店舗の事情も買取率に反映するなど、買取率はさまざまな要因によって変動します。しかし、買取率が高い傾向にあるブランドメーカーは存在します。一般的に言って、世界的に人気があり、流通量の少ない商品は買取率が高い傾向が強く、エルメスやシャネルはこうした傾向が強いメーカーの筆頭といって良いでしょう。

 

 

希望するブランド品の流通量が少ないと、並行輸入店やアウトレットで購入できなくなります。そして、同じブランドの中でも、高値が付きやすいのはブランドメーカーの象徴的な商品、いわゆる定番商品と呼ばれるものが多いです。

 

 

シャネルの定番商品

そのブランドを代表するような象徴的な商品は常に需要があり、買取査定価格も高めになりがちです。一般的に一目見るだけでそのブランドと誰もが判断できるデザインは人気があるからです。シャネルであれば、チェーンショルダー、マトラッセ、復刻版トートなどが考えられます。

 

 

生産数が少ない限定モデルや既に廃盤になっていて入手困難なモデルも買取率が高くなりやすいです。熱心なファンや一部の愛好家に需要があるでしょう。シャネルの例であれば2014年のクリスマスに限定販売された「アラベスク柄コットンクラッチバッグ」などは、限定品の人気モデルの例といえます。

 

 

シャネルの限定品は高額買取

色で言えばシャネルの場合、ピンク、赤、白なども人気がありますが、チェーンショルダーやマトラッセなどのバッグであれば、定番カラーである黒は人気があります。

 

 

シャネルの買取率について

それでは、具体的にどのブランドメーカの買取率が高いのでしょうか。すでに先の説明でご案内しています通り、エルメスやシャネルは買取率の高いブランドメーカーの代表であり、特に最近の傾向として安定したブランドとしてはシャネルが挙げられるでしょう。

 

 

シャネルのバッグや財布は、新品、中古品を問わず国内外で常に人気がありますブランド品といえます。バッグが代表的な商品ですが、アクセサリーや財布のような小物も人気があって売れやすいです。また、シャネルの代表的は商品である「マトラッセ」と呼ばれるショルダーバッグは、古い中古品 いわゆるヴィンテージ品にも人気があり、比較的高い買取査定額になる傾向があります。

 

 

数あるブランドの中でも、シャネルは非常にリセールバリューが高いブランドメーカーといえます。人気のあるマトラッセなどのショルダーバッグであれば、古いヴィンテージレベルのバッグであっても数十万円以上で買い取られる品も少なくありません。

 

 

シャネルの定番商品の場合、新品販売価格に対する中古品の買取率は30パーセント前後くらいが平均です。ただし、シャネルの買取率にはバッグの素材が大きくかかわっていて、キャビアスキンやラムスキンといって革のバッグは人気が高い一方でキャンバスやナイロン、エナメルの商品は比較的買取率が低い傾向があります。

 

 

またシャネルのショルダーバッグの買取の場合、古い商品なら、100パーセントに近い買取率が出ることもあります。最近はヴィンテージシャネルとして、レトロ感のある雰囲気のものが人気を集めています。状態がきれいであれば、古い物でも非常に高い需要があるでしょう。特に人気なのはマトラッセチェーンショルダーバッグです。ブランドを代表するバッグであり、ヴィンテージ品に高い価値があります。

 

 

ヴィンテージシャネル高価買取

例えば、こちらの画像のシャネルチェーンショルダーの場合、製造番号から判断して1990年後半に製造されたバッグであることが判ります。須賀質店での買取の場合、150,000円~180,000円前後になることから、当時の販売価格に近い買取価格になっていることが判りますね。

 

 

シャネルのバッグで、高価買取価格がつけられる商品は高級な革が使用されており、ブランドを象徴するロゴがあしらわれています。ストラップがチェーンなのも特徴的なデザインです。チェーンの内側にも本体に使用されているものと同様の革が編み込まれており、丈夫でありながら高級感があります。

 

 

シャネルのバッグでは、同じモデルであっても使用されている素材によって買取率が変わります。最も高値が付きやすいのは、革素材です。特にキャビアスキンとラムスキンはとても人気です。

 

 

シャネルのキャビアスキンは、その素材は牛革の素材です。型押しの模様が粒のような形状になっており、キャビアに似ていることからこの名前が付けられました。型押しの加工が施されているために、他の素材と比べると、固い質感が特徴的で比較的丈夫で傷が目立ちません。シャネルのバッグや財布の素材として高値の買取につながりやすい素材です。

 

 

シャネルの革は傷つきやすい

シャネルの代表的な素材としてよく使われているのがラムスキンで、ラムスキンは生後1年以内の羊の革を利用しています。手に取るとすぐに感じられるほどの、なめらかで柔らかい手触りが特徴です。毛穴が小さくきめ細かいので、肌に吸い付くような感触があるでしょう。ただし、ラムスキンの欠点でもあるのですが、比較的傷がつきやすく水分にも弱いために、バッグに使われた場合、角スレやひっかき傷がつきやすい欠点があります。

 

 

シャネルの場合、キャビアスキンやラムスキンといった素材が使用されているバッグは、高い買取率を期待できます。そして、シャネルの革素材以外のものは経年劣化が激しく、手入れもしづらいです。きれいな状態をキープしづらく、買取率はどうしても低くなる傾向にあるでしょう。

 

 

シャネルバッグを高値で買い取ってもらう際のポイント

シャネルのバッグを高値で買い取ってもらうために最も有効なのは、シャネルの買取実績が多いブランド品の買取専門業者や質屋の査定に出すことです。シャネルの高価買取を狙うのであれば、正しい知識と買取実績のある店舗を選びましょう。

 

 

シャネルの買取に限った話ではありませんが、高価なブランドバッグは、できるだけ高値で買い取って欲しいですよね。廃盤になっているモデルを把握していたり、素材の違いによる価値を理解できたりする知識を持つスタッフが揃っている店舗が望ましいですトラブルなく、スムーズに査定を進めてくれるでしょう。

 

 

また、ブランド品を査定に出す時は、箱や保証書のような付属品はできるだけ揃えましょう。シャネルの場合は、特に保証書が重要です。保証書はギャランティカードと呼ばれます。このカードに記載されているシリアルナンバーが、バッグの内側のギャランテシールのものと一致しているかどうかで、正規品かどうかを判断できます。このカードの有無によって買取価格は大きく異なるので、注意して扱ってください。

 

シャネル買取にカードが大切

シャネルのバッグ買取で高価買取を希望するのであれば、できるだけきれいな状態を保っておきましょう。革素材であれば、こまめなケアやメンテナンスをしておくのが良いです。査定に出す前に軽く汚れを落とすだけでも査定額が変化する可能性もあります.ただし、先にご説明したようにシャネルにはラムスキンのような柔らかい素材のバッグもあり、やり過ぎると表面に傷が付いてしまうので、注意してください。目につく汚れだけ軽く落としておくだけで問題ありません。

 

 

シャネルの買取をお考えの方へ まとめ

今回はシャネルを高値で買い取ってもらうためのポイントを解説しました。特に最初の部分では、「ブランドごとに買取率が異なる」ご案内をいたしました。数あるブランドメーカーの中でも、シャネルの買取率は特に高いブランドであることは間違いないと思います。

 

シャネルの買取は高い

シャネルのバッグ買取で、高価買取のポイントをご理解いただけたでしょうか。シャネルバッグの買取を考えた場合、店舗選びは特に大切なので、査定に出す際には、ぜひ専門の業者に依頼しましょう。このサイトの運営会社である須賀質店は、シャネルの買取実績が多く同業他社よりも高い査定価格をご案内してきました。

 

 

もし皆さんが、お手持ちのシャネルバッグの高価買取をお考えて、少しでも高く売りたいとお考えであるのならば、ぜひとも須賀質店に相談してみてください。他社の買取査定価格にご満足いただけないことがあるならば、須賀質店に相談してみることをお勧めいたします。

この記事を書いた人
T.K
2018年より須賀質店で働き始めました。質屋で仕事をする前はフリーのライターとして雑誌の記事投稿や、ブログサイトの更新などに記事を書いてきました。 先輩社員の方々に商品の知識や査定の方法について、教えていただいている最中ですが、今のところ文字を書く方が得意なので、仕事で覚えた知識や出来事をWebサイトに書いてゆくつもりです。 取り扱い商品の中では、時計に興味があり勉強中なので、時計の質入れをお考えの方はよろしくお願いいたします。