失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトンで、高額買取をしてもらうためのコツとは?

2020年3月4日

もしも皆さんがルイヴィトンのバッグを持っていて、買取に出すことを考えているならば、少しでも高額で売りたいですよね。ルイヴィトンのバッグを少しでも高値で売るためのコツはあるのでしょうか。また、ルイヴィトンの買取を考えたときに、傷や不具合はどの程度まで大丈夫なのでしょうか。

 

 

ルイヴィトンのバッグや財布の高額買取のためには、当然のことではありますが、信頼できる買取店や実績のある質屋を選ぶことも大切です。信頼ができて実績のある店舗選びのほかに、ルイヴィトンのバッグや財布などの定番商品を、高値で売るためのとっておきの方法をご紹介します。

 

 

ルイヴィトンの高価買取を紹介

ルイヴィトンを高価買取してもらう方法

ブランドバッグやブランドの財布を高価買取してもらう場合、よく言われることは、付属品も一緒に出すと高値の査定がつきやすくなります、ということですね。エルメスのバッグなどは、箱や布袋、カデナやレインカバーがあった方が高価買取査定額になることは良くあります。

 

 

シャネルのバッグや財布の場合、シリアルナンバーの入ったギャランティカードがあった方が買取査定価格が高くなります。ところが、ルイヴィトンのバッグや財布の場合、これといった付属品がありません。ルイヴィトンのバッグや財布には、布袋と外箱くらいしか付属品がないのですが、この布袋と箱の有無は買取査定価格にはあまり影響がありません。

 

 

ルイヴィトンの高価買取を考える

そのために、ルイヴィトンのバッグや財布で高価買取を期待するのであれば、エルメスやシャネルの買取の場合とは違った方法を考える必要があります。付属品以外に買取価格を引き上げる方法は、どのような方法が考えられるでしょうか?

 

 

ひとつめの方法として、購入したルイヴィトンのバッグや財布は、なるべく早めに売ってしまうのが高価買取してもらうコツといえます。その理由は、購入してから年数がたってしまうと、どうしても色褪せや傷、焼けて変色などが出やすくなります。また、ハンドル部分には手垢がついて汚れてきますし、色落ちしたりくすみが出たりします。

 

 

ルイヴィトンの高価買取

ルイヴィトンにはモノグラムという人気のラインがありますが、モノグラムにはヌメ革という材料が使われることが多いです。特にバッグでは持ち手のハンドル部分や、角部分に使われています。このヌメ革という材料は、最初は白色ですが時間がたつと焼けて飴色に変化してきて、古さを感じるようになります。

 

 

 

人気の有るルイヴィトンのバッグや財布といえども、商品によっては流行りがありますから、人気の有る旬のうちに売ってしまうのが高値査定のコツと言えるでしょう。新しいモデルが発表される前に、買取に出してしまうことやポイントといえます。

 

 

 

ふたつめの方法は、もし皆さんがルイヴィトンの商品を複数持っているなら、一緒に買取してもらうと高値の査定になります。鑑定士の立場で考えるのであれば、1点だけの買取でぎりぎりの高い買取価格を付けてしまうと、想定した価格で売れないことも考えられます。複数の買取になれば、複数の商品の買取価格を少しづつ高くして、より高い買取価格の提示をすることが可能になります。

 

 

複数売れば高価買取

そして、ルイヴィトンの高価買取を希望するのであれば、買取店や質屋で査定に出す前に、きれいに掃除しておきましょう。掃除といっても、内側のゴミやホコリを取って、外側を軽く濡らしたタオルなどで拭く程度でもかまいません。

 

 

特に女性の長い髪の毛や、ペットの毛がバッグの内側にたくさんついている商品を査定することがありますが、あまり印象は良くありません。簡単にクリーニングをするだけでも、買取査定額のアップにつながる場合があります。鑑定士も普通の人間ですから、汚れた商品を無神経に目の前に出されても、いい査定をつけたいとは思わないものです。

 

 

きれいに洗って高価買取

ルイヴィトンの買取価格の決まり方は?

ところで、ルイヴィトンの買取価格はどのように決まるのでしょうか。ルイヴィトンの買取価格の決まり方は、商品の状態はもちろん、種類によっても買取査定額が大きく違うことがあります。人気のルイヴィトンの商品であれば、買取価格は元の定価と商品の状態にもよりますが、状態がよければ定価の80パーセント程度の高価買取価格がつくこともあるのです。

 

 

現在、ルイヴィトンのバッグで人気の有るバッグ4点の事例を見てみましょう。選んだバッグは、ネヴァーフルMM、スピーディ30、パームスプリングスバックパックMM、モンテーニュMMの4点です。

 

 

商品画像 商品名 型番 定価 想定買取価格
ネヴァーフルMM M40995 164,000円 130,000円
スピーディ30 M41108 128,000円 100,000円
パームスプリングスバックパックMM M44874 248,000円 190,000円
モンテーニュMM M41056 278,000円 200,000円

 

このように、ルイヴィトンで買取価格が高いバッグというのは、市場価値が高いバッグともいえます。ここでいうところの市場価値とは、該当のルイヴィトンの商品がどのくらい需要があるかということです。中古市場に同じ商品が数多く出回っていれば、買取価格は下がってしまいます。ほしがる人が少ないために、中古市場がその商品をあまり必要としていないことになるからです。

 

 

しかし、当該の商品の在庫数が少なければ、市場価値が上がりますから高値の査定額になります。当然ながら、あまり人気のない商品は高い査定額は望めません。しかし、人気商品であっても、査定額が低くなることがあります。それは、どんな場合でしょうね。

 

 

買取相場価格が下がる

人気がある商品であっても、ある時点から供給量が多すぎてくると、中古市場が供給過多になり価値が下がってしまうことがあるのです。さらに、ルイヴィトンは海外ブランドですから、買取価格は為替相場の影響を受けることがあります。特に、円安になると海外製品の価格が上昇するために、中古市場も高めの値段設定になり買取価格も上がるのです。

 

 

ルイヴィトンの買取査定額が下がる原因

ルイヴィトンのバッグや財布で、買取査定額が下がらないために、気をつけるべきポイントが3つあります。どんなポイントなのでしょうか?

 

 

イニシャルを入れない

ルイヴィトンの商品を購入して、将来買取に出す予定であるならば、購入時にイニシャルを入れるのはやめましょう。イニシャルがあるといかにも「自分のもの」という気分になれますが、買取査定時にはかなりのマイナスポイントになってしまいます。

 

 

イニシャルを入れない

その理由は、誰でも他人のイニシャルが入ったものは使いたくないので、再販時にはかなり割安にしないと売れないからです。一度入れてしまったイニシャルは、消すことができないので、将来買取を考えているのであればイニシャルを入れるのはやめましょう。

 

 

ルイヴィトンの正規店以外で修理している

バッグ等の修理は正規店でなくても可能ですが、正規店以外の修理店に出すと、ルイヴィトンで使っていない部品や素材が使われることがあります。正規の部品や素材が使われて修理されたルイヴィトンの商品は、改造品の扱いになって、ルイヴィトンの正規ブティックでの修理を受けられなくなるために、買取査定で大きなマイナスの査定になってしまいます。

 

 

ルイヴィトンの他社の修理

また、縫製も正規ブティックでの手法と異なることがあるので、一部だけ違った縫い方になる可能性があります。このほか、自分流にカスタマイズして、色を塗ったりボタンなどのパーツを変えたりしたものも、買取査定で大きなマイナスの査定になってしまうことを覚えておきましょう。

 

 

商品のコンディションが悪い

使用状況が悪かったり保管状況などにより、傷や色褪せなどがひどかったりすると査定額が下がってしまいます。例えば、湿気のためにバッグの内側がベタベタになっている、重ね置きしたために型崩れしたバッグ、長期間フックに吊るしたためにハンドルが伸びたバッグなどは買取査定価格が下がります。また、日焼けや色褪せ、縫製のほつれ、角擦れなども査定に影響します。

 

 

しかし、ルイヴィトンは高級で高額なバッグですから、かなり状態が悪くても基本的に買取してもらえます。特に、モノグラムやダミエといった定番の人気商品であれば、悪い状態のバッグや財布であっても買取価格が付かないことは少ないです。

 

 

ルイヴィトンヌメ革焼け

しかしそうは言っても、モノグラムやダミエのような人気商品であっても、あまりに状態がひどすぎると買取を拒否される場合もあります。たとえば使用するのに困難な状態だったり、修理に費用がかかりすぎたりする場合などです。

 

 

角擦れがひどくて目立つほど大きな穴が開いていたり、持ち手のハンドル部分がちぎれている、外れてしまっているようなときは、多くの買取店や質屋は買取に難色をしめすでしょう。また、ショルダーバッグのショルダーが切れていたりすると、使用不能とみなされますから買取を拒否される場合があります。ルイヴィトンのような高級ブランドバッグを高く買取してもらうには、日頃から手入れをおこない、大切に扱うことが必要ですね。

 

 

雨に濡れたらすぐ拭き取り、保管の際は重ね置きしないで、直射日光が当たらない場所に置きましょう。ルイヴィトンのバッグは、表面がビニール加工されたPCV処理加工がされているので、水や汚れに比較的強いですが、持ち手部分の等は革が使われているので特にヌメ革が濡れたときはすぐにふき取って、シミにならないようにしましょう。

 

 

ルイヴィトンで使われているヌメ革とは、表面に塗料を塗っていない天然の革のことです。使っているうちに肌色からアメ色、茶色に変色していきますが、水が大敵なので、雨の日に使用するのは避けたほうが良いかもしれませんね。

 

 

ルイヴィトンを高く買う買取店の選び方は

ルイヴィトンのバッグや財布を買取に出す場合で、高価買取を希望する場合は、店舗選びも慎重にしなければなりません。ルイヴィトンのバッグや財布は人気商品なので、多くの買取店やリサイクルショップで買取をおこなっていますが、より高い買取金額を希望するのであれば店舗を選ぶ必要があり、買取店ならどこでもいいわけではないのです。では何を基準に、より高く買取りする買取店を選べばいいのでしょうか。他店よりも高く買取りするような、優良な買取店を選ぶには、いくつかのポイントがあります。

 

 

ルイヴィトン買取相場を熟知

ひとつめのポイントは買取相場を熟知している買取店や質屋を選ぶことです。ルイヴィトンのバッグや財布には定番商品から新しい商品まで、様々な種類があります。しかもメンズ、ウィメンズの違いや、ビジネスで使うバッグ、カジュアルなバッグなど、ラインナップもさまざまです。

 

 

このような多くのルイヴィトン商品の買取相場を熟知している店でないと、バッグや財布の正しい評価はできません。常に最新のルイヴィトンのバッグの買取相場を、情報収集している買取店や質屋を探して買取に出すのがベストです。

 

 

ルイヴィトンのベテラン鑑定士

ふたつめのポイントは、多数のルイヴィトンの買取査定の作業を経験した、ベテランの鑑定士が常駐している買取店や質屋を選ぶことです。ここでいうベテランの鑑定士というのは、ただ永年勤めて経験が長いということではありません。ルイヴィトンで正確な高価買取査定のためには、常に最新の買取相場をチェックする必要があります。そのためには、常時ブランドバッグオークション落札相場をチェックすることが必要で、情報収集をまめにおこなっている鑑定士をえらぶようにしましょう。

 

 

 

またルイヴィトン商品の、最新の商品知識も情報収集しなければならないでしょう。長年鑑定士をやっていれば、定番商品など昔からある商品には詳しくても、最新のルイヴィトンのバッグや財布はあまり知らないことがあります。このような鑑定士では正しい査定はできません。最新のルイヴィトンの買取相場をまめに収集して、最新のルイヴィトンの商品知識をチェックしているような、正確な査定ができる「ベテラン鑑定士」がいる買取店や質屋を選びましょう。

 

 

ルイヴィトンの多数の売却先

3つめのポイントは、買取したルイヴィトンの商品の高価売却先を多数持っている店舗をえらぶということです。高価査定額をつけられる買取店は、店頭で買取したバッグや財布を高値で販売できる販路を複数個所持っているものです。ルイヴィトンのバッグや財布に多数の種類やラインがあるので、どの商品も同じ販路では高価売却価格を狙うことができません。そのため、商品ごとに売れる販路を確保しておく必要があります。

 

 

 

また、傷みが激しいバッグや財布を売る販路を、国内だけではなく海外も含めて別の販売方法を確保している業者もいます。このように、いくつもの販路を確保している買取店なら、どのような状態のルイヴィトンのバッグや財布であっても、高く買取査定してくれる可能性があります。

 

 

ルイヴィトンの高価買取をしてもらうコツは まとめ

こちらのページでは、ルイヴィトンのバッグや財布を高価買取してもらうためのコツについてご案内してきました。ルイヴィトンで高価買取をしてもらうには、店舗選びがとても大切で、ルイヴィトンの買取相場価格を熟知し、常に情報収集を怠らない買取店や質屋を選ぶことが大切でした。

 

 

担当する鑑定士についても、日ごろからルイヴィトンの商品知識から買取相場まで、しっかり研究しているベテランの鑑定士に担当してもらうことが必要でしたね。ルイヴィトンに限らず、高価買取価格を希望する場合は、担当者のスキルによるところが大きいので、大手チェーン店や有名店舗だから買取価格が高いということではないということも言えるでしょう。

 

 

買取価格が高い

もし皆さんがルイヴィトンのバッグや財布で、高価買取を希望するのであれば、ぜひ須賀質店に相談してみてください。須賀質店には、ルイヴィトンの最新買取相場を世界中から収集して、店頭での買取価格に反映できる体制と、多数の商品を買取や質入れで経験してきたベテランの鑑定士が常駐しています。

 

 

皆さんがルイヴィトンの商品を高く売りたい、高く買取りしてほしいとご希望であるならば、ぜひ一度須賀質店にご相談くださいますようにお願いいたします。皆さんの期待に応えるような、高価買取価格を提示できるものと確信しています。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。