失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

クロエ パディントンの買取

2017年8月9日

パディントン 

須賀質店五反田本店でクロエ パディントンのバッグを買取しました。パディントンは、クロエというブランドを代表するバッグで、大きなカデナが特徴的なデザインで、カデナは実際にバッグの蓋を閉めておくための物では無く装飾としての役割で付いています。

 

高価査定につながるポイント、現在の相場

 

買取査定をする際に重要なポイントの一つに流行り廃り等の、現在の人気というものがあります。例えば10万で買ったバッグを売る時に5万円の値段が付いたとして、その先もずっと同じ値段で売れるかというと、そうではありません。中古品としての値段は、日々変動していて、為替レートやそのブランドのブランド力等によって大きく変わることがあり、その中でも、流行り廃りは買取査定に大きく影響する要因の一つなのです。

サッカー日本代表の本田圭佑が両腕に着けていて大きな話題になり、日本で流行ったガガミラノも当時は偽物が出回る等、中古品業界を大きく騒がせました。本田圭佑が両腕に時計を着けていた理由は分かりませんが、実は同じ時刻を指していて、日本と当時所属していたチームのある国の時刻を表示していたわけではないそうです。

また、2017年6月30日に南青山の期間限定ストアで販売された、ルイヴィトンとシュプリームというカジュアルブランドのコラボ商品は発売前から大きな話題となり、発売当日にはおよそ5,000人が並び、南青山か渋谷までの大行列になりました。現在ネットオークション等では高値で取引されていて、40万円程の定価のバッグが70万円前後で取引されていたりします。

上記の二つは極端な例ですが、この様に流行り廃りは買取査定の際には大きなポイントになります。

 

クロエ パディントン現在の相場

 

クロエは、ギャビー・アギョンが1952年にフランスで設立した、大人の女性向けの商品を展開するブランドで、バレエ音楽のダフニスとクロエがブランド名の由来になっています。パディントンのバッグは2005年に発表され、独特のデザインがうけ大人気となりましたが、それから10数年たった今では当時の人気は薄れてしまい、現在の中古品相場では中々高値を付けられない状態です。お持ち頂いたパディントンのバッグは、綺麗な状態でしたが、使用感があり、一般的な中古品というような状態でした。現在の相場でお付け出来る目一杯の金額、12,000円で須賀質店本店で買取いたしました。

 

まとめ

 

須賀質店では日々、多種多様な品物が持ち込まれます。残念ながらヴームが過ぎてしまい現在では高価査定の難しい品物もあります。ですが、少しでもお客様のお役に立てるように、積み重ねたデータと、最新の相場を駆使して、池袋、五反田、渋谷全ての店舗で熟練のスタッフが対応致しますので、一度査定だけでもいらしてみてください。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、お客様に満足して頂けるように日々研鑽を重ね、努力して参ります。

 

 

 

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス