失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン モノグラム 4連キーケースを買取

2018年1月9日

図1須賀質店渋谷営業所でルイヴィトンのキーケースを買取いたしました。ルイヴィトンの定番のラインであるモノグラム柄で4蓮のキーケースでしたが、状態が良くなく、かなりの使い込みによる黒ずみがたくさんありましたので買取査定額は2,000円となりました。

 

ルイヴィトンのモノグラムについて

 

ルイヴィトンで一番有名なラインはなんといってもモノグラムラインです。同じモノグラムに派生したラインでモノグラムアンプラントやモノグラムヴェルニなど色々シリーズがありますが、一番人気があるのは今回買取のキーケースと同じモノグラムです。

 

定番のバッグや財布には必ずといっていいほどモノグラム柄からも発売していて、かつ高い人気を誇っています。定番のバッグとは例えばネヴァーフルやアルマBB、キーポル、スピーディなどでそれらのバッグには必ずモノグラムからも発売されています。

 

モノグラムは1897年に誕生した長い歴史を持っていて、模造品対策として作られたことは有名な話で、デザインには日本の家紋から大きな影響を受けていると言われています。

 

モノグラムは革ではなく塩化ビニールのコーティングで出来ているため丈夫で軽く、非常に長持ちすると言われています。

 

089-201709160822_2ルイヴィトンのキーケースについて

 

ルイヴィトンのキーケースは色々なラインから出ていますが、多いデザインは今回買取いたしましたキーケースと同じデザイン、もしくはキーケースの輪っかの数が6つのタイプが非常に多いです。このデザインはモノグラムだけでなく、ダミエ、エピ、ヴェルニなど主要なラインでは必ず製造されていて、どれも輪っかの数が4つの4連キーケース、もしくは輪っかが6つの6連キーケースがです。

 

4連、6連どちらも人気の面では同じくらいですが定価が6連の方が高い分、買取査定額、質預かり査定額どちらも6連の方が同じ状態なら高くなります。

 

最近では別のデザインのキーケースも発表されていて、そちらのキーケースの方が人気が上回っていているようでもあります。

 

今回買取のキーケースについて

 

今回買取のキーケースは4連の定番のもので、M62631という型番のキーケースでした。定価は税抜きで21,000円のモデルで新品ですと買取で15,000円前後になってくるものですが、今回は非常に状態が良くなかったため安くなってしまいました。

 

このキーケースは使っているうちに金具部分の近くが黒ずんでくる特徴があり、もちろん今回のキーケースもしっかり黒くなってしまっていました。

 

また使い込みによる型くずれのソリが起こってしまっているのと、モツレも確認出来ましたが、このキーケースは人気があり、状態が悪くても売れることを知っていたため買取査定額は2,000円となりました。

 

まとめ

 

須賀質店では腕時計、ブランドジュエリー、宝石貴金属やブランドバッグなどの買取をしております。池袋、渋谷、五反田と都内に3店舗あり、どちらの店舗でも査定額は同じなのでご都合の良い店舗にご来店ください。すべての店舗に熟練された鑑定士が常駐しており、スピーディーに高価買取査定を行います。すべての鑑定士が古物商の免許を持っているプロだけが参加することができる業者間オークションに毎月参加をしているためリアルタイムの最新の相場を把握しており、それにより業界最高値を提示することが可能となっています。高価買取をご希望であれば、須賀質店にご来店くださいますようよろしくお願いいたします。

 

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のルイヴィトン相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス