失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

14金の金製品を買取

2018年9月13日

1 

須賀質店五反田本店で、14金、ダイヤモンド、ルビー、サファイア付きの指輪を買取いたしました。金の品位を示す刻印は585とあり、これは58.8%の金という事で14金になります。日本では24分率で表記される事の多い金製品は、純金を24金、75%の金を18金、58,5%を14金と呼びます。日本で作られた製品の多くは、K18やK14といった表記の刻印が入っていますが、日本以外の国で作られた製品には、750や585といった1000分率での表記の刻印が多くなります。

 

金製品の買取

 

金製品の買取を行う際にはどのようにしてお値段を付けているのかご説明いたします。

 

今回お持ちいただいたお品物は、実はデザインだけを見ると有名高級宝飾品ブランドに似たデザインのシリーズがあります。仮定の話にはなってしまいますが、もし今回お持ちいただいた指輪がそのブランドジュエリーであれば買取価格は10数万円となっていたと思います。それは金製品というよりもブランドジュエリーというお品物としての買取となるためです。例え同じデザインであっても、ブランドの名前で正規に売っている物かどうかで買取査定は大きく変わるのです。

 

今回のお品物は、ブランドジュエリーではなく、ノンブランドジュエリー、金製品としての買取となります。金の相場は毎日ネットやニュース等で確認出来ますが、実際の製品としての金の価格はまた別になります。金の品位や、現物としてのお値段で変わってくるからです。その日の金の相場に対していくらで買取をするのかも業者によって様々です。

須賀質店では貴金属の買取をしている店舗の中でも屈指の高値で買取を行っています。毎日ネット上で価格の公開もしていますので、安心してご来店いただけると思います。

 

14金の指輪の買取

 

今回は14金の金製品としてのお値段で買取をいたしました。金製品に最も多い18金と比べると、金の含有量が下がるため14金の価格は同じ重さの金製品の中では安くなってしまいます。それは販売された時も同じではあるので、気軽に購入する事の出来る金製品という長所でもあります。

 

ジュエリーという事で、ダイヤモンド、ルビー、サファイアが装飾に使われていましたが、宝石であれば何でも高値が付くというわけではなく、ある程度の大きさや綺麗さも重要になります。今回の指輪に付いていた宝石は、デザインとして成立させるために付いていたようなもので、質、大きさもあまり良いものではありませんでした。

 

純粋に14金の重さでの買取となってしまいましたが、だからこそ須賀質店にお持ちいただければ高値で買い取る事が可能です。須賀質店五反田本店で、9,500円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス