失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

トリーバーチ、ブレスレットの買取

2018年11月16日

須賀質店池袋営業所で、トリーバーチ、GP、ブレスレットを買取いたしました。2004年にニューヨークで誕生したトリーバーチは、比較的新しいブランドです。創業者でありデザイナーのトリー・バーチの名前を取って、ブランド名としています。手の届くラグジュアリーをコンセプトに掲げ、リーズナブルな価格での商品展開をしていて、トリーバーチの頭文字であるTを組み合わせた、クロスのようなロゴマークがブランドのシンボルです。当初は靴専門のブランドとしてスタートしましたが、バッグやアクセサリー、アパレル商品と広がりを見せています。

 

GPとは

 

GPというのは金メッキの事です。ブランドジュエリー、ノンブランドジュエリー、共に18KGPと刻印が入っている事があるのですが、これは金としての値段は付きません。金メッキは非常に薄い金を貼り付けているため、金自体の重さはほとんどないので、金メッキの製品にはお値段を付ける事は出来ないのです。

 

中古品のジュエリー、アクセサリーの買取では、この金やプラチナといった素材のお値段を付ける事が多くあり、金メッキは買取不可となってしまいます。これには例外があり、それが今回のお品物のようにブランド品である場合です。ブランドの製品として見る事が出来れば金メッキの製品にもお値段をお付け出来る事もあるのです。

 

トリーバーチ、ブレスレットの買取

 

今回お持ちいただいたのは、上記の通りトリーバーチで金メッキのブレスレットでした。トリーバーチというブランドは、販売時の価格が比較的安めに設定されているブランドであるため、元の定価が高くはありません。中古品の買取の場合、定価を上回る金額が付く事はあまりありません。アンティークやプレミアといった観点で高値が付くお品物も稀にはあるのですが、やはり中古品という性質上新品と同じような価格では買う人がいないからです。

 

また、アクセサリーやジュエリーのような商品は中古よりも新品で購入する方多く、定価から比べると大きく下がってしまいやすい物なのです。今回のお品物も、状態が悪い等の欠点はありませんでしたが、買取査定としてはあまりお付け出来ませんでした。来て頂いたお客様のためにもなんとかお値段をお付けいたしましたが、金額的には買取不可となってしまう可能性もあるお品物でした。須賀質店池袋営業所で、1,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。