失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ブルガリ ビーゼロワンブレスレットを買取

2018年12月5日

須賀質店池袋営業所でブルガリのブレスレットを6万円で買い取りました。こちらのブレスレットはブルガリのビーゼロワンというシリーズで、ホワイトゴールドを使用したお品物となります。

 

ブルガリの人気ライン「ビーゼロワン」シリーズ

 

ブルガリは1884年にギリシャの銀細工職人ソティリオ・ブルガリがイタリアのローマで創業し、現在では宝飾品や時計、香水、バッグなどを中心に展開しているラグジュリーブランドです。あまり知られてはいませんが、リゾートホテルの経営も行っています。

 

ブルガリの頭文字である「B」と、始まりを表す「01」を組み合わせたビーゼロワン(B.zero1)は、1999年に発表されたラインです。新世紀に向けたブルガリの新たなライン名にピッタリではないでしょうか?デザインは古代ローマのコロッセウムからインスピレーションを受け、 巨大な円形の筒のようなデザインにBVLGARIの文字が刻まれています。

 

今回の買取金額と18金の種類

 

 

今回買取したビーゼロワンのブレスレットは、使用に伴う傷があり、付属品は無い状態でしたが買取り額6万円の査定となりました。ブルガリのビーゼロワンシリーズは中古市場でも安定した動きを見せている事を考慮しての高額査定となりました。

 

金を使用したブランドジュエリーは一般的に18金が用いられる事が多いですが、同じデザインのお品物でも、金の色味によって買取額が変わる場合がございます。新品をブティックで買うときには同じ18金の品物なら値段が変わる事は少ないと思いますが、中古市場ではその時々で人気のカラーが高値で取引される為、査定額も変わってきます。

 

イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド(ローズゴールド)など色味が違う18金がある事はご存知だと思いますが、同じ18金でなぜ色味が違うのか?それは割り金に使われる金属の種類によって色味が変わるという事です。

 

18金とは、金の含有量が75%で、残りの25%は他の金属が使われているものです。金以外の25%の事を割り金といい、銅や銀、ニッケル、パラジウムなどの金属が用いられる事が多いです。割り金の種類や、それぞれの金属の比率を変える事によって色味の変化を表現しています。

 

今回買取したブレスレットはホワイトゴールドを使用しています。ホワイトゴールドは白色系の割り金を使っているとはいえ、75%は金であるため、地金は薄い金色に仕上がります。一般的に製品化されているホワイトゴールドのお品物は、ロジウムメッキ加工を施すことにより、綺麗な白色に輝く状態になっています。

 

須賀質店のシステム

 

 

須賀質店では鑑定書などの付属品がない状態でも買取させていただきます。しかし大きな1粒のダイヤが付いたお品物等で鑑定書などがあると、より正確な査定金額を提示することができます。

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動しております。須賀質店では日々変動する相場を反映した独自の相場検索システムを、厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが駆使し、その日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。