失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

指輪の買取、注意点と豆知識

2019年4月30日

須賀質店五反田本店で、ダイヤモンド、エメラルド付きの指輪を買取いたしました。エメラルドが一粒で0.15ct、ダイヤモンドは複数で0.29ctという刻印が入っていました。

 

石目、刻印とは

 

石目と呼ばれるこの刻印は、単位としては重さの単位で、1ctが0.2gとなっています。石目が入っている事で、そのお品物に使われているのがダイヤモンド等の天然の宝石であるという事を製造者が保証しているという意味もあります。ジルコニア等の人工石の場合は、石目を入れないものなので、石目が入っている事でダイヤモンドやエメラルドのような宝石であるという保証に繋がるのです。ただ、これはノンブランドジュエリーの場合であって、ブランドジュエリーには基本的には石目は入っていません。また、ダイヤモンド付きのノンブランドジュエリーであっても必ずしも刻印が入っている訳ではないので、買取査定のポイントの一つ、判断基準の一つとして見るべきポイントなのです。

 

今回のお品物は、石目の刻印が嘘であるような物ではありませんが、一粒が1カラットを超えるようなダイヤモンドであれば、高値を付けるために実際とは誤差のある石目が入っていたり、類似石が付いていたりする事があります。

 

我々買取を行う側は十分な注意が必要ですが、価値の低い物を高値で売りつけられたりしないようにするためにも、海外でジュエリーを購入するような事がある方は覚えておくと良いと思います。

 

指輪の買取

 

今回の指輪はダイヤモンドとエメラルドが付いてはいましたが、買取の金額としては、ほとんど金の価格のみとなります。まず、エメラルドは大きな固体が多いという特性があります。一つで0.15ctというのはエメラルドとしては小粒すぎるのです。

 

ダイヤモンドは、質の悪いものではありませんでしたが、取り立てて質が良い訳でもありません。エメラルドよりは小さな固体から値段の付きやすいダイヤモンドではありますが、それでも1,000円買取で上乗せするのが精一杯でした。

 

以上の理由から今回の指輪は、金の買取価格プラス1,000円で買取いたしました。お品物は5.0gで、最終的な買取金額は18,000円となっています。

 

ジュエリーの場合は、買取価格が金の価格となる事がよくあります。金の買取価格そのものがより高い程、指輪やネックレスのようなジュエリーに高値を付けやすい業者であるという事になるのです。須賀質店は金の買取価格では他店には負けないと思いますので、是非ジュエリー売却の際にはご用命ください。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。