失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

メレ落ちありのダイヤモンドブレスレットの買取

2019年5月10日

須賀質店五反田本店で、ダイヤモンド付きの金のブレスレットを買取いたしました。ダイヤモンドは刻印で3.01ctとありましたが、一粒取れてなくなってしまっていました。枠の金は、金製品に使われる事の最も多い18金でした。ダイヤモンドを含めた総重量で、15.2gのお品物です。

 

ダイヤモンド、メレ落ちブレスレットの買取

 

まずは、メレダイヤという言葉の説明をさせていただきます。メレとはフランス語で小粒石という意味の言葉で、0.1ctに満たないような小さなダイヤモンドをメレダイヤと呼びます。ただ、小さなダイヤモンドを全てメレダイヤと呼んでいるのでは無く、指輪やネックレス等の製品に、小さなダイヤモンドが散りばめたように付けられているものを指してメレダイヤと呼ぶのです。

 

ダイヤモンド製品には、どのくらいのダイヤモンドが使われているのか、その刻印がカラットという単位で入っているのが一般的です。この時、立爪のような一粒石のダイヤモンドであれば、その一粒のダイヤモンドを指す刻印が入っているのですが、メレダイヤは複数の小さなダイヤモンドの合計のカラット数が入っているのです。

 

そして、メレ落ちというのは小さなダイヤモンドの内1つ、ないしいくつかが取れてしまっている状態の事を言うのです。

 

今回のブレスレットで言えば、1粒のメレ落ちがありはしましたが、3.01ctという刻印から大きくずれるわけではありません。しかし、実際には現状でどのくらいのダイヤモンドが付いているのかが分からない点や、ブレスレットという製品で見た時にダイヤモンドを1粒付け足さないと、製品としての再販が難しい点が買取価格を下げる要因になってしまいます。メレ落ちがあるダイヤモンド製品にはダイヤモンドの値段を乗せないという話を聞いた事がある程です。

 

しかし、須賀質店の買取では、ダイヤモンドという価値のある物にお値段を付けないという事はありません。実際にはお値段の付かないダイヤモンド、状況というのがありはするのですが、今回はしっかりとダイヤモンドにもお値段を付けて買取をさせて頂きました。

 

須賀質店では、そもそも金の買取価格も高く設定されています。その上で、実際にはどうなるかは分かりませんが、他店では付けないかもしれないダイヤモンドにお値段を付けているにで、かなりの高価買取となっているのではないでしょうか。須賀質店五反田本店で、70,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

たまにニュースになる怪しい押し買い屋のような危ない業者でなければ、金製品はしっかりと金としてのお値段で買取をするものです。しかし、同じ金やダイヤモンドであっても、必ず高値で買取が出来るという事ではありません。

 

メレダイヤの落ち等は、その業者によって判断基準が違ってしまうために、買取価格に差が出る要素の一つではないでしょうか。壊れてしまっている金製品や、ダイヤモンドの取れてしまっているジュエリー等、須賀質店にお持ちになってみませんか?今回の買取結果を参考に信頼して頂ければと思います。

 

大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねています。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。