失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ブルガリ ルチアのネックレスを池袋営業所で高価買取

2019年7月24日

須賀質店池袋営業所でブルガリのネックレスを200,000円で買取りました。こちらはブルガリのルチアというラインのネックレスです。素材は18金イエローゴールドで、パールが10個付いたデザインのお品物です。

ルチアのネックレスの買取

 

須賀質店がブルガリについて説明します

 

ブルガリは1884年にギリシャの銀細工職人ソティリオ・ブルガリがイタリアのローマで創業し、現在では宝飾品や時計、香水、バッグなどを中心に展開しているラグジュリーブランドです。あまり知られてはいませんが、リゾートホテルの経営も行っています。

 

2011年からはルイヴィトンなどで構成されるLVMHグループに属しています。企業名のスペルについては、Uが存在しない古代ローマ時代のアルファベット表記で綴っているため、「BULGARI」ではなく「BVLGARI」という表記になっています。

ルチアの箱

 

同じデザインでも査定額が違う理由を須賀質店が解説します

同じブランドの同じデザインのジュエリーを査定に出したところ、金額に大きな差が出しまったということも珍しくありません。なぜそうなってしまうのかを解説します。

ネックレスのカン部分

一つは状態が違う場合。傷1つない状態のお品物とボロボロのお品物、皆さんもお分かりの通り査定額が違って当然です。

 

二つ目は素材が違う場合。ブランドジュエリーの多くは18金かプラチナ950が用いられますが、この2つの素材は1g当たりの相場も大きく違います。重さが重くなるほど開きは大きくなるので、査定額もおのずと違ってきます。

三つ目はサイズが違う場合。ブランドにより表記は様々ですが、S/M/L/XLなどで区別されているお品物もあります。仮にSサイズは10g・Lサイズは30gだとすると素材の価値だけで3倍の開きが生じますね。

 

須賀質店ではこうした細かい部分もしっかり判断できる査定員が各店舗に常駐しております。査定をご検討中の方は安心してご来店下さい。

 

ブルガリ ルチアのネックレス買取についてのまとめ

 

今回の記事ではブルガリ ルチアのネックレス買取について解説しました。この記事を書いている須賀質店では、五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所の各店舗にブランドジュエリーの査定に精通したスタッフが常駐しております。

 

ブルガリをはじめカルティエ、ティファニー、ハリーウィンストンなど数多くのブランドを取り扱ってきた実績があり、アイテムもネックレス、リング、ピアス、ブレスレットなどブランドジュエリー全般の買取査定が可能です。

 

ブルガリのルチアネックレスの場合、今回はパールが付いたデザインでしたが、マルチストーンやダイヤモンド付き、宝石がないタイプなど数多くの種類が存在しています。1つひとつに買取相場が存在し、サイズや種類によって適正な買取価格を提示しなければお客様や須賀質店が損をしてしまう事になります。

 

お品物の種類を正確に見分けられるスキルを持っている須賀質店の各スタッフが、五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所の各店舗にてお客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

ブルガリのリング買取事例←こちら

ブルガリのネックレス買取事例←こちら

ブランドジュエリー(取扱い品目一覧) ←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。