失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

0.2ct台のルースダイヤモンドの買取

2019年10月3日

ダイヤモンド ソーティング 買取

須賀質店五反田本店で、ダイヤモンドの買取をいたしました。今回は0.264ct、K、VS-1、Goodというスペックのダイヤモンドでした。中央宝石研究所のソーティングが付いた状態でお持ちいただいたので、査定はそのスペックを基準に行っています。

 

ダイヤモンドの買取

 

ソーティングというのは、ダイヤモンドのスペックを鑑定した機関が発行する、簡易報告書といった物で、多いのはビニールの袋の表面にスペックを記載している物です。

 

実は、ダイヤモンドのスペックというのは、人間の目で見て決めるため、見る人によって違ってしまう事があります。鑑定機関にも信頼されている所とそうでない所があるため、基本的には信頼されている鑑定機関以外の鑑定であれば、それを頼りに査定をする事はしません。

 

また、ソーティングや鑑定書が、お持ちいただいたダイヤモンドの物であるのかを確認する方法が無いため、基本的には自分の目で見て確認したスペックで買取査定をいたします。

 

今回は、日本国内の鑑定機関の中では最も信頼を置かれた鑑定機関の一つである、中央宝石研究所のソーティングが付いていました。

 

ルーペを使って確認をして、ダイヤモンドとソーティングが一致していると判断出来たため、ギリギリのお値段で買取をいたしました。

 

ルースダイヤ 0.2ct 買取

カラーグレードのKというのは、そこだけ見るとあまり質の良い物ではありません。画像を見ていただくと、黄色く見えるのがお分かり頂けるかもしれません。ダイヤモンドは、基本的には無色透明である程質が良いとされ、黄色味を帯びていく程に質が下がっていきます。Kは上から数えて8番目のカラーグレードであり、どちらかと言えば悪いという程度です。

 

さらに、0.2ct台のサイズというのも、ルース(製品になっていない宝石だけの状態)のダイヤモンドとして見ると、かなり小さな物で、高額な査定になる事はほとんどありません。

 

これぐらいのダイヤモンドであれば、お値段を付ける事が出来ず、買取を断るといった場合もあるのですが、内包物の少なさ、カットがラウンドブリリアントカットでそのグレードも悪くない事等の理由で、お値段を付けさせていただきました。須賀質店五反田本店で、6,000円で買取いたしました。

 

ダイヤモンド、0.264ctの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

関東近郊にお住まいの方でしたら、ダイヤモンドを売却する時には須賀質店をよろしくお願いいたします。

 

質屋として100年営業する中で培った知識と経験を基に高価査定で買取を行っております。100年という年月は、それだけでも須賀質店に対して安心して頂ける思います。

 

五反田、渋谷、池袋の三店舗で営業している是非ご来店ください。

 

 

ダイヤモンド、他の買取事例←はこちら

宝石の買取についての解説←はこちら

ダイヤモンドの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。