失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ノンブランドジュエリー、トンボの形をした金のブローチの買取

2019年11月22日

須賀質店五反田本店で、トンボの形をしたブローチを買取いたしました。素材は18金でホワイトゴールド、ダイヤモンドが0.16ctほどあしらわれていました。昆虫の形というのは、ジュエリーのモチーフとしては定番です。蝶々やてんとう虫等も思い浮かびますが、今回のお品物のようなトンボというのも定番ではないでしょうか。

 

ティファニーからも英語名のドラゴンフライという名前で、トンボの形をしたジュエリーが販売されています。今回の商品はブランドジュエリーではなく、ノンブランドジュエリーでした。

 

トンボの形をしたジュエリーの買取

 

トンボの形をしたジュエリー、ティファニーからも発売されている程人気があり、定番のモチーフではありますが、買取としてみるとやはりお付け出来るのは素材のお値段になります。

 

ノンブランドジュエリーをお店で買うとなると、ブランドの名前が乗っていない分、ブランドジュエリーよりも安くはなりますが、それでも作るのに掛かった手間暇や人経費等々が掛かっているので素材の金額で売っている事はないでしょう。

 

しかし、それが中古品市場に出た時にも値段に反映されるわけではないため、やはり付ける事が出来るのは金としてのお値段が基本となります。

 

それでも、金の値段の高騰している今であればこそ、高価査定となることでしょう。

 

今回のブローチは重さが3.2gありました。買取金額としては単純に18金の1gあたりの買取金額かける3.2という査定になります。

 

お持ちいただいた日の18金の買取金額は4100円/gとなっていました。大変申し訳ないのですが、須賀質店では金の買取金額をあまりに高額に設定し過ぎているため、100円以下は端数として切り捨てさせて頂いております。

 

ダイヤモンドに関しては、質、大きさ、量を鑑みてお値段を上乗せする事は出来ませんでした。ダイヤモンドは大きさと質があってこそ高値が付くものなので、今回の査定は重さかける金のお値段となっています。

 

3.2gかける4100/gで、須賀質店五反田本店で13,000円で買取いたしました。今回のお品物はあまり高価査定の出来たものではありません。しかし、そういったお品物の紹介もさせて頂くと共に、須賀質店の貴金属の買取の高さをご紹介させていただきます。

 

トンボの形をしたジュエリーの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。

 

大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。

 

お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。