失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルースダイヤモンドの買取、1ct程度、I-3

2020年3月26日

ルースダイヤモンドの買取須賀質店渋谷営業所で、およそ1ctのダイヤモンドの買取をいたしました。ダイヤモンドに限らず、宝石は基本的に重さを基準に取引され、その重さの単位がct(カラット)です。1ctが0.2gであり、ある程度大きいと判断される大きさの1ctであっても重さはそれしかありません。

 

しかし、ダイヤモンドであれば0.1ct変わるだけでも取り扱い金額が大きく変わってしまいます。石だけの状態でそれほど細かな重さを量るのは難しく、専用の機材も必要になってしまいます。

 

何の情報も無い状態で、ダイヤモンドを石だけの状態でお持ちいただくのは、買取査定於いて、かなり判断が難しくなってしまうのです。

 

ジュエリー等の製品であれば、ダイヤモンドのカラット数は、刻印が入っているもので、それを確認して買取査定をする事が可能になります。

 

今回お持ちいただいたのは石だけ、ルースや裸石と呼ばれる状態のダイヤモンドでした。買取査定について、どのようにしてお値段をつけたのか解説をさせていただきます。

 

ルースダイヤの買取、1ct程度の場合

 

まずダイヤモンドについてですが、自然界に存在する物質の中で最も硬いと言われていて、その美しさから、古くから宝石として愛され続けてきました。

 

ルースダイヤモンドの買取しかし、天然の宝石であるため、質はまちまちで、全てが宝石と呼ばれ、指輪等のジュエリーに加工されるわけではありません。宝石としての質の良く無い物、つまりは綺麗では無いダイヤモンドの場合はその硬さをいかして工業製品としても重宝されているのです。

 

実は、今回の買取査定でお持ちいただいたダイヤモンドは、宝石と呼べる質の物ではありませんでした。

 

重さ以外にダイヤモンドの価値を決める要素は、色、内包物、形の三点です。今回お持ちいただいた物は、特に内包物があまりに多すぎる、大きすぎるような質の物だったのです。

 

ルースダイヤモンドの買取買取後に、専門の鑑定機関での鑑定を行いI-3という結果が出ました。ダイヤモンドの価値として、内包物の点に於いては最低ランクと言える結果でした。

 

このような質のダイヤモンドを使って作られるジュエリーというのは、ほとんどありません。質としては工業用に近いダイヤモンドであると言えます。一応ジュエリー等に使われる、ラウンドブリリアントカットというダイヤモンドが一番美しく見えるカットが施されてはいますが、それでもです。

 

高級品であるというイメージの強いダイヤモンドですが、どんな質の悪い物であっても高値が付くわけではありません。これがもっと小さな物であれば、買取そのものをお断りする結果になっていたと思います。

 

しかし、ルースの状態であっても、1ct程度の重量はあるであろうと、経験則とグラム単位での計測から判断してお値段を付けさせて頂きました。

 

今回は質の良く無いダイヤモンドであったため、高額な買取ではありませんでしたが、これは質の良いダイヤモンドの買取でも同様の判断が出来るという事です。一粒で数十万円から数百万円お付けする事の出来るダイヤモンドも多数あります。

 

ルースダイヤを売却する際にお困りでしたら、是非須賀質店をご利用ください。

 

最後になりましたが今回の買取は、須賀質店渋谷営業所で、3,000円の買取となっております。

 

1ct程度のルースダイヤの買取を通してのまとめ

 

実は、どんな物でも買取査定というのは、それを見る人物、判断をする会社の方針等によって金額が違う事をご存じでしょうか?

 

金やプラチナといった、買取金額に差が出難いように見える物でさえ、大きく違いが出る事があります。

 

まずは、須賀質店のホームページの貴金属の買取価格を見て頂きたいと思います。須賀質店のホームページだけを見ても分かり辛いかもしれませんが、どこにも負けない高値で貴金属の買取を行っております。

 

もちろん、貴金属以外にも時計、バッグ等の買取を高価査定で行っております。

 

質屋として大正9年に創業して100年程が経ちました。現在では、本店の五反田の他にも池袋、渋谷にも営業所を構えて、三店舗で営業しております。どのような商品をお持ちいただいても、全店舗で高価査定で買取が出来るように心がけております。

 

さらに、日々変動する貴金属の値段、そして中古品の相場に対応出来るようにシステムを構築して、現在の相場で迅速に買取査定を行えるようにしております。

 

もし何か不要な物がありましたら、ブランド品のバッグ、時計、貴金属、カメラ等々、須賀質店に買取のご用命をお願いいたします。

 

お客様にご満足いただける買取金額と、丁寧な対応でお待ちしております。

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。