失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ホワイトゴールド製、ダイヤモンド付きカフスを買取

2017年12月8日

東カフス須賀質店五反田本店で、ホワイトゴールド製、ダイヤモンド付きのカフスを買取いたしました。ダイヤモンドの付いたカフスの本体部分は18金のホワイトゴールドですが、足の部分は14金のホワイトゴールドで、重量が左右あわせて16.8gのお品物です。

 

ホワイトゴールド製、ダイヤモンド付きカフスの買取

 

今回の買取査定は、ノンブランドジュエリーなので素材に対する価格が買取査定の基本になります。全体の重さは16.8gですが、金の含有率の違う18金と14金が使用されていて、どちらが何グラムなのかが分からないので目算で、それぞれのグラムを出して価格を計算します。こうような判断を、出来るだけ誤差の無いように目算で算出するには、須賀質店のスタッフのような経験と実績が必要になり、14金の割合を大目に取りすぎてしまえば、買取査定の結果が安くなりすぎてしまいます。

 

通常のノンブランドジュエリーであれば、ダイヤモンドが使用されている場合には、石目と呼ばれる刻印があり、カラットの単位でどのくらいのダイヤモンドが使用されているのかが分かります。しかし、今回のカフスには石目の刻印がありませんでした。左右それぞれに0.14という刻印はありましたが、使用されているダイヤモンドはあきらかに0.14ctよりも多く、0.14ctでの計算ではお品物の買取査定が安くなりすぎてしまいます。一番最初にこのカフスが作られた際には0.14ctのダイヤモンドが付いたお品物で、後にダイヤモンドを持ち主が追加で付けたという様な事が考えられます。

須賀質店のスタッフが自分の目を信じて買取査定を行った事で、0.14ctという石目ではお付けする事の出来ない高価査定となりました。

使われているダイヤモンドは質の非常に良い物で、こちらも目算になりますが、左右の合計で3.0ct程度であると判断いたしました。

 

買取現場に慣れた須賀質店のスタッフだからこそ、ダイヤモンドの石目を刻印を見るだけでは判断せず、また、18金と14金の割合も誤差を少なく反映させた買取査定が出来たと思います。須賀質店五反田本店で、110,000円で買取いたしました。

 

お品物から読み取れる情報

 

今回のお品物のようにダイヤモンドの石目に明らかな誤差のある刻印はあまりありませんが、お持ち頂くお品物にはそれぞれに見なければならないポイントがあります。そのポイイントから得た情報を正確に反映させるには、実践経験や、正しい知識を身に付けておく事が重要です。

 

須賀質店のスタッフであれば、どの店舗の担当者も熟練の腕と、見る目を持っているので安心してご来店ください。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店の指輪相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス