失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カシオ、Gショック、マッドマスターの買取

2018年11月6日

須賀質店池袋営業所で、カシオ、Gショック、マッドマスター、GWG-1000の時計を買取いたしました。デジタル表示とアナログ表示の両方を搭載しているモデルで、耐久性の強いGショックの中でも高い性能を誇る時計です。砂や泥が時計内部に侵入し故障する事を防ぐために新開発された防塵、防泥機構を備え、ジャングルや砂漠、過酷な状況下での使用も想定されています。さらに、時計としての機能だけではなく、サバイバルにも適用出来るように、高度、気温、方位等を測るセンサーが内蔵されています。

 

Gショックブーム

 

1983年に発売されたカシオのGショックは、落としても壊れない「常識を覆す腕時計の開発」をコンセプトにスタートしました。アメリカに輸出された際には、アイスホッケーのパックの代わりにしても壊れないというキャッチコピーでテレビCMが流されましたが、これが誇大広告ではないかと意見が寄せられる事になります。しかし、実際に放送された検証番組の中で、プロのアイスホッケー選手のシュートによっても機能が失われなかった事でアメリカでの人気を確たるものとしました。

 

日本では1995年頃に大きなブームとなり、当時はGショックを購入するために開店前から行列が出来るほどでした。イルカ・クジラモデル、通称イルクジや、ラバーズコレクション、ラバコレといった限定品が登場し高い人気を集めていました。

 

そして、1990年代のブームが終わり定番の時計として認識されるようになってきましたが、2010年以降からまたさらなるブームとなっていて、1990年代のブームの頃よりも出荷本数は多くなっているそうです。

 

カシオ、Gショック、マッドマスターの買取

 

陸海空をテーマにし、その中で陸を司る高スペックモデルがマッドマスターになります。最近発売されるGショックに多いようにお持ちいただいたお品物もソーラー電波時計で、時刻を合わせる必要がなく、電池交換もほとんど必要のないモデルです。

 

Gショックは耐久性に優れた時計ではありますが、使用している方の多くは耐久性を要求するような使い方ではなく、街中でファッションとして使っている方が多いと思います。買取査定でお持ちいただくGショックも、別段ボロボロになってしまっているようなものは少なく、むしろ綺麗なものが多く持ち込まれる印象です。今回お持ちいただいたGWG-1000の時計もほとんどキズ等はなく綺麗な状態でした。

 

Gショックには、あまり高額ではないモデルが多く買取査定では1,000円程になってしまう事も多くあります。しかし、今回お持ちいただいたのはスペックも高く、元々の定価も高額なお品物です。数千円というような買取にはなりませんでした。須賀質店池袋営業所で、20,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。