失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

リシャールミル バッバワトソンの時計を買取

2019年2月5日

須賀質店五反田本店でリシャールミルの時計を400万円で買い取りました。こちらの時計はバッバワトソンというシリーズの時計です。

リシャールミルの買取

 

リシャールミルについて須賀質店が解します

 

 

リシャールミルは2001年にスイスで創業しました。創業者はリシャール・ミル(Richard Mille)氏です。

 

新品の値段は数百万から数億円と、高級機械式時計を超越した「腕時計のF1」や「エクストリームウォッチ」をコンセプトとするブランドです。軽量かつ極限状況でも使用可能な機械式腕時計を製造する為に、素材はマグネシウムやナノカーボン、チタンなど特殊な部品を多用しています。F1や航空宇宙産業において使用される先端素材や最新技術も取り入れ、完璧さを追求した唯一無二の究極の時計を世に送り出しています。

 

アンバサダーにはスポーツ選手やレーシングドライバーなどが起用されているので、腕時計が好きな方以外にも、スポーツやF1の趣味を持つ一般ファンの間でも認知されているブランドではないでしょうか。

希少な素材が多いリシャールミル

 

今回のリシャールミル バッバワトソン買取金額と査定のポイント

 

 

今回買取したリシャールミルの時計は、ベゼル部分に汚れがある状態で買取400万円の査定となりました。

 

買取したバッバワトソンというモデルは、ホワイトラバー加工されたチタン製のお品物で、ベゼルは2,000バールの高圧で射出された酸化アルミニウム・パウダー・チューブで作られた「ATZ」という素材が使われています。こういった特殊な素材は容易に修理ができないので、汚れやキズ等がついてしまう査定額に影響が出る事があります。

 

多くの腕時計に使われているステンレススチール(SS)は大きなキズや凹みでなければ、多くの職人が磨き作業を行いますが、特殊素材はメーカーでの対応となりますし、修理ではなくパーツ交換となると莫大な費用がかかる事もあるので注意が必要です。

 

須賀質店では壊れて動かない時計も買取しております。弊社では提携している時計修理業者があります。お品物にもよりますが、お客様が修理して査定にお持ちになるよりも修理費用を安く抑えることが可能です。査定額は通常の金額から弊社の修理費用を引いた金額の提示となりますので、結果として高額査定になる場合が多いです。お品物の状態で少しでも気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

壊れている場合は修理費用が高額になる

 

リシャールミル バッバワトソン買取についてのまとめ

 

今回の記事ではリシャールミル バッバワトソンの時計買取について解説しました。リシャールミルは様々な革新的素材を腕時計に積極的に採用して人気を得ているブランドですが、珍しい素材という事は扱う業者が少ないという事になります。

 

売却するときに関わる買取店、壊れたときに修理を依頼する修理業者など、取扱いが無ければ取引をお断りする事もあるでしょう。この記事を書いている須賀質店では、ロレックス等と比べれば買取事例は少ないですが、リシャールミルもしっかり査定し高額査定させていただきます。売却をお考えの際は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

須賀質店へのLINE査定依頼←こちら

お問い合わせフォームから須賀質店への査定依頼←こちら

須賀質店の買取の流れ←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。