失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックスで資産価値の高いものの特徴とは?

2020年2月24日

「ロレックスの腕時計にはどれくらい資産価値があるのだろうか。」「ロレックスの時計の中で、特に資産価値の高いものの特徴が知りたい!」ロレックスの腕時計にはどれくらい資産価値があるのでしょうか。もし、皆さんがロレックスの時計を持っていたり、これからロレックスの購入を考えているのであれば、どんな特徴があれば資産価値が高くなるのか気になりますよね。そこで今回はロレックスの腕時計の資産価値について紹介します。

 

 

ロレックスの資産価値を解説

ロレックスの腕時計の資産価値とは?

ロレックスは、誰もが知る時計の超有名ブランドです。有名な腕時計のブランドメーカーは他にもありますが、ロレックスは特に資産価値が高い時計であるといわれています。ロレックスにはたくさんのシリーズやモデルがありますが、どのモデルもデザインや機能をはじめとして、幅広い点で世界的に高く評価されています。

 

 

ロレックスの時計は世界的に高い評価を受けているので、世界中でたくさんの需要があります。時そのために、時代を問わず場所を問わす、時計としての資産価値が下がりにくいでしょう。またロレックスは、販売数が少ないモデルが多いのも特徴的です。そして、限定モデルも数多く存在します。ほしい人はたくさんいるにもかかわらず、求められるだけの数量を生産しないということですね。

 

 

たくさんの人が欲しがるような希少価値の高いモデルは、正規店であってもなかなか見つけられない場合があります。どうしても手に入れたい人は、割高に販売されている並行輸入モデルを探すことになるので、ロレックスの正規店で見つけられないモデルは、定価よりも資産価値が高くなることも多々あるでしょう。

 

 

資産価値の高いロレックス

またロレックスの時計は、非常に頑強で高性能なのも資産価値が高い理由の1つです。オイスターケースと呼ばれる強固なケースを採用し、ねじ込み式リューズが高い防水性能を発揮しています。強固なオイスターケースが、精密機械である時計のムーブメントを守っているので、故障することはめったにありません。そしてメーカー保証は5年間もあり、とても安心できます。

 

 

以上のような理由から、ロレックスは資産価値が非常に高い時計であるといえます。世界中で人気がある上に大量に流通していない点や、デザインや機能、希少価値とさまざまな面において高く評価されているのです。

 

 

ロレックスの時計で、資産価値の高いものの特徴は?

一口にロレックスの腕時計と言っても、多種多様なモデルが存在します。ロレックスの時計を大まかに分けると、ロレックスデイトナのようなスポーツ系ウォッチと、ロレックスデイトジャストのようなドレスウォッチに分類できるのではないでしょうか。

 

 

価値の高いロレックスを紹介します

ロレックスの腕時計で資産価値に注目した場合に、どのような特徴を持っていれば資産価値が高いといえるのでしょうか。以下では、ロレックスの腕時計で資産価値が高いものの特徴を紹介します。

 

 

希少価値が高いモデル

まず挙げられる特徴は希少価値の高さです。限定モデルや生産数の少ないモデルは非常に資産価値が高いでしょう。供給数が少ないのに対して、あまり出回っていない数少ないモデルを欲しがる人が世界中にいるからです。

 

 

例えば、ロレックスにはデイトナというスポーツモデルがあります。このデイトナというシリーズの誕生は1960年代までさかのぼるので、初期モデルであるRef6239、Ref6262といった古いモデルは、現在でも販売価格で700万円~1000万円す希少モデルといえます。

 

画像 メーカー名 商品名 型番 買取価格相場
ロレックス デイトナ 6239 700万円~1000万円程度
ロレックス デイトナ 6262 700万円~1000万円程度

 

またロレックスには、こうした古いヴィンテージモデルでなくとも希少性があるモデルが存在します。ロレックスデイトナにはRef16520という種類があって、1990年代に発売された比較的新しいモデルが存在します。

 

 

このロレックスデイトナRef16520とは、ムーブメントにゼニス製エルプリメロというクロノグラフ機能がついた機械が使われていることでも有名な時計です。このロレックスデイトナRef16520は、最終版といわれているシリアル番号がPで始まるモデルや、その前のシリアル番号がAで始まるもでるは、他のRef16520よりも高額な買取価格で取引されています。

 

 

人気のあるモデル

ロレックスの人気のモデルは、常に資産価値が高い傾向にあります。ロレックスの時計の中でも、スポーツモデルはとりわけ人気が高いモデルであるといえます。ロレックスのスポーツモデルは、時計にあまり詳しくない方であっても、誰もが知っているモデルです。こうした誰でもがすぐに思い浮かぶモデルは、常に買取相場が安定していると言えるでしょう。

 

 

ロレックスのスポーツモデルの中でも、特に人気が高くて王道とも呼べるモデルは、サブマリーナでしょう。ロレックスのサブマリーナは、ロレックスの創業当初である1953年に発表されたモデルで、当時としては画期的な高い防水性能を持つダイバーズウォッチです。

 

 

ロレックスサブマリーナは現在でも生産されていて、大きく分けると日付機能の有ある116610LNと、日付機能が無い114060と、2種類に分けられます。どちらのモデルも普遍的なデザインであり、ダイバーウォッチのデザインを広めた先駆的な存在です。

 

画像 メーカー名 商品名 型番 買取価格相場
ロレックス サブマリーナ 116610LN 1,000,000円程度
ロレックス サブマリーナ 114060 900,000円程度

 

サブマリーナと同年代に発表されたエクスプローラーも、ロレックスのスポーツモデルの中でとても人気のスポーツモデルです。エクスプローラというモデルは、ロレックスという会社が未開地への探検ブームをPRするために、エベレスト登頂の偉業を受けて発表したモデルといわれています。

 

 

このエクスプローラというモデルは、シンプルで洗練されたデザインに魅力があり、素材はステンレスのみで、現在の最新モデルである214270型にいたるまで、日付機能もありません。そのため、高い視認性があるモデルであるといえるでしょう。

 

画像 メーカー名 商品名 型番 買取価格相場
ロレックス エクスプローラⅠ 214270 600,000円程度

 

 

ロレックスのGMTマスターも特別な人気があるモデルといえるでしょう。ロレックスのGMTマスターの誕生は、もともとはフライトパイロットに向けて作られたモデルであるといわれています。このロレックスGMTマスターは、24時間針と回転ベゼルにより、2つの地域の時間を読み取れる機能があります。

 

 

発売当初は赤と青の大型のベゼルが使用され、とてもインパクトのあるデザインでした。GMTマスターの特徴的なベゼルは、その後、赤+黒、黒のみ、金+茶、青+黒などさまざまな組み合わせが登場し、材質もステンレスからアクリル、セラミック製へと変化しています。このロレックスGMTマスターも、中古市場においても人気があり、資産価値が高いモデルといえるでしょう。

 

画像 メーカー名 商品名 型番 買取価格相場
ロレックス GMTマスターⅠ 116710ln 950,000円程度

 

また、ロレックスのハイクラスなスポーツモデルで、特に資産価値が高いのはデイトナと呼ばれるモデルです。ロレックスデイトナは1961年に発表されたモデルで、この時以来ストップウォッチ機能が付いたスポーツモデルとして注目されて、数あるモデルの中でも人気や知名度は抜群に高く、常に品薄状態になります。

 

 

そのためロレックスデイトナというモデルは、正規代理店や百貨店の店頭に並ぶことはほとんどありません。もしも購入する場合は、ほとんど並行輸入品か中古品を検討することになるでしょう。ロレックスデイトナは、発表されて50年以上経過したモデルですが、新作が出るたびに古い型番の中古値段が値上がりするという特徴があります。

 

 

生産の終了したモデル

生産が終了しているモデルは、希少価値がとても高まるので資産価値が高いです。熱心なファンにとっては、とても価値のあるものです。もし既に生産を終了しているモデルを持っている場合は、状態を保つためにきちんと保管しておきましょう。

 

画像 メーカー名 商品名 型番 買取価格相場
ロレックス GMTマスター 16700 950,000円程度
ロレックス GMTマスター 116710ln 950,000円程度

 

例えば、先説明したGMTマスターの時計ですが、現在市場に出回っているモデルは116710LNやというモデルです。この2世代前のモデルで、16700というモデルは1999年に製造中止になっているモデルですが、いまだに中古ロレックス市場では人気が高く、現行品と同じくらいの買取価格で取引されています。

 

 

未使用状態のもの

ロレックスの時計に限ったことではありませんが、やはり新品未使用のものは資産価値が高まります。ロレックスの場合、ほしいモデルが新品で手に入らないことが多いので、中古で腕時計を検討する場合が多いのですが、もし出来ることであれば、新品で状態の良いものを手に入れたくなりますよね。

 

 

時計本体が未使用状態であったとしても、箱や保証書のような付属品があるかどうかも重要なポイントです。ロレックスのスポーツモデルのように、もともとの希少価値が高いモデルであれば、未使用状態の時計であればさらに資産価値が上がるかもしれません。

 

 

資産価値を高めるには

ロレックスの時計で資産価値を高めるには、いくつか注意すべきポイントがあります。まず最初に注意すべきことは、時計をできる限りきれいに、丁寧に保管することです。最も理想的な保管方法は、新品未使用で保管されている状態です。

 

 

未使用状態で保管

例えばロレックスの時計を新品で店頭で購入し、そのままの状態で保管しておくことが可能であるならば最も資産価値が高くなる保管方法であるといえるでしょう。しかし、ロレックスの腕時計は本来身に着ける道具ですよね。日ごろから腕につけていたロレックスの時計は、どれだけきれいに使っていても汚れていきます。

 

 

時には慌ててあまり気にせずに、腕につけたロレックスをぶつけたり落としたりしてしまうこともあるでしょう。こんな時は、ベゼルやブレスレットに傷がついてしまうでしょう。どんなに注意深く使っていても、このような傷はどうも避けることはできません。

 

 

しかし、黒く汚れた汚れは落とすことが可能です。普段から使っている腕時計でも、なるべくきれいに保つ努力をすれば資産価値が下がるのを防ぐことができます。特におすすめの手入れ方法は、歯ブラシによるブラッシングです。使わなくなった歯ブラシに石鹸水をつけて、軽く磨いてみましょう。そうすると、徐々に汚れが浮き上がってきます。それを雑巾で拭き取れば、かなりきれいになるはずです。ただし、時計本体に水が入るのを防ぐために、作業の前にリューズがしっかりと締まっていることを確認してください。

 

ロレックスの汚れ落とす

 

お持ちになっているロレックスの時計を、定期的にメンテナンスをしてもらうのも有効です。3年から5年の期間を決めて、まめにオーバーホールでメンテナンスをしてもらいましょう。オーバーホールとは、時計内部のムーブメントを分解して洗浄し、新しい機械油を流しながら組み上げる作業です。時計内部の部品同士の摩耗を防ぐための潤滑油の劣化や、部品の摩耗を防げます。ロレックスの時計は比較的丈夫に作られているとはいえ、資産価値を保つために定期的なメンテナンスやオーバーホールは欠かさないようにしてください。

 

 

また、資産価値を高くする上でとても重要なのは、付属品を揃えることです。購入時の箱やコマ、保証書はできる限り保管しておきましょう。ロレックスの資産価値を保つためには、特に保証書の保管が重要です。ロレックスの場合、腕時計1点ごとに専用の保証書が付属されます。それぞれに個体番号(シリアル番号)が付与されており、5年間の保証期間が与えられているのです。

 

 

ロレックスの保証書

この保証書があることで、正規店で購入した本物のロレックスであることを証明できます。保証書の有無で、買取価格は大幅に上下する場合があり、特にスポーツタイプのロレックスの買取価格は大きく変わってきます。資産価値を大きく左右するものなので、ロレックスの保証書が手元にある場合はなくさないようにしましょう。

 

 

実際にロレックスの腕時計を手放そうと思った際に、ロレックスの資産価値を見極めて、適切な査定価格をつけられる買取業者を選ぶことも大切です。ロレックスは世界中、国や場所を選ばすに人気がある時計ブランドです。

 

 

ロレックスの買取相場の決まり方は、専門の業者だけが集うオークションにおいて取引され、そこでの落札価格を基に買取相場が決定されます。この業者専門のオークションは、日本だけでなく世界中に存在して、ロレックスのような流通量の多い時計は世界中の取引価格が日々決定されています。そのため、ロレックスの時計の価値を見極めて、高価買取価格を付けるためには、世界の市場における相場を理解した上で査定できる知識が必要です。

 

 

ロレックス買取に必要なグローバルな情報

グローバルな販売ネットワークを有し、世界水準の買取価格を反映できる鑑定士が常駐している店舗を選ぶことが理想でしょう。適正な資産価値を判断してもらうためには、多数の買取実績と専門知識を有する業者に依頼するのがベストです。そして、質屋、買取専門店、リサイクルショップなど、店舗の運営方式にとらわれずに、複数の業者を比較するのをおすすめします。

 

 

最近では、ロレックスの買取価格の上昇や資産価値に注目して、投資目的でロレックスを購入される方もいらっしゃるでしょう。もし皆さんがロレックスの資産価値に注目して、ロレックスへの投資を成功させるには、最新の買取価格情報を収集し続けるのがポイントです。

 

 

そのためには、自分自身でロレックスの買取情報へのアンテナを張り巡らせておく必要があります。ただ、一般の方が情報収集するにはロレックスの買取情報は頻繁に変化しているので、信頼できる買取業者に相談するのがおすすめです。

 

 

ロレックスで資産価値の高いものの特徴とは まとめ

こちらのページで、はロレックスの腕時計の資産価値について紹介しました。ロレックスの腕時計はたくさんの種類があり、古いヴィンテージクラスのものから最新のものまで、たくさんの種類の時計が流通しています。その中で、どのようなものの資産価値が高いかご理解いただけたでしょうか。

 

 

ロレックスの問い合わせは須賀質店へ

もし皆さんがロレックスを所有していて、どのくらいの資産価値があるのか知りたいのであれば、ぜひ須賀質店にお持ちになってみてください。須賀質店ではロレックスの時計について積極的に買取を行っているので、買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

 

 

須賀質店では各店舗にロレックスの知識が豊富で、最新の買取相場価格を熟知した鑑定士が常駐しています。皆さんが所有しているロレックスの価値を知りたい、高く売りたいのであれば、ぜひ須賀質店に相談してみてください。は専門知識を持ち、経験豊富なスタッフが丁寧に査定いたします。まずはお気軽にお問合せください。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。