失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ホワイトゴールドダイヤつきピアスを買取

2018年10月1日

18金ダイヤ付きピアスの買取

須賀質店渋谷営業所でノンブランドのピアスを4万1千円で買い取りました。こちらのお品物は18金ホワイトゴールドにダイヤモンドがついた華やかなお品物です。

 

色々な金性の刻印とジュエリーを査定に出す前のポイントを須賀質店が解説

 

 

金性とはどのような金属を使っているのかを示す言葉で、刻印で判断する事が一般的です。「18金」・「14金」や、「プラチナ950」・「プラチナ850」などを表す刻印が、お品物の裏側など目立ちにくい場所に刻まれていることが多いです。

 

この刻印を参考にしながら査定を進めるのですが、今回のお品物には「18Kt」と刻まれていました。もうお察しの方が多いと思いますが、この刻印は18金を表す刻印です。

 

しかし、18金を表す刻印は「18Kt」だけではなく、「K18」「750」「18K」などの種類があります。「18」と刻まれている物はなんとなく18金と予想ができるかと思いますが、「750」はどうして18金を示しているのでしょうか?

 

答えは金を千分率で表すと見えてきます。24金が純度100%の金なので、18金は純度が何%なのか・・・答えは75%ですので、「750」の刻印は18金を表している事となります。

 

そしてもう一つ「18K」の刻印は「アトケイ」と呼ばれています。この刻印は日本国内でかなり古くに製造されたものや、ハワイアンジュエリー・東南アジアで製造されたジュエリーに多くみられる刻印です。

 

かなり古い日本製のものや、東南アジアで製造されたものは、金の含有量を正確に測る技術が未熟な場合が多いので、実際には18金に満たないものが散見されます。もちろん18金の品位を満たしているものもありますが、水につけて比重を確認する機械を用いたりして、金性を慎重に確認して査定を行います。

 

どんな刻印が刻まれていても、須賀質店では刻印以外のお品物から得られる情報をフル活用して金性を確認し、お客様のお品物を高額査定に繋げられるようにしております。

 

また査定時には、お品物を綺麗に掃除してあげてからお持ちいただくと高額査定に繋がりやすくなります。特に宝石類は汚れが付着すると輝きが失われてしまいます。その為、査定時に汚れがひどいと本来の輝きが得られずに低い査定額の提示になってしまうかも知れません。

 

特殊な器具などは必要なく、柔らかいクロスなどで表面を優しく拭くことと、宝石の裏やや金属との間にたまった汚れを、毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出すだけでお品物の輝きが変わります。綺麗に輝くジュエリーを見るとお品物に惚れ直してしまい、買取査定に出すことを躊躇してしまうかも知れませんね。

ピアスのお手入れは査定前にも有効

 

18金ホワイトゴールドのダイヤモンドつきピアス買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金ホワイトゴールドダイヤモンドつきピアス買取について解説しました。貴金属の買取では1gあたりの買取金額が高いお店を探す事が高額買取の近道となります。この記事を書いている須賀質店では貴金属の買取相場をホームページにて毎日更新・公開しております。買取店選びの参考に是非ご覧になってみて下さい。

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事