失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ダイヤモンドつきリングを買取

2019年1月12日

須賀質店池袋営業所でノンブランドのリングを2千円で買い取りました。こちらのお品物は18金のイエローゴールド製で、ダイヤモンドで装飾された華やかなお品物となります。18金ダイヤ付きリングの買取

 

 

ノンブランドジュエリーと今回の買取金額

 

 

有名ブランドのジュエリーは中古市場でも人気が高く質屋や買取専門店でも取扱いが多いと思います。しかし今回買取させていただいたお品物や、ジュエリーデザイナーに特注で依頼したお品物、はたまたご自身でデザインや製作されたジュエリーなども須賀質店では買取致します。

 

ノンブランドジュエリーの査定方法は、まずお品物の材質を特定する事から始めます。金やプラチナが用いられたお品物が多いですね。材質を特定したら重さに応じて査定額を算出します。さらに今回のお品物の様にダイヤモンドなどの宝石が付いている場合は、宝石のクオリティーを加味して査定額を決定していきます。

 

ダイヤモンドの価値を大きく左右する「4C」はご存知の方も多いと思いますが、これは新品・中古品問わず価格を決定する重要な項目となります。「カット」「カラット」「カラー」「クラリティ」によってダイヤモンドの輝き方が違う為、4Cそれぞれのグレードが高いダイヤモンドほど綺麗に輝きます。

 

新品のジュエリーを購入する際も考え方は同じなので、同じようなダイヤモンドつきの指輪が、一方は10万円・もう一方は50万円なんて事を目にした方も多いのではないでしょうか。ブランドが違うお品物の比較では、各ブランドの利益計算方法が異なるため当てはまりませんが、同一ブランドで比較する場合は値段が高いものにはそれなりの理由があると考えてよいと思います。

 

婚約指輪などのジュエリーは、デイリーユースではではなく特別な日に身に着けるアイテム。そんな特別なジュエリーは常に輝いた状態のものを身に着けたいものですよね?ジュエリーは直に身に着けるアイテムなので、どうしても着用時の汚れが溜りやすくなります。

 

簡単なお手入れをするだけで輝き方が違ってきますので、着用後に柔らかいクロスで汚れをとり、宝石類は爪との間や裏側に付着した汚れを毛先の柔らかい歯ブラシなどでかき出してあげると良いでしょう。これは査定前にも有効なお手入れで、綺麗に輝く宝石やジュエリーは査定員も強気の査定をしやすくなります。

 

 

18金ダイヤモンドつきリング買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金ダイヤモンドつきリング買取について解説しました。18金やプラチナ900などの貴金属ジュエリーはダイヤモンド等の宝石がついているお品物の数多くありますが、宝石のクオリティーによっては査定額をつけることが出来ないお品物もございます。

 

新品の販売金額は宝石の有無でかなり変わると思いますが、後々に売却をお考えの方や資産としてジュエリーを購入される方は、シンプルなデザインの方が購入価格と売却価格の差が少ない様に感じます。貴金属の相場変動も関係しますが、相場が上がれば購入金額を上回る可能性もあります。

 

須賀質店では貴金属の買取価格を業界最高レベルにまで上げて買取を強化しております。売却をお考えの方は是非ご相談下さい。

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事