失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金パールとダイヤモンドつきリングを買取

2019年1月21日

須賀質店池袋営業所でノンブランドのリングを8万円で買い取りました。こちらのお品物は18金ホワイトゴールド製で、2.38ctのダイヤモンドとパールで装飾されたお品物となります。

パールとダイヤ付きリングを買取

 

ジュエリーのお手入れは査定前にも有効!?須賀質店がお答えします

 

 

突然ですが、お持ちのジュエリーはどのようにお手入れされていますか?婚約指輪などの特別な日に身につけるものと、結婚指輪などのデイリーユースと様々な使い方があると思います。しかし、どんなジュエリーでも身につける際はキラキラ輝いたものが良いですよね?ジュエリーは直に身に着けるアイテムなので、どうしても着用時の汚れが溜りやすくなり、使っているうちに輝きを失ってしまいます。

 

購入店に相談して磨きなおしなど本格的なクリーニングをお願いするのが一番ですが、遠方やインターネットのお店で購入したお品物の場合など難しい場合も多いと思います。そのような場合は、ご自身でできる簡単なお手入れでも輝きは違います。

 

着用後は柔らかいクロスで汚れをとり、宝石類は爪との間や裏側に付着した汚れを毛先の柔らかい歯ブラシなどでかき出してください。力を入れすぎると宝石が外れてしまったり、新たなキズをつけてしまうこともありますので、やさしく行う事がポイントです。

 

ダイヤモンドに関してはぬるま湯につけて、石鹸をつけた毛先の柔らかいブラシでやさしくお手入れするととても綺麗になります。但し他の宝石がついている場合は石鹸の成分が悪影響を与える場合もありますので十分ご注意下さい。

 

これは査定前にも有効なお手入れで、綺麗に輝く宝石やジュエリーは査定員も強気の査定をしやすくなります。ダイヤモンドの査定には「4C」と呼ばれる共通の指標を用いて査定額を決めます。

 

カラット、カット、カラー、クラリティーの4項目をランクわけするのですが、簡単に言えば「より綺麗に輝くダイヤモンドほど4Cの評価が高い」のです。本来の輝きを発揮できずに低い査定となる事を防ぐ為にも、お品物は綺麗な状態で店頭にお持ちになる事をオススメします。

 

 

18金パールとダイヤモンドつきリング買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金パールとダイヤモンドつきリング買取について解説しました。パールは優しく拭き上げる程度、ダイヤモンドはパールとセットになっている為歯ブラシなどで隙間に溜まった汚れをかき出すと輝きが戻ってくるでしょう。

 

宝石類はよりキレイに輝くものほど高価になります。本来輝いているはずの宝石が、汚れなどで輝きを失ってしまってはもったいないです。

 

須賀質店で買取の査定を行っていると、着用の際についてしまう汚れが蓄積してしまったお品物も時折見かける事があります。売却する際の査定スタッフに「この宝石は輝きがないから質がよくない」と思われる事も勿体ないですが、何よりお客様が着用する際に輝きが失われている事が持ったいないと感じます。

 

せっかく高いお金を払って買ったお気に入りのジュエリーですから、日頃から簡単なお手入れを行いキレイな輝きを保つとよいと思います。そうすればもし売却するときにも高額で売却できることに繋がるのです。

 

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事