失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

金の指輪を高価買取

2019年3月5日

18金指輪 高価買取

須賀質店五反田本店で、18金、ルビー、ダイヤモンド付きの指輪を買取いたしました。ルビーであれダイヤモンドであれ、大きく綺麗なものであれば、それをメインにしたデザインのジュエリーにするものです。今回お持ち頂いた指輪のように、デザインのために散りばめられた宝石というのは、質のあまり良くないものが使われている事が多いのです。ダイヤモンドやルビーというだけでは価値は決まらないので、買取査定の際にはじっくりと見させていただいているのです。

 

宝石の査定方法

 

宝石の査定をする際にまず確認するのは、それがお値段をお付けする事の出来る種類の宝石であるかどうかという事です。宝石とだけ耳にするとどんな物も高値で取引されると思われがちですが、種類だけで言ってしまうとお値段の付かないものの方が多いくらいなのです。

 

種類としてはお値段が付くものであっても、その宝石の名前だけでお値段をお付けする事が出来る訳ではないので、質の良し悪しによっては当然お値段が付かないものもあるのです。

 

高値が付きやすい宝石の筆頭といえば、宝石の王様とも呼ばれるダイヤモンドです。自然界に存在する物質の中で最も硬いと言われていて、指輪やネックレス等のジュエリーとしてだけでは無く、工業用に使われる事の多い宝石です。

 

他には、ルビーやサファイア、エメラルド等にも高値が付きやすくなっています。

 

指輪の買取

 

今回お持ち頂いた指輪には、ダイヤモンドとルビーが使われていました。先ほど宝石の査定方法について簡単に説明させて頂きましたが、実は今回の指輪に使われている宝石にはお値段をお付け出来なかったのです。

 

ダイヤモンド ルビー 指輪 買取

宝石の買取査定では、その大きさが重要になるためあまり小さなものでは、お値段が付かなくなってしまうのです。この指輪が高級ブランドの商品であれば、ここまでしっかりとデザインがあるのであれば、ブランド品としての高価査定も可能でしたが、ノンブランドであったため、ブランド品としての付加価値というような上乗せも出来ませんでした。

 

ここまでの話を総合すると、あまり高値を付ける事の出来るものではありませんでした。そして、ここで重要になるのが金の買取価格なのです。宝石にお値段をお付け出来ない以上買取の価格は金のお値段となります。このような時に、高値で買取が出来るのは、須賀質店のように金の買取価格を高く設定しているお店です。

 

総重量が6.6gであるため、本来であればルビーの分等の重さを引いてお値段を出すのですが、今回はお値段が付かなかったとはいえ、ダイヤモンドとルビーの分の上乗せというつもりで、そのまま6.6gに金のお値段を掛けています。須賀質店五反田本店で、24,000円で買取いたしました。

 

金の指輪の買取とまとめ

 

 

 

金の買取は須賀質店にお任せください。貴金属の買取は、持ち込むお店よって金額が異なります。折角金が高騰していて高値で売却する事が出来るのに、買取金額の設定が安いお店に持って行くのではもったいないと思いませんか?

 

どうせ売るのであれば少しでも高値で買ってくれるお店に持って行った方が良いですよね。

 

須賀質店は、金やプラチナの買取金額を公表しております。手数料等はかからず公表通りの金額で買い取らせていただきますので、比べていただければ須賀質店の高価査定がお分かり頂けると思います。

 

貴金属の買取は是非須賀質店までお願いいたします。

 

 

 

本日の金の買取相場←はこちら

金やプラチナのジュエリー多数の買取事例←はこちら

純金の指輪やネックレスなどの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。
おすすめ記事