失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ダイヤモンドとルビーつきの18金リングを五反田本店で買取

2019年3月8日

須賀質店五反田本店でノンブランドのリングを2万9千円で買い取りました。こちらのお品物は18金のイエローゴールド製で、ルビーとダイヤモンドで装飾された華やかなお品物となります。

18金リングの買取

 

ジュエリーにある刻印の意味を須賀質店が解説します

 

 

婚約や結婚の記念で購入したり、大切な相手に送る事が多いジュエリー。指輪の裏面にメッセージやイニシャル、記念日の刻印が入っている方も多いのではないでしょうか?

 

上記のようにお品物を購入した際に入れる刻印と、ジュエリーを作っている段階で入れるがあります。後者の刻印は、材質(18金やプラチナ900など)は何を使っているのか、ダイヤモンド等の宝石が付いている場合はその重さ(≒大きさ)はどれくらいなのかを表しており、査定の際にも確認する重要なものです。ブランドジュエリーの場合は、ブランド名やマークの刻印、シリアルナンバー、作られた場所や職人の固有ナンバーなどが入る場合もあります。

ジュエリーの刻印について

 

今回のダイヤモンドとルビーつきの18金リング査定方法と高額買取に有効なポイント

 

 

ノンブランドジュエリーの査定方法は、金やプラチナなどお品物の材質を特定し、重さに応じて査定額を算出します。ルビーやダイヤモンドなどの宝石が付いている場合は、宝石のクオリティーによって査定額を算出し、合計した金額で買取させて頂きます。

 

今回の場合は18金と1.17ctのダイヤモンドに対する査定額の合計が買取額となりました。ルビーも0.78ctついてますが、残念ながらクオリティーが低いものでしたのでお値段をお付けする事ができませんでした。

 

ジュエリーの高額査定を引き出すには、宝石類に付着した汚れをとってから査定にお持ちになる事をオススメします。宝石類は汚れが付着すると輝きが失われてしまいます。その為、査定時に汚れがひどいと本来の輝きが得られずに低い査定額の提示になってしまうかも知れません。

 

特殊な器具などは必要なく、柔らかいクロスなどで表面を優しく拭くことと、宝石の裏やや金属との間にたまった汚れを毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出して汚れを落とします。お持ちのジュエリー本来の価値を引き出す為にも、汚れを取った状態で高額査定を引き出しましょう。

査定前の準備

 

ダイヤモンドとルビーつきの18金リング買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではダイヤモンドとルビーつきの18金リング買取について解説しました。この記事を書いている須賀質店では宝石の鑑定書などがない状態でも買取させていただきます。しかし大きな1粒のダイヤが付いたお品物等で鑑定書などがあると、より正確で素早く査定額をお伝えする事ができますので、ご自宅にある場合は忘れずにお持ちください。

 

18金などの貴金属の買取相場は日々変動しております。この記事を書いている須賀質店ではホームページにて毎日更新・公開をしております。下には金の買取相場のリンクがありますので是非ご覧ください。

 

貴金属の買取価格を業界最高レベルにまで上げて力を入れております。少量から大量の貴金属まで店頭での査定料はかかりませんので、お気軽にご来店下さい。

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事