失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金 蛇の形をした指輪を五反田本店で買取

2019年3月11日

須賀質店五反田本店でノンブランドのリングを1万9千円で買い取りました。こちらのお品物は18金のイエローゴールド製で、ダイヤモンド・サファイア・ルビーで装飾されたヘビの形をした指輪なります。

18金リングの買取

 

18金 蛇の形をした指輪の買取査定について須賀質店が解説

 

 

「蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運があがる」や「蛇革の財布はお金がたまる」などと言われていますが、蛇の形をした指輪も同じように縁起がよいと言われているようです。金運以外にも脱皮を繰り返す=長寿とされていたり、厄除けに良いと仰る方もいるようですね。

 

縁起が良いとされる蛇の指輪ですが、質屋や買取専門店では素材と宝石に対するお値段が買取価格として提示されます。稀にデザインを評価して査定額をつけるお店もあると思いますが、ノンブランドのジュエリーにおいては使われている素材(金やプラチナ)と、ダイヤモンド等の宝石に対する査定額のみになります(ブランドジュエリーはこの限りではありません)。

 

今回の買取価格は素材に使われている18金に対する評価のみでした。ダイヤモンド、サファイヤ、ルビーと3種類の宝石が付いていましたが、残念ながらお値段をつける事ができないクオリティーでした。

 

 

18金 蛇の形をした指輪のお手入れは査定前にも有効!?

 

 

婚約指輪などのジュエリーは、デイリーユースではではなく特別な日に身に着けるアイテム。そんな特別なジュエリーは常に輝いた状態のものを身に着けたいものですよね?ジュエリーは直に身に着けるアイテムなので、どうしても着用時の汚れが溜りやすくなります。

 

簡単なお手入れをするだけで輝き方が違ってきますので、着用後に柔らかいクロスで汚れをとり、宝石類は爪との間や裏側に付着した汚れを毛先の柔らかい歯ブラシなどでかき出してあげると良いでしょう。ダイヤモンドの場合は、ぬるま湯と石鹸をつけたブラシを使うとより効果的ですが、他の宝石では逆効果となる場合もあるので注意して下さい。これは査定前にも有効なお手入れで、綺麗に輝く宝石やジュエリーは査定員も強気の査定をしやすくなります。

ジュエリーの買取

 

18金 蛇の形をした指輪買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金 蛇の形をした指輪買取について解説しました。ノンブランドジュエリーは貴金属の相場に基づく査定が基本ですので、素材と重量が同じならばデザインや壊れているか・いないか等は関係なく査定額も同額になります。

 

しかしダイヤモンド等の宝石が装飾に使われている場合、その宝石のクオリティーによって査定額がかわってきます。本来のクオリティーが非常に高く高価な宝石であったとしても、着用に伴う汚れが付着した状態では輝きが失われてしまいます。

 

上で解説した簡単なお手入れを査定前に行うだけでも、表面や隙間に付着した大体の汚れは落とすことが出来ます。せっかくの高価な宝石でも、汚れによって輝きが失われて査定額が低くなってしまっては勿体ないです。

 

この記事を書いている須賀質店でも、少しでもお客様のご満足いただける様に高額査定を目指しておりますので、お客様ご自身でも高額査定が出やすい様な準備を行ってご来店いただけると幸いです。

 

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事