失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

裸石、ルースダイヤモンドを高価買取

2019年12月9日

ルースダイヤの買取

須賀質店池袋営業所で、ダイヤモンドの買取をいたしました。裸石、ルースと呼ばれる状態でお持ちいただいての買取です。宝飾品に関わる仕事をしていたりしないと、ルースの状態でダイヤモンドを持っている方はあまりいらっしゃらないと思います。基本的には、指輪やネックレスというジュエリー、製品の状態でお持ちなのではないでしょうか。

 

今回のお客様は、何かの製品に付いていたものが取れてしまい、そのまま仕舞いっぱなしなってしまっていた物だとおっしゃっていました。

 

仕舞いっぱなしになっていたのは、ルースの状態のダイヤモンドをどこに持って行けば売却出来るのか分からなかったからという理由があったそうです。

 

壊れてしまった指輪やネックレス、石だけになってしまっている宝石等、須賀質店では積極的に買取を行っております。

 

0.2ct程度のルースダイヤの買取

 

ダイヤモンドの買取を行うためには、そのダイヤモンドがどのような質も物なのかを知らなければ金額を出す事が出来ません。まずはその基準の最初となるのがカラット数です。

 

宝石 裸石 買取

ダイヤモンドの取引は重さを基準に行い、その単位がカラットです。1ctは0.2gで、ジュエリー等の製品の場合は、ダイヤモンドのカラット数が製品に刻印されているのが一般的です。

 

しかし、ルースのダイヤモンドの場合はどこかに何カラットと書いてあるわけでもなく、重さの単位が細かいため、計りで正確に量る事も難しくなります。

 

その場合は、重さと大きさを見てカラット数を出させて頂きます。今回はおよそ0.2ctのダイヤモンドという事で買取査定を出させて頂きました。

 

0.2ct程という事だけが分かってもお値段は出ません。

 

例えば時計に買取査定であれば、その時計の型番や商品名、それがどんな商品なのかを特定する事が出来ればお値段は出ます。

 

ダイヤモンド 0.2ct 買取

しかし、ダイヤモンドの場合は、同じ0.2ct程度のダイヤモンドであっても、色、形、内包物これらの要素によって金額は全然違ってきてしまうのです。

 

それを見極めてお値段を出す事で、より高値での買取が可能なのです。今回は0.2ct程度で、色はG、形はVeryGood、内包物はSI-2で見させて頂きました。

 

簡単な言い方をすると。色はそれなりに良い、形は良い、内包物は少し悪い、こんな感じになります。

 

須賀質店池袋営業所で、12,000円で買取いたしました。

 

0.2ct程度のルースダイヤの買取を通して、質屋としてのまとめ

ルースダイヤの買取はほとんどの情報を自分の目で見て判断しなければならないため、時計やバッグ、貴金属と比べると技術が必要になります。

 

こういった技術の習得は一朝一夕に出来る事ではないため、査定をするスタッフの力量も大事であったりします。

 

須賀質店は100年も続く質屋であるからこその経験があり、それを基にしたシステムと優れたスタッフを擁しております。ダイヤモンドの査定は須賀質店にお任せください。

 

ダイヤモンド、他の買取事例←はこちら

ダイヤモンド付きのジュエリーの買取事例←はこちら

ダイヤモンドの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。
おすすめ記事