エルメスのケリーの買取相場はいくらくらい?質屋が詳しく解説します! | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメスのケリーの買取相場はいくらくらい?質屋が詳しく解説します!

エルメスケリーは、モナコ公妃グレース・ケリーが愛用したことで知られるバッグです。
高級ブランドのエルメスの中でも、特に人気があるのがケリーです。
ケリーを持つだけで高いステータス性があるので、多くの人が憧れるバッグです。
ケリーは正規店でも手に入りにくいため、中古市場でも人気があり、常に高値で取引されています。
ケリーの買取相場はいくらくらいなのか調べてみました。

 

□エルメスケリーの特徴

エルメスを代表するバッグであるケリーは、台形型の形をした特徴のあるバッグです。
カッチリした立体的な質感があり、平らな場所に置くと型崩れすることなくそのままの形を保ちます。
ケリーの特徴は、持ち手が1本であることと、デザインに内縫いと外縫いがあることですが、中古市場では外縫いのほうが人気はあります。

見るからにスマートで上品なバッグですから、フォーマルな席に華を添えてくれるでしょう。
エルメスケリーは、もともとサックアクロアという名前でした。1936年に発売されたバッグで、乗馬用のサドルを入れるために開発されたものです。

その後、馬車が使われなくなり車の時代になると、今度は少し小型のサックアクロアが作られるようになりました。
こうしてロングセラーとなったサックアクロアを愛用したのが、モナコ公妃のグレース・ケリーだったのです。
1955年、妊娠していたグレース・ケリーがパパラッチの追跡を受けた際、サックアクロアでお腹を隠したところ、その写真が雑誌に掲載され、グレース・ケリーよりもそのバッグのほうが注目されることになったのです。

そこで、エルメスがモナコ王室の特別な許可を得て、サックアクロアをケリーに改称すると、たちまち大ヒット商品になりました。
エルメスケリーの特徴は、持ち手が1本であることと、外縫いと内縫いがあることです。内縫いは生地を織り込んで縫製するため、ソフトな雰囲気に仕上がるのに対して、外縫いは縫い目が見える斬新なデザインが評判を呼び、内縫いよりも人気が出ました。

ケリーには、同一デザインで内縫いと外縫いが存在します。内縫いと外縫いの違いは、別の言い方をすると縫い目が見えるか見えないかということです。しかし、縫い方の違いのほかにも異なる点があります。

内縫いは外から縫い目が見えない丸みを帯びた形のバッグです。これに対して、外縫いは縫い目が見えているので、角ばった形をしています。どちらも値段は変わりませんが、中古市場で外縫いに人気があるのは、縫製の珍しさもあるのかもしれません。

 

□エルメスケリーの買取相場

エルメスケリーは人気のアイテムですから、新品同様であれば120万円前後で買取されます。
買取価格は1点1点違いますが、大体の目安となる金額をご紹介しましょう。
新品に近い中古品の場合、モノトーン系のケリーは120万円前後が相場で、ブルーやレッドは100万円前後で取引されます。
以下にケリー25とケリー28の買取相場をご紹介します。

 

*ケリー25の買取相場

ケリー25はケリーの中で一番小さいサイズです。
以前は20センチメートルのケリー20がありましたが、現在は製造中止となっています。
シックで上品なケリー25はカジュアルな場面や、ちょっとしたパーティなどに使える人気の高いバッグです。
ケリー25は市場に出回っている数が少ないので、以下のように高値がついています。

モノトーン系
・ブラックエプソンの外縫いは80万円〜110万円
・ブラックスイフトの内縫いは60万円〜80万円
・ブラックトゴ内縫いは80万円〜110万円
・エトゥープエプソンの外縫いは80万円〜110万円
・エトゥープスイフトの内縫いは60万円〜90万円

ピンク系
・ローズジャイプール・エプソンの外縫いは70万円〜90万円
・ローズサクラ・スイフトの内縫いは70万円〜85万円

ブルー系は
・ブルーアトゥール・エプソンの外縫いは70万円〜90万円
・ブルーザンジバル・エプソンの外縫いは70万円〜90万円

 

*ケリー28の買取相場

ケリー28は大きすぎず小さすぎず、一番使いやすいサイズかもしれません。
そのせいか、中古市場でも絶大な人気があります。

モノトーン系
・ブラックトゴの内縫いは90万円〜120万円
・ブラックボックスカーフの外縫いは40万円〜70万円
・ブラックトリヨンクレマンスの内縫いは80万円〜100万円
・ブラックスイフトの内縫いは50万円〜70万円
・ブラックアルデンヌの内縫いは30万円〜60万円
・エトゥープトゴの内縫いは90万円〜120万円
・エトゥープエプソンの外縫いは90万円〜120万円

ナチュラル・ゴールド系
・ゴールド・アルデンヌの内縫いは40万円〜60万円
・ナチュラル・クシュベルの内縫いは40万円〜60万円
・ナチュラル・バッシュの内縫いは40万円〜60万円
・ナチュラル・バレニアの外縫いは40万円〜60万円

ブルー系
・ブルージーン・トゴの内縫いは60万円〜80万円
・ブルージーン・スイフトの外縫いは50万円〜70万円
・ブルージーン・ボックスカーフの外縫いは50万円〜70万円
・ブルージーン・クシュベルの外縫いは40万円〜60万円

レッド系
・ルージュヴィフ・ボックスカーフの外縫いは50万円〜70万円
・ルージュアッシュ・ボックスカーフの外縫いは40万円〜70万円

 

□エルメスを高く売るためのコツ

エルメスを高く売りたいなら、普段から丁寧に取り扱うことが大切です。
バッグは普通に使っていても、小さな目立たない傷が無数について表面が傷んだりくすみが出たりします。
長く使っている間についた無数の細かい傷は、業者も簡単に消すことができないので、普段から傷がつかないように注意するしかありません。

エルメスバッグは職人が1つずつ手作業で作る高級品ですから、目立つ傷があったり汚れていたりすると査定額に影響します。
また、買取に出す前にホコリや汚れはきれいに拭き取っておきましょう。
拭いても簡単に落ちない汚れもありますが、逆に布を軽く濡らして拭き取るだけで落ちる汚れもあります。

汚れがついたまま査定に出すと、あまり良い査定額をつけてもらえない可能性もあるので、なるべく汚れを落として査定に出しましょう。
しかし、市販のクリーナーで落とそうとすると、かえってバッグを傷めることがあるので注意が必要です。
軽く水拭きしても落ちない汚れは、そのままにしたほうが無難です。

また、エルメスを高く買取してもらうには、付属品も忘れず持っていきましょう。
本来、付属品はついているのが当たり前ですから、1つでも欠けているとその分査定額が下がります。
しかし、買って何年もたつとバッグの付属品はどこかに行ってしまいます。

そのため、なくなりそうな付属品は、すぐ箱に入れてしまっておくことをおすすめします。
以前はエルメスを持ち込むだけで高額買取してもらえましたが、それは中古市場にエルメスが少なかったからです。

現在は中古市場にもエルメスの流通量が増えたため、他のブランドバックのように付属品のあるなしで査定額に差がつくようになりました。
付属品のない商品と付属品がある商品のどちらを買いたいと思いますか。
買う側の気持ちに立って考えれば、付属品が必要であることも理解できますよね。

また、流通量の増加に伴って、中古市場でも流行のモデルや使いやすいバッグに人気が集まるようになり、同じエルメスでも高値がつきやすいモデルとそうでないモデルに分かれています。

 

□まとめ

エルメスケリーは、モナコ公妃グレース・ケリーが愛用したバッグとして有名です。
エルメスケリーは落ち着いたシックなデザインと色調で、カジュアルシーンやパーティなどによく似合います。
エルメスケリーは中古市場でも人気があり、高値で取引されています。
買取で高値をつけてもらうには、普段からできるだけ傷をつけないように注意して、付属品なども揃えて買取に出すといいでしょう。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。