HERMES

エルメス(取扱い品目一覧)

エルメス
創業 大正 9 年の老舗エルメスの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではエルメス(HERMES)バッグについては全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。エルメスのバッグであれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

 

エルメスのバッグには、バーキン、ケリー、オータクロア、プリュム、ボリード、ガーデンパーティ、ピコタン、エヴリン、コンスタンスなど、たくさんの種類の時計があります。

 

 

また、それぞれのバッグには色、素材の違いを入れると多数の商品が存在しますが、須賀質店のスタッフはすべての色や素材で査定の経験がありますので、安心して買取、質入れ共にお任せください。エルメスのバッグは、特に素材の違いで買取査定額、質入れ査定額が大きく異なります。アリゲーター、クロコダイルといった爬虫類系のバッグは高値査定が期待できます。

 

 

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級バッグオークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

 

 

エルメスは歴史のある高級バッグメーカーなので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただ、バッグの流行は移り変わりが激しいので、高い査定価格が付けられるうちに買取、質入れをされることをお勧めします。買取か質入れか、迷うようであれば、須賀質店はどちらでも対応できるのでぜひご相談ください。

 

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。エルメスバッグの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

エルメスの査定相場

下記のエルメスバッグ買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。

 

 

そのために、下記のエルメスバッグ買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れの場合のエルメスバッグ質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

エルメス 取扱い品目一覧
エルメスの査定のポイント
エルメス(HERMES)について

エルメス(HERMES)は1837年にフランス パリのマドレーヌ地方で、高級馬具の工場としてティリア・エルメスが創業しました。当時の交通手段は馬車が主だったために、馬に馬車を取り付け固定するための鞍が必需品でした。

 

 

エルメス(HERMES)は、貴族や富豪がこぞって馬車の利用を増やしているのをみて、馬の鞍の製造に特化して高品質で大量の馬具を販売するビジネスモデルを確立しました。
エルメスの販売する馬具や鞍は当時の貴族や富豪に支持され、エルメスの名は一躍有名になりました。

オータクロア誕生について

1880年頃からガソリンエンジンによる自動車が普及し始めると、馬車の需要は下火になり始めます。
エルメスの3代目社長 エミール・モーリス・エルメスは、自動車が普及すれば馬車の需要が無くなり、馬具や鞍の需要が衰退することをいち早く感じ取っていました。そこで社長のエミール・モーリス・エルメスは、自社の革を加工する技術を生かして鞍を入れるバッグの製造を始めます。

 

 

1892年にこのバッグはオータクロアとして発表されることになり、エルメスが高級バッグメーカーとしての転身をはかる記念すべき作品になりました。

 

 

もともとエルメスは貴族や王族、富豪に絶大な支持を受けていたほどの、皮革の加工技術を持ったメーカーだったので、製造するバッグのクオリティは大変高く、鞍同様に富裕層の絶大な人気を博することになりました。後にオータクロアは鞍を入れるだけでなく旅行かばんとして利用され始めるなど、エルメス=高級皮革バッグメーカーとしての認知度が高まりました。

ケリー誕生について

1930年代の女性のかばんは、いろいろな装飾を施されたかばんが一般的でした。エルメスの4代目社長であったローベル・デュマ・エルメスはこうした流行に疑問を持っており、かばん本来の美しさをもった作品を作りたいと考えていました。

 

 

オータクロアをベースに製作されたローベル・デュマの作品は、映画女優からモナコ公妃になったグレース・ケリーの目に留まり、様々な色のかばんを発注するほどに気に入っていました。1956年のこと、車から降りようとしたグレースケリーを記者が撮影しようとしたとき、すでに懐妊していた彼女のお腹をガードしたのが、このかばんだったと言われています。

 

 

この写真雑誌が掲載したグレース・ケリーとかばんの写真は、瞬く間に世界中に広まり、これ以来このかばんは「ケリーバッグ」と呼ばれるようになりました。それ以来、ケリーバッグは現在まで製作が続けられており、ケリー・カット、ケリー・リラックス、ケリー・ラキス、ショルダー・ケリーなどのたくさんの種類、色、素材などが発表されています。

バーキン誕生について

バッグ バーキンの登場は、オータクロア、ケリーと比較してかなり最近の出来事です。1983年にエールフランスのパリ~ロンドンの飛行機内での出来事がそのきっかけになりました。当時女優であり歌手でもあったジェーン・バーキンとエルメス社長のジャン=ルイ・デュマ・エルメスが偶然にも隣同士に座ることになったのです。

 

 

ジェーンとジャン=ルイ・デュマは、フライトの短時間の間にすっかり仲良くなり、たまたまジェーンがエルメス製の手帳を床に落としてしまったために、挟んであったメモ用紙が床に散らばってしまいました。そのメモ用紙を拾いながらジェーンは「これだけのメモ用紙を挟む手帳はどこにもないし、バックはポケットが足りない」とこぼしたと言われています。

 

 

ジャン=ルイ・デュマはここで初めて自らの身分を明かして、エルメスの工房であなたの理想とするバッグを製作してみましょう、と提案しました。そして飛行機内でジェーンの語る理想の鞄をスケッチして自社の工房に持ち帰ります。後にジェーンとジャン=ルイ・デュマは工房で再開し、スケッチされたバッグはエルメスの職人によって作品に仕上げられました。

 

 

この鞄は平らな底で十分な容量があり、開いたまま使っても、閉じて使っても上品な印象の鞄でした。一目でエルメスの鞄であることがわかる2本のベルトが高級感を醸し出しています。こうして誕生した鞄 バーキンは、発表から30年以上たった今のエルメスバッグの象徴的なバッグになっています。

エルメス買取であれば、創業大正9年 須賀質店にお任せください

エルメス買取をお考えであれば、創業大正9年、都内で3店舗を展開している須賀質店にご相談ください。須賀質店はおよそ100年にわたり、質屋として高価な宝飾品、高級腕時計、ダイヤモンド、ブランドバッグなどを高価査定してきました。

 

 

エルメスガーデンパーティ高価買取

高額バッグや財布の代表メーカーであるエルメスの買取も、たくさんの実績があります。エルメスのバッグを高く売りたい、高価買取を希望しているのであれば須賀質店にご相談になってみてください。

須賀質店がエルメス買取で選ばれる5つの理由

①エルメスバッグの買取価格を常に把握

エルメスのバッグは国内だけでなく、海外の富裕層にも人気がある高級ブランドバッグの代表格です。国内の流通価格だけでなく、海外のエルメスバッグオークション落札価格までチェックしながら、常に最も高い買取価格の追及に努めています。

 

 

エルメス買取価格を世界中から収集

須賀質店では、創業以来築きあげた情報網でエルメスバッグの相場価格の最高値をチェックするだけでなく、海外にまで通じる人脈を駆使しながら、グローバルな相場価格でも特に高い買取価格の情報を集める体制を作り上げてきました。

 

 

エルメスのバッグだけでなく、財布や小物類、時計やアクセサリーに至るまで、少しでも高い買取価格をご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようにお願いいたします。

 

 

②エルメスバッグ買取の経験と実績が豊富な査定員が常駐

エルメスのバッグは、新品を除いてひとつひとつの状態はそれぞれ異なっています。状態の良いエルメスのバッグはもちろんのこと、状態の良くないエルメスバッグであっても、少しでも高い買取査定価格を付けることができる査定員が、須賀質店の各店舗には常駐しています。

 

 

エルメスを熟知した査定員

須賀質店の査定員は、ブランドバッグのオークション市場で多数のエルメスバッグを査定することと、社内でのきめ細かい研修を受けることで、どのような状態のエルメスバッグであっても業界最高値の査定価格を付けられるスキルを身につけています。

 

 

③高価買取を実現できる多様な売却先を確保

エルメスバッグを高価買取するためには、高く売却できる売り先を確保することが大切です。須賀質店では、国内でエルメスバッグを高く売却できる販路を確保しているだけではなく、海外のブランド品オークション市場もチェックしながら、常にエルメスバッグを高く売却できる販路の開拓を続けています。

 

 

エルメスの多様な売却先を確保

また、海外の富裕層にエルメスバッグの買い付けの依頼を受けているバイヤーともコンタクトを取りながら、特定のエルメスバッグを高価買取できる情報の収集も継続して、業界最高値のエルメスバッグ高価買取につなげています。

 

 

④複数点の買取依頼で、さらに買取価格がUP

須賀質店のエルメスバッグの査定価格は業界でもトップクラスの買取査定価格ですが、複数の買取依頼をいただくことで、さらなる買取価格のアップが期待できます。査定員も複数点エルメスバッグをお持ちいただくことで、1点ごとの買取価格率を上げることが可能になるからです。

 

 

複数のエルメスバッグを持ち込み

もし皆さんが、複数点のエルメスバッグの買取をお考えであれば、まとめて須賀質店にお持ちいただくことをお勧めいたします。

 

 

⑤査定の知識だけでなく、接客マナーへのこだわり

エルメスのバッグ買取で、担当する査定員の商品に対する知識や相場価格の把握は大切な要素であると考えますが、それと同じくらい担当する査定員の接客マナーも大切な要素であると考えています。須賀質店の査定員は、多数のブランド品オークション市場に出入りすることで、商品の知識や最新査定相場を把握するとともに、社内では服装、髪型、お客様との会話スキル、立ち居振る舞いまで厳しく指導されています。

 

 

エルメスを高価査定中

ブランド買取の業界では、一部の査定員や接客スタッフの対応がよろしくないとのお話をお客様からいただくことが多く、須賀質店では査定員は相場や商品知識のプロフェッショナルである前に明朗で良識ある社会人であるべきであるという方針で、従業員の指導に努めています。

エルメスバッグは今売り時なの?

エルメスバッグはもともと品薄で手に入れることが難しかったブランドバッグでしたが、中国や韓国、シンガポール等アジアの富裕層が増加した理由から、さらに手に入れることが難しくなったブランド品といえます。

 

 

エルメスは売り時かどうか

特に日本のエルメスバッグの中古品は品質が高いうえに、日本人が取り扱っているエルメスの中古品は偽物がないといった信頼度の高さから、アジアの富裕層に絶大な人気があり価格が高騰しています。エルメス製品はバッグだけでなく、財布や小物類、時計やアクセサリーに至るまで品薄状態が続いているので、売却をお考えの方は今が高く売却できるチャンスといえます。

エルメスバッグ買取Q&A

①エルメスのバッグ買取価格はどのように決まるの?

エルメスのバッグ買取価格は、種類や色、素材によってさまざまな買取価格になります。「エルメスバッグの買取価格は、定価の何%くらいになるのですか?」といった質問を受けることが多いのですが、エルメスのバッグの中でも人気度が異なるので、一概に「何%くらいです」とお答えできないのが現実です。

 

 

エルメスのバッグに限ったことではありませんが、商品の買取価格は「中古品としてどのくらいの価格で売れるのか」といった考え方で決まることが多いです。エルメスバッグの場合、バーキンやケリーといった人気商品の場合は、バッグの状態や流通度合いによっては定価に近い価格で買取価格が決まることもあります。

 

 

②人気や流行によって買取価格は変わりますか?

エルメスのバッグを買取した後、いろいろな方法で売却することになるので、人気や流行は買取価格を決める大切な要素になります。エルメスは定期的に新作を発表したり、新しい色を加えたりするので、こうした新しいアイテムは高い買取価格が付く可能性があります。

 

 

ただ、エルメスにも定番のモデル、定番のカラーがあるバッグは安定した買取価格が付いており、須賀質店ではこうした事例を多数取り扱っているので個別にご相談ください。

 

 

③エルメスの買取で、いちばん重要な要素は何でしょうか?

エルメスのバッグ買取で重要な要素は「バッグの状態」です。通常は購入した年代が古くなればなるほどバッグの状態は悪くなってきます。しかし、年代の新しいバッグであっても、使用頻度が多かったり乱暴に扱ったりしたバッグは、買取価格が低くなってきますし、古い年代のバッグであっても大切に扱われたバッグは高価買取価格が付く可能性があります。

 

 

その他の要素では、エルメスのバッグは素材と色が買取価格に影響を与える大切な要素といえます。最近のエルメスバッグは、ジョーヌアンブル(イエロー)、マグノリア(ピンク)、アプリコット(オレンジ)といった、明るく華やかな色が流行っていますが、こうした流行りの色は急に人気がなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

④製造年が新しいほど、高い買取価格になりますか

エルメスのバッグは個体ごとに製造年がわかる刻印があるので、新しいバッグほど高い買取価格がつく可能性があります。製造年の新しいバッグは流通している量も少ないので、より高い買取価格がつく可能性がありますが、バッグの買取価格は商品の状態も重要な要素になります。

 

 

⑤汚れや傷がひどい場合は買取できないのでしょうか

エルメスのバッグ買取で、バッグの状態や使用感は買取価格を決める大切な要素になっています。エルメスバッグは購入する方の求めるレベルが高いので、バッグの状態は厳しく判断することになりますが、余程のひどい状態でない限り買取価格が付かないということはないと思います。

 

 

⑥付属品の有無は、買取価格に影響がありますか

エルメスのバッグで付属品は、外箱、布袋、レインカバー、カデナ、ショルダーストラップなどがあります。カデナやショルダーストラップは、なくしてしまってもエルメスのブティックで入手可能ですが、費用とある程度の期間が必要になります。

 

 

本来ついている付属品がない場合、買取価格を下げざるを得なくなるので、少しでも高い買取価格を希望するのであれば、これらの付属品はぜひ一緒にお持ちになることをお勧めします。

 

 

⑦エルメスの買取価格は、円安や円高といった為替の影響を受けるのでしょうか

エルメスのバッグはフランス製のバッグなので、本国の定価が変わらなかったとしても円高になれば円換算の価格は安くなりますし、逆に円安になれば円換算の価格は高くなります。新品の定価はあまり頻繁に変わることはありませんが、買取価格は日々変わるものなので為替の影響が出やすいといえます。

 

 

エルメスバッグの買取価格に大きな影響が出るのがバッグの状態ですが、バッグの下部の四隅は「擦れた傷」がつきやすい箇所といえます。また持ち手の裏側部分は手の汚れが付きやすい部分であるので、エルメスのバッグ買取をお考えの方は、前もって確認してみるのも良いと思います。