失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

どうすればシャネルを高額で買取してもらえるの?気になる疑問を徹底解説します!

2020年10月16日

シャネルといえば、言わずと知れた世界の高級ブランドです。
シャネルのアイテムは一生物と言われますが、それでも古いアイテムを売って、新しく買いたくなることもあるでしょう。
シャネルのアイテムを高額で買取してもらうには、どうすればいいのでしょうか。
ここでは、シャネルの買取で絶対に知っておくべき基本情報や、シャネルのモデルの買取相場を紹介します。

□シャネルのモデルの買取相場

シャネルの、いろんなモデルの買取相場をご紹介しましょう。

 

*マトラッセについて

マトラッセは、1929年に誕生した超ロングセラーです。
革の表面のダイヤ格子のキルティングと、留め金のココマークを見ればマトラッセだとすぐにわかるほど、シャネルの定番中の定番です。
ショルダーバッグとしても使えるので、用途の広い使い方ができる実用性のあるバッグです。

マトラッセの買取相場は、個々の商品の傷み具合によって違いますが、未使用品であれば定価の50~70パーセントくらいで取引されます。
ある程度使用して傷みのある商品だと、10~40パーセント程度が相場です。
ただし、マトラッセには一部ビンテージ物もあり、定価以上の高値がつくこともあるようです。

マトラッセの買取相場はおおよそ以下のとおりです。

サイズ 16cm×26cm×7cm
カラー ブラック
素材 カーフスキン
参考定価価格 648,000円(税込)
買取相場平均 未使用品:420,000〜280,000円
中古品S:240,000〜200,000円
中古品A〜C:180,000〜60,000円

サイズ 13.5cm×17cm×8cm
カラー ピンク
素材 ラムスキン
参考定価価格 340,200円(税込)
買取相場平均 未使用品:210,000〜150,000円
中古品S:120,000〜100,000円
中古品A〜C:90,000〜30,000円

 

*ガブリエルドゥシャネルについて

2017年の春夏コレクションで発表されたばかりの新しいモデルです。
表面の手触りが柔らかく、女性らしい雰囲気のバッグです。
収納力があり、実用性のあるバッグなので、ビジネスでもプライベートでも使用できます。
トートバッグのほかにリュックサックもあり、アクティブなキャリアレディにピッタリのバッグです。

ガブリエルドゥシャネルの買取相場は、未使用か使用品かによって変わりますが、未使用品であれば定価の50~70パーセントくらいで、ある程度使用している商品だと、10~40パーセント程度になります。
まだ新しいシリーズなので、中古市場にそれほど出回っていないため、相場以上の高値で取引されているようです。

ガブリエルドゥシャネルの買取相場はおおよそ以下のとおりです。

サイズ 21cm×28cm×10cm
カラー ベージュ&ブラック
素材 エイジドカーフスキン&スムーズカーフスキン
参考定価価格 505,440円(税込)
買取相場平均 未使用品:350,000〜250,000円
中古品S:200,000〜170,000円
中古品A〜C:150,000〜50,000円

サイズ 15cm×20cm×8cm
カラー ピンク
素材 エイジドカーフスキン&スムーズカーフスキン
参考定価価格 442,800円(税込)
買取相場平均 未使用品:280,000〜200,000円
中古品S:160,000〜140,000円
中古品A〜C:120,000〜40,000円

 

*ボーイシャネルについて

ボーイシャネルは、2011に発表された比較的新しいシリーズです。
名前のとおりボーイッシュな雰囲気のバッグで、カラーバリエーションが多いため、オシャレな女性にもシックな装いのマダムにも、人気のアイテムです。
未使用品の買取相場は50~70パーセントくらいで、使用品は10~40パーセント程度で取引されています。

ボーイシャネルの買取相場はおおよそ以下のとおりです。

チェーンクラッチ
サイズ 14cm×17cm×6cm
カラー ネイビーブルー
素材 カーフスキン
参考定価価格 305,640円(税込)
買取相場平均 未使用品:210,000〜150,000円
中古品S:120,000〜80,000円
中古品A〜C:60,000〜30,000円

トップハンドルフラップバッグ
サイズ 17.5cm×7cm×28cm
カラー ブラック
素材 カーフスキン
参考定価価格 844,560円(税込)
買取相場平均 未使用品:560,000〜400,000円
中古品S:320,000〜280,000円
中古品A〜C:240,000〜80,000円

□シャネルの買取で知っておきたい情報

シャネル製品は、2000年以降定価がかなり値上げされました。
そのため、新品を買うことができない人が中古市場に流れてきて、中古品も飛ぶように売れています。
つまり、シャネルの定価が高騰しているので、昔購入したバッグが、当時の購入価格と変わらない金額で売れている状況なのです。

シャネル製品の値上がりは、ほぼすべてのアイテムに及んでいるので、昔買ったアイテムを持っていれば、どんな商品でも購入価格に近い金額で売れるため、まさに今が売りどきでしょう。
また、若者の間でビンテージシャネルがちょっとしたブームになっており、20年以上前のアイテムが、当時の定価の半額程度の値段で買取されています。

一般的にブランドバッグは、新しいアイテムほど高く売れて、古いものは値下がりするものですが、シャネルに限っては、古くてもあまり値下がりしないという状況が続いています。
上記のような理由で、現在シャネルは売りどきなので、古いシャネルがあれば早めに買取に出しましょう。

□買取店を選ぶ際に注意すべき7つのポイント

シャネルの買取店を選ぶ際は、以下の7点に注意しましょう。

1つ目は、買取価格を公表していないことです。

公表しないのは、他店より買取価格が低いことが考えられます。
つまり、公表してしまうと客が他店に流れてしまうので、あえて公表しないで曖昧にしているパターンです。
看板や広告に「他店より高く買い取ります」「高価買取」と謳っていても、買取価格を公表していない買取店は避けたほうが賢明でしょう。
また、買取価格を公表していても、一般的な相場を掲載しているだけだったり、実際はそこから手数料を引いたりという悪質な手口もあるので注意しましょう。

2つ目は、他店で査定させないことです。

通常、買取店を利用する場合は、複数の店舗で査定してもらうこともありますが、これを阻止しようとする買取店があるので注意しましょう。
最初は低い査定額を提示して、売る側がそれで納得すれば買取店は丸儲けです。
しかし、その金額で成立しないと、今度は少し査定額を上げてきます。

「他の店で査定してもらう」と言えば、「今売れば〇〇円で買い取ります。しかし、一度退店して戻ってきても、その金額では買い取れません」などと言って客を惑わせる買取店があります。安く買い取ろうとする店なので、他店に行かせない時点でキッパリ断りましょう。

3つ目は、買取成立で何かをプレゼントする店です。

買取が成立すると、お米などをプレゼントする買取店にも注意が必要です。
いわば、物で釣ろうとしているので、うっかり乗らないようにしましょう。
お客はプレゼントされた品物以上に損しています。

4つ目は、フランチャイズの買取りチェーン店です。

チェーン展開している買取店の多くはフランチャイズです。
フランチャイズ店のオーナーは数カ月の研修で開業するため、買取の知識やノウハウは十分とは言えません。
また、フランチャイズの場合、査定士のスキルも気になります。

どんな経歴の人が査定しているのかわからないからです。
しかも、フランチャイズは本社にロイヤリティを払わなければならないため、査定額はやや低めになる傾向があるでしょう。

5つ目は、査定に出した商品をバックヤードに持っていくことです。
確認を取るために、商品をバックヤードに持っていくのはしばしばありますが、商品を出すたびにバックヤードに持っていく場合は、テレビ電話を通じて本部で査定している可能性があります。

6つ目は、芸能人をイメージキャラクターに使っていることです。

芸能人をイメージキャラクターに使うには、かなりのギャラが必要です。
買取店は、利益のほかにギャラの分も稼ぎ出す必要があるので、査定額が低めになるでしょう。

7つ目は、買取り品目が多い買取店です。

扱う品数が多ければ、すべてに正しい査定をするのは困難です。
ブランド品だけ扱うのであれば、ブランド品に特化した査定士を常駐させればいいのですが、扱う品目が多いと、どのジャンルもしっかり査定できない可能性があります。

□まとめ

シャネルで高額買取が可能なのは、マトラッセ、ガブリエルドゥシャネル、ボーイシャネルなどです。
シャネルは2000年以降定価が高騰しているので、古いアイテムを売ると購入時の定価に近い金額で買い取ってもらえます。
買取店を選ぶ際は、買取価格を公表していない店や、他店で査定させない店は避けたほうが無難です。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事