失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ボロボロのルイヴィトンは買取してもらえるの?質店が詳しく解説します!

2020年11月5日

ルイヴィトンは、多くの女性が憧れる高級ブランドです。
ルイヴィトンの中でも、特に人気があるのはバッグでしょう。
しかし、ルイヴィトンのバッグを使っていると、どうしても傷や汚れがついてしまいます。
少しくらいの傷や汚れならまだしも、ボロボロになったルイヴィトンは買い取ってもらえるのでしょうか。
ここでは、ルイヴィトンを高額で買い取ってもらうためのコツも、ご紹介します。

□ルイヴィトンはボロボロでも買い取ってもらえる

ルイヴィトンは、きれいな状態でなくても買い取ってもらえます。
表面が傷だらけでボロボロでも、ショルダーの紐が切れていても大丈夫です。
また、バッグの表面や内側がベタついていたり、素材が剥がれていたりファスナーが壊れた状態でも、買い取ってもらえます。

というのは、よほどひどくない限り、見た目がボロボロでもほとんどの場合修理できるからです。
また、ルイヴィトンは中古市場では高値で売れるため、買取店は少しでも多くルイヴィトン商品を確保したいので、ボロボロでも買い取ってもらえるのです。
ルイヴィトンは歴史のある高級ブランドなので、ブランド力があるため圧倒的に需要が多いのです。

男性でも女性でも、ルイヴィトンが嫌いという人はまずいないでしょう。
これは海外でも同じで、どこの国でも年代や性別を問わず、ルイヴィトンは広く愛用されています。
つまり、みんなが好きな誰もが知っているブランドだからこそ、中古市場でも根強く支持されているのです。

ボロボロのヴィトンは完全に修復できない可能性もありますが、多少傷みがあっても、「ルイヴィトンが安く手に入るならかまわない」という人も多いのです。
つまり、傷んでいても安く買えるなら、手に入れたいという人がいるからこそ、ボロボロでも需要があるわけです。それと、素人目に見てボロボロに見えても、プロが見ると簡単に直せる傷みもあります。

たとえば、ファスナーが壊れたらもう使えないという人もいますが、壊れたファスナーは交換すれば使えるようになります。他の傷みにしても同様で、実は大部分を修復できるのです。

 

*修理しながら使うバッグ

そもそも、ルイヴィトンのバッグは長年使うことを前提として作られており、傷んだら修理しながら使うものなのです。
ルイヴィトンの正規店には、高い修理技術を持った職人がいるので、ほとんどの傷や汚れは修復できます。
バッグの素材自体が丈夫なので、最初から長期間の過酷な使用に耐えられるようにできているわけです。

 

*中古でしか手に入らない

ルイヴィトンのバッグの中には、製造中止になったアイテムもあります。
製造中止になれば新品では手に入らないので、そのバッグが欲しければ中古で買うしかありません。
どうしても欲しいバッグなら、多少傷があってもかまわないという、熱烈なルイヴィトンコレクターもいます。

だから、どんなにボロボロでもルイヴィトンであれば売れる可能性が高いので、買い取ってもらえるのです。
このような熱烈なコレクターがいる限り、たとえボロボロであっても、ルイヴィトンは需要があると見ていいでしょう。

□ボロボロのルイヴィトンでも買取可能な理由

上記でも触れましたが、ボロボロでもルイヴィトンが買い取ってもらえるのは、中古市場での需要が高いことと、メンテナンスすればほとんどきれいにできるほど、修理技術が進んでいることが挙げられます。
また、ルイヴィトンは過去のモデルも人気があるので、長年使い古したバッグでも必ず買いたい人がいます。
中古市場でも、普通は新しいバッグを求める人が多いのですが、中には10年くらい前のモデルを欲しがる人もいます。

まだビンテージ物というほど古くはないのですが、かといって最近出たばかりのモデルとは明らかに違う、ちょっと前のモデルに魅力を感じるマニアックなファンもいるのです。
つまり、この人たちは、「みんなと同じバッグではつまらない」という考えを強く持っているタイプの人です。
ルイヴィトンにはこういうタイプのファンもいるので、永年使ったボロボロのバッグでも買い手がつくのです。

これはひとえに、ルイヴィトンが持つブランド力によるものと言っていいでしょう。中古市場でルイヴィトンを買う人の中には、「ルイヴィトンであれば何でもいい。安ければ傷があってもかまわない」という人もいます。
このような熱烈なルイヴィトンファンがいるからこそ、ボロボロであってもルイヴィトンのバッグは需要があり、買取店でも買い取ってくれるのです。

□ボロボロのルイヴィトンを高額で買い取ってもらうコツ

ボロボロなルイヴィトンでも、高く買い取ってもらうコツがあります。
これはボロボロなルイヴィトンに限らないのですが、少しでも高く買い取りしてもらうためのコツなのでご紹介しましょう。

 

*きれいな状態にする

高い査定額を出してもらうためには、いかに状態をよく見せられるかがポイントとなります。
そのため、買取に出す前に、できるだけきれいにすることをおすすめします。
きれいにするためには、普段使っているときから気を付けなければなりません。

バッグの査定で査定士がチェックするのは、色焼け、表面の光沢、破れ、糸のほつれ、型崩れ、金具の錆び、角スレ、水濡れ、汚れやカビ、ベタつき、臭いなどです。
これらのほとんどは、普通に使っていても傷みが出てくるので仕方がありませんが、水濡れや汚れ、カビ、ベタつきなどは軽く拭き取るだけでもかなり違います。

また、臭いというのは香水やタバコの臭いのほか、ペット臭なども含まれます。
臭いについても、普段から気をつけていれば、かなり防ぐことができるはずです。
臭いはバッグを空にして、逆さに吊るして陰干しするだけでも、かなり取ることができます。

汚れは、乾いた布や軽く絞ったタオルなどで拭き取ると、きれいになります。ただし、汚れ落としはこの程度にしておくのがいいでしょう。
市販のカバン用クリーナーなどを使うと、かえって表面が汚くなる場合があるので要注意です。

 

*付属品を揃える

ルイヴィトンを購入したときについていた箱などの付属品を、全部揃えて出したほうが査定では良いでしょう。
付属品が1つ足りないごとに査定額が下がるので、付属品の有無は重要です。
そのため、ルイヴィトンを購入したら、将来買取に出すことも考慮して、付属品をすべて保管しておくことをおすすめします。

一般的に、ルイヴィトンのバッグなどには、以下のような付属品がついています。

・布袋
・パドロック(南京錠)
・クロシェット(鍵入れ)
・ショルダーストラップ
・ミニポーチ
・2wayバッグのショルダーストラップの予備

中古市場でルイヴィトンを買い求める人は、できるだけ新品に近い状態の商品を欲しがる傾向があるので、付属品が揃っていたほうが高値で売れるため、買取額も高くしてもらえます。

 

*複数業者に査定してもらう

ルイヴィトンの中古品の査定は、買取店によって多少差が出ます。
そのため、複数の買取店で査定してもらって、一番高値をつけてくれた店に買い取ってもらいましょう。
特に定価が高い商品の場合は、買取店によって数万円の差ある場合もあります。

□まとめ

ルイヴィトンはボロボロでも買取してもらえます。
それは、ルイヴィトンが圧倒的なブランド力を持っているからです。
また、最近ではバッグの修復技術が進み、ボロボロの状態でも目立たなくすることができます。
それに、ルイヴィトン商品が安く買えるなら、多少傷があってもかまわないという人もいるので、ボロボロであっても買い取ってもらえるのです。
ボロボロのルイヴィトンを少しでも高く買い取ってもらうには、できるだけきれいな状態で買取に出すようにしましょう。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事